偏頭痛はドクドク脈打つように痛む!

【偏頭痛の痛みの特徴】

こめかみ辺りからの偏頭痛.jpg

・拍動性(脈拍に合わせてズキンズキン)

・頭の片側が痛む(両側の場合もある)

・痛みのピークに吐き気がすることも

・前兆がある場合も>>>閃輝暗点(センキアンテン=目の前で星がチカチカするような感じがする)、視野が欠ける、生あくび、肩こり、首すじのはり

・身体を動かすと痛みが強くなる

・遺伝することが多い

 

【原因】

急に血管が拡がることで、周りの神経が引っ張られて痛みが起きます。原因はわかっていませんが、次のようなことが関係すると言われています。

・睡眠不足など生活リズムの乱れ

・緊張状態から開放されてホッとしたとき

・雑踏・人ごみ

・熱いお風呂、サウナ

・月経(女性ホルモンの影響)

・アルコールや特定の食品

・休日に寝すぎた場合(過度のリラックス)  など

 

これらが自律神経に影響して、血管の収縮・拡張のリズムが乱れて頭痛が起きると言われています。

 

【対処】

・予防法

自分の痛みを誘う誘因を避ける

規則正しい生活をして自律神経の働きを整える

痛くなりそうな時に冷やして安静にする

予防薬(発作回数が少ない人や鎮痛薬がよく効く人には必ずしも必要なものではありません)

 

・もし痛み出したら

暗い静かな部屋で安静にする(光、音は避ける)

こめかみや痛む部分を冷やす

こめかみや痛む部分の血管を圧迫する

鎮痛薬(病院や市販の薬)

カフェイン(コーヒーやお茶)

 

<偏頭痛の当院での治療>

頭痛は命にかかわる物からそうでない物までありますが、幅広い原因から起こります。背中が丸くなっている方は発生リスクが高くなりますので、当院では肩や首、背中が自然に伸びた状態に戻るように整体施術します。自然な姿勢に戻して筋肉の緊張を緩めていくと、血液やリンパや神経の流れがスムーズになり、頭痛が起こりにくくなります。検査をしても異常がなく、頭痛薬を飲んでもマッサージを受けても改善しない場合は、当院へご相談ください。多くの方が頭痛の無い生活に戻っています。

緊張型頭痛は後頭部やこめかみの圧迫感や重さがある

【緊張型頭痛の痛みの特徴】

緊張型頭痛イメージ.jpg

・頭をわしづかみされるような痛み、圧迫感、重い感じがいつからともなくはじまりダラダラ続く

・後頭部を中心に両側が痛くなる

・首や肩のコリや目の痛みを伴う

 

【原因】

・ふだんの姿勢の悪さ

・首の骨などの骨格・体型の歪み

・首や肩のコリ、緊張

・目の疲れ、歯の噛み合わせ

・ストレスや精神的な緊張

 

【予防】

・症状の予防・軽快のためには、原因となる筋肉の緊張を解消すること、運動、ストレッチを行い循環を良くする。姿勢を正し骨格や体型の歪みを改善し負担を減らす。

・枕を正しく選ぶ

・ストレスコントロール

 

【痛くなったら】

・入浴や、こっている部分をホットパックなどで温める

・マッサージ、治療、鍼灸を受ける

・ストレッチでこりをほぐす

・薬(鎮痛薬は効果が得られない場合が多い)

 

<緊張型頭痛の当院での治療>

頭痛は命にかかわる物からそうでない物までありますが、幅広い原因から起こります。背中が丸くなっている方は発生リスクが高くなりますので、当院では肩や首、背中が自然に伸びた状態に戻るように整体施術します。自然な姿勢に戻して筋肉の緊張を緩めていくと、血液やリンパや神経の流れがスムーズになり、頭痛が起こりにくくなります。検査をしても異常がなく、頭痛薬を飲んでもマッサージを受けても改善しない場合は、当院へご相談ください。多くの方が頭痛の無い生活に戻っています。

群発頭痛の特徴や原因、対処法について

【群発頭痛の痛みの特徴】

群発頭痛イメージ.jpg

・慢性頭痛で最大級の強烈な痛み。目の奥がえぐられるよう、じっとしていられない

・決まった片側が痛む 特に目の奥が痛い

・持続時間は1〜2時間 ある期間毎日のように決まった時間に起こる

・直前に目のかすみ、首のはりなどの前触れがある

・目の充血、涙目、鼻水などの自律神経症状を伴う

・男性に多い

 

【原因】

正確な原因はわかっていません。が、こめかみ付近の血管が急激に拡がるためといわれています。また涙や鼻水の症状があることから、自律神経から異常な命令が出ているためともいわれています。アルコールやニトログリセリンで誘発される場合があります。

 

【セルフケア】

・群発期を予測して鎮痛剤を飲む

・100%酸素吸入が有効な場合もある(市販の酸素スプレーでは代用できないので注意)

・アルコールを避ける


<当院での群発頭痛の治療>

頭痛は命にかかわる物からそうでない物までありますが、幅広い原因から起こります。背中が丸くなっている方は発生リスクが高くなりますので、当院では肩や首、背中が自然に伸びた状態に戻るように整体施術します。自然な姿勢に戻して筋肉の緊張を緩めていくと、血液やリンパや神経の流れがスムーズになり、頭痛が起こりにくくなります。検査をしても異常がなく、頭痛薬を飲んでもマッサージを受けても改善しない場合は、当院へご相談ください。多くの方が頭痛の無い生活に戻っています。

頭痛の悩みをどのように伝えたら良い?

頭痛は、外見的には非常にわかりにくい症状で、整骨院や鍼灸院などの医療機関を受診する場合は、自覚症状をなるべく正確に伝えられるかどうかがとても大切です。

チェックポイント.jpg

整骨院や鍼灸院などの治療家も、患者さん自身からの情報が頼りです。例えば、内科などの病院を偏頭痛で受診した際に、偏頭痛患者さんのうち74%が医師から偏頭痛以外の頭痛と診断されていたという調査結果もあります。専門家と患者さんの間で正確な情報のやりとりがされていないことが理由として挙げられます。

 

患者さんにすれば、「とにかく早く頭痛を楽にしたい」の一言に尽きると思いますが、専門家からすると、正確な情報が得られないと正しい判断や必要な治療を選択しにくいのです。結果的に、症状がなかなか改善しなかったり、間違った診断がされるというマイナスが発生します。

 

では、頭痛を少しでも早く改善できるようにするにはどうすれば良いかというと、以下の6つの項目に関することを伝えれば正しい診断や治療を受けやすいです。

 

1.いつどのように始まったか、頭痛を感じるようになってから現在はどうか、

 初めてか以前も経験があるか。

 →頭痛を感じるようになった日時や、その時何をしていたか、頭痛症状の経過はどうか、未経験かどうかといった項目から、脳卒中のような危険な病気の可能性はないかどうかの判断材料にします。

 

2.頭痛はどのような頻度で起こって、どのくらい続くか。

 →これは、頭痛のタイプを判断するために必要です。

 

3.ひどくなるのはいつか、特に動いていても感じる頭痛か、それとも動いていると紛れるか。

 →動いている時に頭痛症状がどのように変化するかというのは、偏頭痛かどうかを見分けるのに重要です。

 

4.どのような痛みか。

 →患者さん自身がどのように感じている頭痛か、とても大切な判断材料です。

 ・重くて痛い

 ・チクチク痛む

 ・どくどく脈打つ感じ

 ・頭が締め付けられるような痛み

 ・殴られたような痛み

 

5.どこが痛いか

→頭痛の痛みはいつも同じ所に出るか、それとも左に痛みが出たり右に出たりするか。別の種類の痛みが混ざっているか。目の奥か、後頭部、こめかみの辺り、おでこの辺りなど、頭痛を感じる場所は、頭痛の判断や治療に関してとても重要な情報になります。

 

6.頭痛の他には症状はあるか?

 →例えば、吐き気や目の前がチカチカするなど、頭痛の時に感じるその他の症状を伝えることで、より正確な診断や効果的な治療を受けるのに役立ちます。

 

担当の治療家によって、積極的に問診をしてくれる場合もあれば、あまり問診がないままで治療が始まる場合もあります。きちんとした頭痛治療を受けるためには、これら6つの内容に関してきちんと問診してくれる治療家に担当してもらうことが大切です。もちろん、問診や徒手検査だけで全てが判断できない場合もありますので、状態によっては病院で精密検査を受けるようにして下さい。

 

ニコニコ鍼灸整骨院では、頭痛の専門家が、丁寧に問診をおこない、患者さんの頭痛タイプをきちんと見極めた上で、症状を早く改善するための最善の頭痛治療を行います。当院では、体に負担をかけない整体や鍼灸治療を行っていますので、初めての方も、強い刺激が苦手な方も安心してご相談下さい。

首の施術2.jpg鍼灸治療2.jpg

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg