フラフラっとしたらチェック!めまいの原因3つ

一般的にめまいというと、「目が回る」という表現のように回転性の

めまいを思い浮かべることが多いと思いますが、「頭がふわふわ

する」「体が宙に浮いたような感じ」も、めまいの一種です。


これは原因によって現れ方が違うためで、めまいは大きく

3つの原因に分類できます。

1つ目は「脳からくるめまい」、次に「耳からくるめまい」、そして

「循環障害や内科的要因からくるめまい」です。

脳からくるめまい:

ふわふわ浮いた感じ、ふらつき、動揺感等で立てない、歩けない、

舌がもつれる等麻痺の症状は、危険な場合があります。

脳梗塞や脳出血、脳腫瘍の初期症状として起こる場合もあります。


耳からくるめまい:

原因は主に内耳の障害(メニエール病・良性発作性頭位めまい症・

突発性難聴等)で、ぐるぐる目が回り、耳鳴り、聞こえ難い、耳が

塞がった感じがする等の症状が現れます。


循環障害や内科的要因からくるめまい:

うつ病・パニック障害・不安障害等でもめまいを起こすことがあります。

ストレスや自立神経の乱れに起因します。


病気ではなく、原因がはっきりわからないめまいは、整体院で

体を整えてもらうと治る場合もあります。

体を整えることは自律神経を整え、疲労回復やストレス解消、

心のリラクゼーションにも繋がります。

整体で心身ともにスッキリしてみましょう。

不快な耳鳴りの原因と対策は?

不快な耳鳴りに悩まされる方は多いと思います。耳鳴りには様々な

原因がありますので、原因を早く突き止めて早期治療をしましょう。

まず、耳や脳・脳神経の病気が原因で発生する耳鳴りがあります。


耳の病気の場合は、代表的なものに中耳炎・外耳炎・内耳炎・

鼓膜炎があります。まれに耳硬化症や外リンパろう、耳管開放症

(狭窄症)が原因となることもあるようです。


耳鼻科を受診して、原因となる病気を治療すれば自然と耳鳴りも

解消します。

また、脳の外傷・脳腫瘍・脳出血等が原因で耳鳴りが起こる

可能性も考えられます。

この場合も原因となる病気を早期に治療する必要があります。


次に心理的ストレスが影響する場合もあります。

耳には、雑音と人の声、そして必要と判断した音を脳機能に

よって聞き分ける能力が備わっています。


しかし、会話や対応にストレスを感じている場合には、

耳は、情報を取り入れまいという自己防衛をします。

このような状態がピークに達した時に、突然のキーンと

いう不快な音として現れることが考えられます。


体の習慣が原因で耳鳴りが起こる場合もあります。

習慣というのは、肩こり、首のこり、あごの違和感や背中の

ゆがみ等です。


体にゆがみが生じ骨格のバランスが取れなくなったら、

時には耳にも影響が出て耳鳴りが起こってしまう、という

ケースもあります。

また、何らかのストレスを抱えている場合や過労でも耳鳴りが

起こり得ます。


このような場合には整体で全身を整え、こりや体の不具合を

改善させ、疲れを取り、心もリラックスさせると耳鳴りも治まります。

整体の治療で体の歪み等を整えて、不快な耳鳴りを治しましょう。

原因不明!吐き気を伴うめまいの対処法

めまいが起きると吐き気も伴う方が多いようです。

これは、体の回転方向を感知してその情報を大脳に伝達する

三半規管や、体の傾き具合を感知して伝達する耳石器が、

めまいによる揺れや傾きを敏感にキャッチして大脳に伝達

するためと考えられています。


普段から乗り物酔いをする人や小さなお子さんは、平衡感覚が

未熟で体の揺れや傾きに慣れていないので、めまいを起こした

時に嘔吐してしまいます。


フィギュアスケート選手が三回転四回転ジャンプをしても目が

回らないのは、普段の練習で自然に三半規管が鍛えられて

いるためです。


ですから、三半規管は鍛えることで強化できます。

でんぐり返しや鉄棒の前回りをする等で、体を回転させたり

傾かせたりすることを日頃から行うと良いでしょう。


乗り物酔いをしやすい人は、体調を見ながら少しずつ行っていきましょう。

吐き気を伴うめまいは、三半規管に関係がある回転性めまい、

頭痛も伴う場合は脳に関係がある動揺性めまいが考えられます。


また、自立神経失調症等も原因として考えられます。

人によっては不規則な生活習慣や過度のストレス等で、

吐き気を伴うめまいが起きる場合もあります。


医師の診察を受けて、吐き気を伴うめまいの原因となる病気が

わからない方は、整体を受けてみることをお勧めします。

整体は、体全体の歪み・ずれの矯正、骨格筋の調整等を手技や

補助用具を用いて行い、自然治癒力を引き出すものです。


骨格に歪みやずれがある場合、それを矯正すると様々な不快な

症状が軽減されることがあります。

原因不明の吐き気を伴うめまいにお悩みの方は、ぜひ整体を

受けてみてください。

長時間のめまいの原因!?メニエール病ってどんな病気?

突然、ぐるぐる目が回る回転性のめまいが起こり、耳鳴りや難聴、

吐き気を伴う場合はメニエール病が原因かも知れません。


メニエール病は、内耳のリンパが増え水ぶくれになる状態の

内リンパ腫が引き起こします。

ストレス、睡眠不足、疲労等が起因とされています。


難病指定されているメニエール病には厳密な診断基準があります。

それは「難聴、耳鳴り、耳の閉塞感等の聴覚症状を伴うめまい

発作を繰り返す」です。


繰り返す間隔は人によって違い、数日、数週間、数ヶ月、年に

一度等様々です。

激しいめまいは、30分から数時間も続きます。


メニエール病の治療法は内服薬が主で、抗めまい薬、抗不安薬、

循環改善薬や内リンパ腫を軽減する薬等を組み合わせて使用します。


しかし、内服での完治が困難な場合も少なくなく、めまいが頻繁に

起こり日常生活に支障をきたす場合、難聴の進行が早い場合には

手術が行われることもあります。


メニエール病には、ストレスや不規則な生活習慣による睡眠不足、

疲労等が起因していると考えられているので、薬や手術だけで

なくストレスや生活習慣の見直しも必要です。


そのためには、整体で体を整えてもらってストレス軽減を図って

はいかがでしょうか。

体を整えてもらうと、体だけでなく気持ちもスッキリします。

整体で心身ともにリラックスしてストレスを解消しましょう。

あなたはこのタイプ!?3種類の難聴の症状と原因

耳の聞こえの悪い状態を難聴といいます。

難聴には、伝音器(外耳・中耳)に機能障害がある場合の

伝音性難聴、感音機(内耳・聴神経)に機能障害がある

感音性難聴、更に伝音器と感音機の両方に機能障害が

ある混合性難聴の3種類があります。


伝音性難聴は、外耳道の大きな耳垢や鼓膜・中耳等の部品の

不具合によるもので、ほとんどが薬や施術で回復するようです。

しかし、頭部を切開して手術をする必要がある場合もあり。

これは重要な神経や血管を傷つけてしまうという大きな

リスクを抱えています。


感音性難聴は、内耳から聴神経の故障つまり神経性の難聴で、

内耳での音の処理がうまくいかなかったり、音の信号を脳へ

伝達する神経がうまく働かないために、音の内容がはっきり

しないということがあります。


音(声)は伝わっていても言葉の内容が全くわからない、相手の

言っていることが理解できない、という症状になります。

感音性難聴の場合は、現時点では有効な治療法がありませんが、

内耳の聴覚細胞を再生する研究が進められています。


近い将来に感音性難聴も完治する時代がやってくるでしょう。

最近話題になっている突発性難聴は、感音性難聴の部類に入ります。

原因としてはウイルス感染や内耳循環障害がありますが、多くは

ストレスや不規則な生活習慣からくる疲労・睡眠不足等が考えられます。


ストレスや睡眠不足等で体が不調な時は、整体で体を整える

ことをお勧めします。

体の骨格や筋肉の歪み等を整えることで体調も回復し、ストレス

からも解消されます。

キーン、ジーッ……不快な耳鳴りに効くツボ3つ!

不快な耳鳴りには、キーンという高い音、ジーッというセミが鳴く

ような音、ボーという低い音等の種類があります。


ジーッという耳鳴りは突発性難聴等で起こりやすく、ボーという

耳鳴りはめまいを伴うメニエール病等が原因で起こりやすいと

言われています。


キーンという耳鳴りは、加齢に伴い耳の機能が衰えると聞こえ

やすくなります。

聴力が低下し聞こえなくなった周波数の音が聞こえるのが耳鳴りで、

高い音を聴く機能が低下すると、高い音の耳鳴りがします。


キーンと高い音の耳鳴りは、老人性難聴や突発性難聴、自律

神経失調症、疲れやストレスが起因となることが多く、中でも

自律神経の不調やストレスが一番多いと言われています。

対処法の一つとして、ツボ押しが有効です。


耳門(じもん)・聴会(ちょうえ):口を大きく開けるとへこむ場所が

耳の前にあります。ここを聴会といいます。

口を開けてこの聴会がへこんだ状態で、中指で左右一緒に

7回押しましょう。


次に翳風を押します。

翳風(えいふう):耳たぶの後ろの押すと痛い部分です。

自律神経の乱れが改善されるツボで、ここも人差し指で7回押してください。


いつの間にか耳鳴りが治まっていると思います。

疲れやストレスは、早期の根本治療が大切です。

整体で体を整えてストレスから心を開放し、疲労を回復させて

あげましょう。

そうすることで耳鳴り等の不快な症状も軽減するでしょう。

難病のサイン!?メニエール病の症状を緩和する方法

メニエール病の原因は、内リンパ水腫という内耳のリンパが増えて

水ぶくれになる状態が原因ですが、ストレスも大きな原因の一つと

考えられます。


ストレスの多い現代社会で、年齢・性別を問わずメニエール病に

かかる方が多いと言われています。

症状としては、回転性のめまいに突発的に襲われます。


静かに座っているのに周りの風景が急にグルグル回り出したり、

しゃがんだ状態から立ち上がった途端に急にグルグルと

めまいがしたり等があります。


めまいは数十分からひどい時には数時間続くこともあり、

何度も繰り返します。

めまいが繰り返す間隔は決まっておらず人によって様々で、

毎日のように続くときもあれば、週に1回、月に1回、年に数回、

ということもあります。


激しい時は、めまいに伴い嘔吐する場合もあります。

このようにめまいの発作が起こると日常生活に支障をきたして

しまい、突発的であるために常に不安を感じ、生活の質が低下

してしまうこともあります。


症状は他にも、耳の閉塞感・圧迫感、耳鳴り、難聴等が起こります。

めまいの発作がある度に、耳の聞こえも悪化し聴力が徐々に低下

していきます。


メニエール病は発作を繰り返す度に悪化する、進行性の病気で

難病に指定されています。

進行の度合いには個人差がありますが、急速に悪化する場合もあります。


ストレスが原因でメニエール病になった場合はストレス解消が大切です。

整体で心身ともにリラックス・リフレッシュしてストレス解消に努めましょう。

もしかしたら病気…?意外と危険なめまい

めまいを起こす原因には、耳や脳の病気と過労やストレスまで

多岐にわたります。

めまいは体のバランスが崩れて起こる症状です。


通常は目・耳・筋肉・関節等が体の動きや位置に関する情報を

脳に送り、それを元に脳が体の各部に指令を出し、体の平衡

バランスが保たれます。


しかし、それらの一部に異常が起こると体のバランスが保つ

ことができずに、めまいが起こってきます。

めまいの原因で最も多いのは耳(内耳)の病気です。


内耳にあるバランスの情報を掴む「三半規管」や「耳石器」という

器官と、バランス情報を脳へ伝達する「前庭神経」等がうまく機能

しなくなるとめまいが起こります。


脳の病気では、バランスに関する情報が集まる「脳幹」や「小脳」への

血流が悪化し、その機能が低下することによりめまいを起こします。

めまいの強さと病気の重さとは一致せず、めまいに伴う症状が

重要になってきます。


めまいの多くには悪心や嘔吐が伴い、耳からくる場合には難聴や

耳鳴り、耳閉塞感等の聴覚症状、脳からくる場合には手足の

しびれや舌のもつれ等を伴うことが多くあります。


めまいが耳や脳が原因によるものでない場合は、過度のストレスや

過労等が考えられます。

忙しい現代社会においてストレスを抱えている方は多いと思います。


ストレス解消のために整体で体を整えてもらいましょう。

骨格や筋肉の歪みが整うと心もスッキリします。

心身ともにリラックスするために整体をお勧めします。

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg