辛い頭痛の種類について

頭痛に悩む男性.jpg

・頭痛の種類について

頭痛というと「片頭痛」「頭痛もち」など慢性頭痛をイメージしますが、以下のように分けることができます。

 

1.日常的な生体反応としての頭痛

二日酔いのとき、アイスクリームを食べたときなど頭が痛くなることがあります。これは誰にでも起こる生体反応としての頭痛です。

 

2.脳や全身の病気が原因の頭痛(症候性頭痛)

脳の病気やその他なんらかの病気が原因となって起こる頭痛です。病気によっては命にかかわるものもあります。

 

3.慢性頭痛

片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛など、いわゆる頭痛もちの頭痛です。一口に慢性頭痛といってもその種類ごとに痛み方などにも差異があり、そのタイプにあった対処が必要です。

慢性頭痛を持っている人は「いつもの頭痛」と思って我慢してしまいがちなので注意しましょう。副鼻腔炎や髄膜炎、側頭動脈炎など、その他の全身の病気によって起こる頭痛もあります。

 

慢性頭痛は、CTやMRIといった精密検査をしても脳自体は異常がない場合が多く、問診が診断の決め手となります。慢性頭痛にもいくつかのタイプがあり、それぞれ痛み方や対処法が異なります。また、一種類だけでなく複数のタイプの混合型の場合もあります。

@偏頭痛

A緊張型頭痛

B群発頭痛

 

慢性頭痛は、薬を飲んでも改善しない場合が多いです。多くは姿勢の悪さや筋肉の硬さ(コリ)から、血管や神経やリンパなどが圧迫されて症状が出ます。頭痛の無い生活を取り戻したい方は、一度ご相談下さい。

 

 

→頭痛の原因について

 

→頭痛の症状について

→頭痛の治療法について

→頭痛が改善した方の声

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg