骨折のリハビリテーション

骨折のリハビリテーションにおいてゆ重要なことは、骨折の治療と並行して早期から開始することである。骨折治癒のために必要な安静や固定により2次的に生じる筋萎縮、関節拘縮などの合併症をできるだけ予防することが特に大切である。  a固定期間中のリハビリテーション ギプスなどにより固定が行われるている期間中まず大切なことは、固定されていない健常部分の機能が低下しないように鍛えておくことである骨折リハ.jpg。特に老人の場合、これを怠けると寝たきりの状態になりやすく、全身状態の悪化を招く原因となる。 高齢者の大腿骨頸部骨折に対し積極的に手術を行うのは、強固な内固定をすることで臨床期間を短縮させることができるためである。 患肢の固定により筋肉は不動のため萎縮を起こす。特に下肢の骨折で膝関節を固定すると大腿四頭筋が著明に萎縮する。 大腿四頭筋は膝を伸展する筋肉で、立位、歩行においてとても重要な筋肉である。固定による筋収縮を予防するには固定直後から筋肉の等尺性運動による筋肉訓練を行うことが重要である。 大腿四頭筋の場合、setting exerciseとよばれる方法が代表的である。 これは膝を伸展させたまま膝蓋骨を近位方向に引きあげるように大腿四頭筋を収縮させるものである。膝関節の固定を行ったら早期きからこのsetting exerciseを積極的に行わせる。また、大腿後面にあるハムストリングは容易に短縮を起こしやすいので、下肢伸展挙上訓練も行う必要がある。 骨折などの外傷の合併症の1つとしてズデック骨萎縮がしられいている。これは手関節周辺の骨折の固定後に起こりやすく、その症状は手全体の浮腫や灼熱感を伴う疼痛、拘縮などで、X線像上著明な骨萎縮がみられる。骨折リハ2.jpgこれを予防するには固定の必要がない手指の自動運動を受傷直後から積極的に行わせることが重要である。 b 固定除去後のリハビリテーション 固定除去後は、固定によって2次的に生じた筋萎縮や関節拘縮を回復させること、下肢の場合骨癒合の状態に応じて体重負荷を徐々に行い歩行能力を回復させることを目標にリハビリテーションを行う。 筋肉増強訓練は等尺性運動に加え等調整運動による訓練も行う。 関節拘縮を除去するためROM訓練を行う。これに先立ってホットパックや極超短波などの温熱療法を行うことより効果的である。他動的なROM訓練において短縮した組織に伸張を加える時、瞬間的 暴力的に行うと組織に新たな損傷や出血をきたし筋肉内に異所性骨化を生じ拘縮をさに悪化させる結果となる。特に肘関節ではこれが起こりやすい。他動的な伸張は愛護的に行わなければならない。 下肢の骨折における歩行訓練では骨折の部位や骨癒合の状態に応じて体重負荷量を徐々に増やしていく。一般的に平行棒内歩行から始め、両松葉づえ、片松葉づえ、独歩へと順次進める。ただし、老人の場合は松葉づえをつかいこなすことはむずかしい場合が多く、平行棒歩行もあと、歩行器歩行、介助歩行など個人の能力に応じて進める。水治療法は、温熱療法としての効果や体重の免荷 ,水の抵抗を利用した筋力増強訓練など多くの目的対し効果的な方法である。

 

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

症状について又は治療内容などお電話にてお気軽にご相談ください!

072-49電話4-2203

大阪府泉南郡 岬町淡輪にある鍼灸整骨院です。

肩こり腰痛膝(ひざ)痛骨盤矯正冷え性捻挫寝違い

スポーツ障害美容鍼灸顎関節症四十肩ぎっくり腰

坐骨神経痛股関節痛めまい高血圧頭痛

耳つぼ花粉症眼精疲労治療できます。

 

交通事故も受付けています。 土曜日も診療してます

はびまん性間質性肺炎などがある。

老人のリハビリテーションの特徴と問題点

身体障害を伴う各疾患のリハビリテーションは各項目で述べた通りであるが、その実施にあったては老人の特徴を十分に考慮しなければならない。老化は進行し、多くの病気や合併症をもち、2次的な障害が起こりやすい。などは、リスクが高いことを意味している。さらに、疲れやすい。耐久性がない、視力  聴力  判断力が低下している。意欲や積極性に欠ける。などはリハビリテーション プログラムを進める上での障害となる。 ADLが自立して自宅に退院した老人をしばらくしてからと、ADLが低下して一部介助になっていたり、機能が低下して寝たきりになっていることをしばしば経験する。老人リハ.jpg通常は家庭で実際に生活しているとADLやその他の機能は上昇していくが、高齢者ではそれを維持できず低下することが多い。これを防ぐためには長期継続的な訓練が必要ということになるが、それ以上に家庭での生活パターンの指導、環境の整備が重要である。多くの老人はもう働く必要が、働くだけの身体能力がない。そのためどうしても家に閉じこもりやすく、生活リズムがくずれやすい。朝起きてから寝るまで何もせずにただ座っていたり、漫然とテレビを見て過ごすことが多い。また病院の中では可能だったADLがそのまま構造や環境の異なる自宅でできるかどうかも問題である。さらに自分でできることを家族がすぐ手を出して手伝ってしまうことも機能低下につながる。このような問題については患者とその家族に対し生活指導を行うことが重要である。そして、できることは自分でやらせる。自分でできるように手すりを付けたり段差をなくしたりたりと環境の整備をする。家の中で何か役割を与える。リハビリテーションのゴールをADL自立に限らず趣味的なものを含めたものにするなどの対策が必要である。老人リハ2.jpgこのようなことは、単に身体能力の低下を防ぐだけでなく、老人に生きがいをあたえ、精神機能の低下、認知症の防止にも役立つ。 老人のリハビリテーションでは、著明な障害のない慢性疾患の患者や、はっきりした病気はないが体力が低下している者に対するリハビリテーションの割合が、明らかな障害をもった老人以上に多いいことも若年者のリハビリテーションとのちがいである。 これらの患者を放置すれば寝たきり老人をつくることとなる。ここで重要になってくるのが地域リハビリテーションである。

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

症状について又は治療内容などお電話にてお気軽にご相談ください!

072-49電話4-2203

大阪府泉南郡 岬町淡輪にある鍼灸整骨院です。

肩こり腰痛膝(ひざ)痛骨盤矯正冷え性捻挫寝違い

スポーツ障害美容鍼灸顎関節症四十肩ぎっくり腰

坐骨神経痛股関節痛めまい高血圧頭痛

耳つぼ花粉症眼精疲労治療できます。

 

交通事故も受付けています。 土曜日も診療してます

はびまん性間質性肺炎などがある。

地域リハビリテーション

地域リハビリテーション 

 

地域リハビリテーションとは「障害をもつ人や老人が住み慣れたところで、そこに住む人々とともに一生安全にいきいきとした生活がおくれるようにするため、医療や保健 福祉および生活にともに関わるあらっゆる人々が行う行動のすべてのことをいう」と定義されている。すなわち地域を基盤とした患者や老人に対する健康や医療、福祉サービスを体系化し、早期リハビリテーションから住宅け、施設ケアまで含めた一連の継続したリハビリテーション活動を行うことである。ホームヘルパーの派遣、配食、入浴さ、ショートステイ、デイケアなど在宅福祉サービス、入所施設サービス、ケアサービス付き住宅対策、スポーツ、余暇 娯楽活動など人々の生活の質を支える広範な分野がその中に含まれる。このような地域リハビリテーション システムを各市町村につくらなけれならないが、今のところその取り組み方には地域差が大きく、今後の課題となっている。2000年4月より施行されたかいごほけんでは在宅サービスと施設サービスがあり、これらをうまく活用して生活支援を行っていくことができる。

 

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

症状について又は治療内容などお電話にてお気軽にご相談ください!

072-49電話4-2203

大阪府泉南郡 岬町淡輪にある鍼灸整骨院です。

肩こり腰痛膝(ひざ)痛骨盤矯正冷え性捻挫寝違い

スポーツ障害美容鍼灸顎関節症四十肩ぎっくり腰

坐骨神経痛股関節痛めまい高血圧頭痛

耳つぼ花粉症眼精疲労治療できます。

 

交通事故も受付けています。 土曜日も診療してます

はびまん性間質性肺炎などがある。

 

寝たきり老人のリハビリテーション

寝たきり老人のリハビリテーション 寝たきり老人の定義はあいまいなもので、昭和51年の厚生行政基礎調査では「日常生活をほとんど寝ている状態にある老人」としている。年齢は60歳以上とするのか、65歳以上にするのか、またどのくらいの期間離床できない者をいうか、など明確定義されていない。 したがって、医学的治療やリハビリテーションなどによっても離床させる見込みがない老人、とするのが適当であろう。寝たきり老人のリハビリテーション1.jpg寝たきり老人のリハビリテーション2.jpg 寝たきり老人をつくる原因にはさまざまなものがあり、その主なものを以下にあげる。 1・疾患が重症で改善の見込みがないか、ほとんど期待できないもの 2・疾患が進行性で、いずれ臨床さぜるをえないもの 3・重複障害のあるもの 4・本来の疾患は重症でないが、看護やリハビリテーションが十分でないか、不適切なため高度の廃用症候群のあるもの 5・老人性精神障害が高度なものこれらのものがいくつか重複していることが多く、代表的なものとしは脳卒中があげられる。 寝たきり老人に対する医学的な対策としては以下のようなものが必要である。 1・感染の予防、循環器、呼吸器、栄養などの内科的な管理 2・褥瘡や皮膚炎の予防、治療などの皮膚科的管理 3・神経因性膀胱、尿閉、結石などに対する泌尿器科的管理 4・精神科的管理 5・リハビリテーション的管理 寝たきり老人として扱われている老人の中には、能力をもっていまがら見かけ上寝たきりにさせられている者が混ざっていることがあり、これらの老人は運動訓練や補装具、自動具などの使用により機能の改善が期待できる。また完全に寝たきり状態であっても、すべての機能がなくなったわけではないので、わずかに残された機能を低下させないようにリハビリテーションのアプローチを行う必要がる。 しかし、何よりも重要なことは、早期リハビリテーションが重要である。 長期臨床→廃用症候群→全身状態の悪化、合併症の発生→臨床の長期化という悪循環をつくる。これを防ぐにためには、疾患の治療と並行して早期 リハビリテーションを行うことが重要でありそれにより合併症や2次的障害を予防するこはできる。また進行性でいずれ寝たきりとなる予想される場合でもリハビリテーションによりそれをできるだけ先に延ばすために、機能低下 の速度遅らせる努力が必要である。2004年に介護保険法の改正がされ、要支援の状態にある高齢者が要介護状態にならないようにする。「介護予防」という考えが取り入れられた。 さらに高齢化社会においては健康な老人に対しても、その健康や体力も維持、増進を図るようにリハビリテーションが関与すること、すなわち予防医学的リハビリテーションの重要性が増している。

 

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

症状について又は治療内容などお電話にてお気軽にご相談ください!

072-49電話4-2203

大阪府泉南郡 岬町淡輪にある鍼灸整骨院です。

肩こり腰痛膝(ひざ)痛骨盤矯正冷え性捻挫寝違い

スポーツ障害美容鍼灸顎関節症四十肩ぎっくり腰

坐骨神経痛股関節痛めまい高血圧頭痛

耳つぼ花粉症眼精疲労治療できます。

 

交通事故も受付けています。 土曜日も診療してます

はびまん性間質性肺炎などがある。

パーキンソン病のリハビリテーション

パーキンソン病は徐々に発症して慢性の経過をたどる進行性変性疾患で、病巣は大脳基底核、黒質および両者の連絡路であるとされている。

生化学的にはドーパミンの代謝異常があることが知らされている。 臨床症状は筋の固縮、静止時振戦、寡動または無動、仮面様顔貌などが特徴的で、小きざみ歩行、すくみ足現象などの歩行障害や突進現象がみられる。 

その他、便秘や特徴的で、多汗、顔面紅潮、起立低気圧など自律神経障害、抑うつ傾向、自発性欠如、不安など精神症状を伴うことが多い。パーキンソン病のリハビリテーション1.png

 症状の進行を評価するものとしてヤールの分類がある。  

パーキンソン病の治療はL−ドーパなど内科的な薬物療法が主体となるが、障害の進行をできるだけ遅らせるためには、それと並行してリハビリテーションが関与していく必要があり、お互いに緊密な連絡をろりながらリハビリテーション プログラムを進めていかなくてはならない。以下にその際に考慮ずべきことがあげる。 1・振戦によるエネルギーロスや固縮に抗して運動などにより患者は疲労しやすいので、訓練は休憩を入れながら行う 2・うつ傾向、意欲に欠ける、積極性に乏しいなどの面があるので、かけ声をかけるなど積極的な動きかけをしていかなければならない。 3・前傾姿勢や特有な歩行パターンに対しては早期から矯正していかなければならない。 4・固縮により生じやすいROM制限、筋力低下には十分に気をつけ、最小限に抑えなければならない 5・身体機能の状態と運動機能や活動性の不一致を取り除く必要がある 6・認知症の症状が出現するとリハビリテーションの効果は期待しにくい、具体的な訓練としては関節可動域訓練、筋力強化訓練、並行機能訓練、歩行訓練、日常活動作訓練などがその基本である。また慢性疾患であるので、外来患者や退院する患者に対しては家庭での訓練法や生活の指導を十分に行い機能低下を防ぐことが重要となる。

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

症状について又は治療内容などお電話にてお気軽にご相談ください!

072-49電話4-2203

大阪府泉南郡 岬町淡輪にある鍼灸整骨院です。

肩こり腰痛膝(ひざ)痛骨盤矯正冷え性捻挫寝違い

スポーツ障害美容鍼灸顎関節症四十肩ぎっくり腰

坐骨神経痛股関節痛めまい高血圧頭痛

耳つぼ花粉症眼精疲労治療できます。

 

交通事故も受付けています。 土曜日も診療してます

はびまん性間質性肺炎などがある。

老人のリハビリテーションについて!

老人のリハビリテーションも一般に対するリハビリテーションと根本的な違いはないが、対象となる老人やその疾患の特徴、社会的背景などについて十分な知識をもち対処しなければならない。 a,老化現象 老人の特徴としてまず老化があげられる。老化は加齢現象ともいわれ、生理的老化と病的老化に分けられる。前者は理想的な環境で起こるもの、後者は病気やストレスなどにより起こるものであるが、両者を厳密に区別することはむずかしい、老化の特徴として以下の4つがあげられるている。 1・普遍性老人のリハビリテーション2.gif 2・内在性 3・進行性 4・有害性 普遍性とは老化はすべての生物に存在するということであり、老化によりやがて死に至るあわけである。しかし寿命は種により差があり、また同一種ではだいたい一定である。 したがってその生物のもつ寿命は内的な因子により決めらているというのが内在性というこである。 老化は常に進行し逆戻りはしない。すなわち進行生であり、それにより起こる機能の低下は生きていく上で有害である。これにより死に至ることになるが、老化の機序はいまだ解明されていない。 老人は外見からも明らかな特徴がある。髪が白くなったり、皮膚の脂気がなくなり、しみやしわ増え、背中が丸くなり、身長も低くなる。このような老化は外的老化現象といわれ、直接生命にかかわるような問題にはならない、しかし、体の内部で起こる各臓器の重さや大きさの減少、臓器の細胞数の減少、また臓器の生理機能の低下など内的老化現象は生命の維持に直接関係するものなので、このことをよく理解しておく必要がある。ショックによる生理機能の年齢による推移で示されているように、各機能は年齢とともに直接関係するものなので、このことをよく理解しておく必要がある。ショックによる生理機能の年齢による推移で示されているように、各機能は年齢とともに直接的に低下老人のリハビリテーション3.jpgし、一般的に70歳になると30歳のときの半分程度となる。このことは、若年者は安静時には自分のもっている機能の1/2から1/3t程度を使っているにすぎないが、高齢者も若年者もあまり違いはないが、何か大きな負担がかかったときには、それに対処する予備能力がないことを意味している。 また外界や環境の変化に対する適応力も加齢とともに低下してくる。 このような予備力の低下、適応力の低下も老人の特徴である。また機能低下は臓器により差があること、各個人の既往歴や私生歴などにより個人差があること、同一個人においてもk各機能の低下は一様でないことにも注意する必要がある。

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

症状について又は治療内容などお電話にてお気軽にご相談ください!

072-49電話4-2203

大阪府泉南郡 岬町淡輪にある鍼灸整骨院です。

肩こり腰痛膝(ひざ)痛骨盤矯正冷え性捻挫寝違い

スポーツ障害美容鍼灸顎関節症四十肩ぎっくり腰

坐骨神経痛股関節痛めまい高血圧頭痛

耳つぼ花粉症眼精疲労治療できます。

 

交通事故も受付けています。 土曜日も診療してます

はびまん性間質性肺炎などがある。

 

呼吸リハビリテーション

近年、呼吸リハビリテーションの対象は呼吸器疾患ばかりでなく神経筋疾患、外科領域における開胸 開腹手術前後、胸部外傷など適応が拡大しつつある。 呼吸器疾患の中では、慢性閉塞性肺疾患が代表的であり、そのリハビリテーションの目的は、リハビリ呼吸11.jpg

1.疾患の進行をできるだけ遅らせる。  

2.残存機能を効果的に活用する。安静により衰えた体力を回復させる。 またこれらの疾患は加齢に伴い徐々に進行していくのが多いので、目標は現実的なものとして、できるだけ早期に家庭や社会に復帰させることが望ましい。 呼吸器疾患における障害 呼吸器障害には閉塞性換気障害や拘束性換気障害、および両者が同時に存在する混合性換気障害がある。

 a,閉塞性換気障害 気道に何らかの原因で狭窄が起こり、空気の流れに抵抗が加わる状態である。呼吸機能検査では1秒率が低下する。閉塞性換気障害を呈する代表的疾患は肺気腫である。この疾患では呼吸細気管支と肺胞の破壊による肺よる肺の過膨張のため、横隔膜は低位におしさげられその運動は制限される。また呼気時に虚脱し抵抗が増大する。患者は呼吸補助筋を用いた努力性呼吸を行うようになる。

りはびり呼吸21.png b、拘束性換気障害 何らかの原因で肺の拡張が制限される状態である。呼吸機能検査では%肺活量が低下する。胸郭の拡張障害とは肺実質の拡張障害よに分類できる。 前者の原因は結核による胸郭肥厚や呼吸筋麻痺など、後者の原因

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

症状について又は治療内容などお電話にてお気軽にご相談ください!

072-49電話4-2203

大阪府泉南郡 岬町淡輪にある鍼灸整骨院です。

肩こり腰痛膝(ひざ)痛骨盤矯正冷え性捻挫寝違い

スポーツ障害美容鍼灸顎関節症四十肩ぎっくり腰

坐骨神経痛股関節痛めまい高血圧頭痛

耳つぼ花粉症眼精疲労治療できます。

 

交通事故も受付けています。 土曜日も診療してます

はびまん性間質性肺炎などがある。

障害の3つのレベルに対するリハビリテーション医学の対応

障害の3つのレベルに対するリハビリテーション医学の対応 リハビリテーション医学の目的はこの3つの障害をできる限り軽減することである。 以下にそれぞれに対する基本的なアプローチについて述べる。 りはびり1.gif

a.機能 形態障害に対するアプローチ 運動機能の改善すなわち麻痺の回復やその他の運動障害の回復促進、合併症の予防や治療などの治療的アプローチが行われる。 

b.能力低下に対するアプローチ 治療的アプローチで回復した機能や障害から免れた残存機能を最大限活用し、各種動作の能力向上を図り、また義肢や装具、車いす、自助具などの適切な利用により、個人としての能力を高める。代償的 適応的なアプローチが行われる。 

c.社会的不利に対するアプローチ 以上2つのアプローチで獲得された能力を実際の生活の場で生かすためには家族や期な環境整備、家屋や職場など物的な環境整備が必要である。障害者が現在りはびり2.gifある環境に合わせるのではなく、障害者に環境を合わせるという考え方が必要である。こうすることによりリハビリテーションの効果をいっそう高めることができるわけであるが、そのためには社会全体の障害者に対する偏見をなくし、理解を深め、また法的 福祉的な環境も整備 改善する環境整備 改革的なアプローチが行われる。

 

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

症状について又は治療内容などお電話にてお気軽にご相談ください!

電話072-494-2203

大阪府泉南郡 岬町淡輪にある鍼灸整骨院です。

肩こり腰痛膝(ひざ)痛骨盤矯正冷え性捻挫寝違い

スポーツ障害美容鍼灸顎関節症四十肩ぎっくり腰

坐骨神経痛股関節痛めまい高血圧頭痛

耳つぼ花粉症眼精疲労治療できます。

 

交通事故も受付けています。 土曜日も診療してます

腰痛のリハビリテーション

腰痛のリハビリテーション

 1・温熱療法:筋緊張を和らげ疼痛を軽減させる目的で行われる。ホットパック、極超短波、超音波などが一般的である。 

2・牽引療法:腰椎牽引は古くから行われるがている方法で、その作用としては椎間腔や椎間孔の開大、椎間関節減圧、関節包の伸張、筋緊張の緩和などがあげられるが、作用機序は不明な点が多い。牽引には持続牽引と間欠牽引がある。入院して68kgで行う持続牽引は安静保持の上で意義がある。腰痛りは.gif外来で2030kgで行われる間欠牽引は急性期には行われない。 運動療法:ウイリアムズによる腰痛体操を始めたとして種々の体操療法が提唱されているが、その共通原則は腰背部の筋肉や靭帯、関節包など伸張と体幹筋の筋力増強である。 特に腰椎前腕を減少させ腹圧を高める腹筋の強化が重視されているのが多い。腰椎後弯傾向を示す高齢者に対しては伸展運動が推奨される。 装具療法:腰痛に対する体幹装具の効果は腰椎を固定し支持するとともに、腹部を圧迫し腹圧を高めることにより腰椎や傍脊柱筋への負担を減らすことである。コルセットを長期間にわたり常時装着するこは腹背筋の弱化をきたすため避けたほうがよい。 生活指導 腰痛の予防、再発防止のために生活指導は重要である。主なポイントを以下に示す。

 1.腰痛体操を根気よく続けること。 

2.肥満を避ける 

3.軟らかすぎるベットを避ける 

4.中腰の姿勢や座位を長時間とらない。 

5.床から物を持ち上げるときは膝を曲げ、しゃがみこんだ姿勢から持ち上げる。 

6.ハイヒールは腰椎前弯を強めるので履かないこと。

 

症状について又は治療内容などお電話にてお気軽にご相談ください!

電話072-494-2203

大阪府泉南郡 岬町淡輪にある鍼灸整骨院です。

肩こり腰痛膝(ひざ)痛骨盤矯正冷え性捻挫寝違い

スポーツ障害美容鍼灸顎関節症四十肩ぎっくり腰

坐骨神経痛股関節痛めまい高血圧頭痛

耳つぼ花粉症眼精疲労治療できます。

 

交通事故も受付けています。 土曜日も診療してます

構音障害は脳卒中片麻痺患者の約3割に伴うといわる!

言語療法 私たちはお互いのもつ知識や情報を交換し合って社会生活を営んでいる。その意思伝達の方法には種々なものがあるが、なかでも言語は最も重要な役割を果たしている。 したがってこれが障害されると、本人の社会活動が極度に制限されるのみならず、家族やその他の人々にも多大な影響を及ぼす。 言語障害をきたすものは数多いが代表的なものは言語発達遅延、麻痺性構音障害、失語症、聴覚障害、そして全般的活動低下に伴うコミニケーション障害などがあげられる。構音障害1.jpg構音障害2.jpg

ここでは、これらすべてを取り上げることができないので、日常よく経験される構音障害と失語症を中心に述べる。 構音障害 構音障害は、発声 発語器官に関与する神経 筋の麻痺や失調のために、発語が歪んだり発語の速度が低下したりして不明瞭な言語となるものである。これらの症状は脳卒中片麻痺患者の約3割に伴うといわれ、その他に、頭部外傷、小脳障害、パーキンソン症候群、そして変性疾患をもつ人などにも出現する。こうした患者との会話では、その話を慎重にきくことが重要であり、このような態度で臨めば会話自体には大きな障害とはならない。 構音障害の治療は、発声発語器官の機能訓練、構音訓練、プロソデイの訓練などを行う。仮性球麻痺の場合には舌咽神経や迷走神経、副神経、舌下神経の麻痺のために構音障害が起こるので、このタイプの障害ではモーラ指折り法による構音訓練、その他、メモ帳やホワイトボードの活用、また身振り表現の獲得などにより更なる治療効果が期待される。

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

症状について又は治療内容などお電話にてお気軽にご相談ください!

電話072-494-2203

大阪府泉南郡 岬町淡輪にある鍼灸整骨院です。

肩こり腰痛膝(ひざ)痛骨盤矯正冷え性捻挫寝違い

スポーツ障害美容鍼灸顎関節症四十肩ぎっくり腰

坐骨神経痛股関節痛めまい高血圧頭痛

耳つぼ花粉症眼精疲労治療できます。

 

交通事故も受付けています。 土曜日も診療してます

的確なでテーピング勝利をつかもう

的確なでテーピング勝利をつかもう 

テープ1枚が勝敗を決する

「ケガをしてしまい思うようにカラダが動かせない」「カラダに痛み、違和感がありつらい」「ケガが再発しないか不安」・・・みなさんこんな経験があるのではないでしょうか。マッサージ、ストレッチ、筋トレなどを行うのも有効ですが、これらの悩みはテーピングを的確に施すことで、その場で解消できます。

とくにスポーツ時のテーピングは重要な役割を果たします。長い時間をかけ、周到に用意して臨む試合でも、勝負は一瞬で決まることがあります。0コンマ何秒、わずかな数ミリのカラダの動きで勝負が決することすらあり、この0コンマ何秒、数ミリを少しでも詰めるために、アスリートは膨大な時間と努力を費やすのです。
膨大な練習のなかでは、ケガなどが起こりパフォーマンスが低下することもあります。そんなときには、リハビリ、マッサージとあらゆる手段を講じますがケガが完治する前であっても、勝つために試合の出なくてはいけないときがあるはずです。ここでも役立つのがテーピングです。
動かすと痛むときは関節の固定を重視したテーピング技法、ある方向だけ痛むときは関節のサポートを目的とした技法を使いこなせば、あらゆる局面で活躍できるのです。

テープピングは運動能力を高めることこできる。
ルールの範囲内であればパフォーマンスを上げるためにテーピングが役立つこともあります。
たとえば垂直跳びの実験では、ふくらはぎ痙攣防止のテープを貼ることで、下のグラフのように地面を蹴る力が確実に上がる傾向にlあることがわかっています。
ここで見られる差が勝敗を決するスポーツでは無視できない結果です。
また、ケガがクセになっている人はテーピングをしているこよで安心感も得られ、思いっきりカラダを動かせます。
わずか数センチでも貼っていたかどうかで勝敗が分かれるテーピングは、スポーツパフォーマンスを上げ、勝負の命運を分ける最後の一手となるかもしれません。


治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

症状について又は治療内容などお電話にてお気軽にご相談ください!

電話072-494-2203

大阪府泉南郡 岬町淡輪にある鍼灸整骨院です。

肩こり腰痛膝(ひざ)痛骨盤矯正冷え性捻挫寝違い

スポーツ障害美容鍼灸顎関節症四十肩ぎっくり腰

坐骨神経痛股関節痛めまい高血圧頭痛

耳つぼ花粉症眼精疲労治療できます。

 

交通事故も受付けています。 土曜日も診療してます


あなたの、テープがうまく巻けない

あなたの、テープがうまく巻けない理由 テーピング12.jpg

プロのテーピングはカラダにぴったりフィットしていて、
ある種の芸術作品のよう。しかしいざ自分で巻いてみると、しわができてキツかったり、ブカブカですぐはがれてしまったりと、きれいに巻くのは意外と難しいものです。
しかしテーピングは「うまく巻けないとうまく効かない」のです。
プロではないのだから仕方がない、と諦めてしまわないでください。
なざあなたのテープはうまく巻けないのか、それには理由があるはずです。

理由1
体型に沿って巻けていない
カラダのラインを意識していますか。この曲線を理解して、それに沿って巻き始めの位置、通る べき中間地点、最終到着地点を考慮しなければ、テープに無理が生じて必ずしわができてしまいます。曲線は一人ひとり必ず違いますだからこそ、オーダーメイドで巻けるテープなら、自分の体型にピッタリ合ったかたちにすることも可能です。

理由2
テープに強弱がついていない
強く引っ張って貼るべきところ、あまり引っ張らず余裕を残すところを理解しなければ効果は得られません。
これできないと、必要な方向への動きを制限することになる、役に立たないテーピングになってしまいます。

理由3
目的に合ったテープを選んでない
傷んだ組織が靭帯なのか筋力なのか、、また損傷の程度によっても使うべきテープは異なります。そして、痛み具合によってテープに加える力も異なります。これを誤ると、いくら外見上うまく巻けていても、狙った効果は得られません。

理由4
貼る順番が間違っている
テーピングは、目的を達成するために、テープを貼るベストは順番が考えられています。
これを間違えると、効果が充分に引き出されず、すぐにはがれることもあります。

理由5
貼る位置を理解していない
テープは適切な位置に貼らなければ、目的の効果が得られないばかりか、マイナスの効果が現れてしまうことさえあります。そのためには、骨、関節、靭帯、筋肉の位置をしっかりと把握して貼る必要があります。


治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

症状について又は治療内容などお電話にてお気軽にご相談ください!

電話072-494-2203

大阪府泉南郡 岬町淡輪にある鍼灸整骨院です。

肩こり腰痛膝(ひざ)痛骨盤矯正冷え性捻挫寝違い

スポーツ障害美容鍼灸顎関節症四十肩ぎっくり腰

坐骨神経痛股関節痛めまい高血圧頭痛

耳つぼ花粉症眼精疲労治療できます。

 

交通事故も受付けています。 土曜日も診療してます


テーピングは傷んだ筋肉をアシストします!

負傷部位の保護だけではない! テーピングはケガの予防や部位の保護はもちろん スポーツパフォーマンスの向上やちょっとした痛みにも効果を発揮します。

 テープの種類や張り方によってさまざまな症状に効くので、そのうれしい効果を実感してください。

テーピングは傷んだ筋肉をアシストします!.gif

 効果1  ケガの予防と再発防止 テーピングにはケガを防ぐ効果があります。たとえば、ひじの外側の筋肉を傷めやすいテニスでは、この部位に事前にテープを貼っておくとケガの危険性が低くなります。

 また、一度ケガをした部位は組織が弱くなっており、再受傷しやすいので、これを防止する役割も果たします。ケガがクセになっている人には、テーピングによって安心してプレーできるという心理的な効果もあります。

 

 効果2 ケガからのリハビリと回復促進 傷めた部位は、まず安静にして組織の回復を図ります。テーピングは部位を固定しながら、傷んだ筋肉をアシストします。 安静期を終えた回復期でも、テーピングは有効です。関節の動きを制限してサポートしたり、 テープを加減して貼ることで筋肉の力をアシストしたりしたします。これによって低下した関節や筋肉の機能を補います。低下した機能を回復 成長させるには、適度に動かし、刺激を回復 成長させるには、適度に動かし、刺激を与えることも大切です。 加減してテープを貼ると可動域が広がり、回復 成長のため必要な刺激が得られます。 

 

 効果3 疲労予防 筋肉や関節を適度にサポートすることで、疲労を軽減できます。負担がかかり疲労する部位に対し、あらかじめ「筋肉のサポート」や「関節のサポート」のためのテープを施します。 たとえば、登山の前には太もも前面やひざ、ふくらはぎ、足首のサポートテープは有効ですし、デスクワークには肩こり予防のサポートテープが有効です。

 

 効果4  違和感や痛みの解消 ケガとまではいえないまでも、日々の生活で違和感や弱い痛みを覚えを覚えることがあります。これからは、微妙な関節のズレやゆがみ、あるいは筋力のバランスのくずれなどから生じます。筋肉や関節をサポートするテーピング技法では、これも解消できます。 効果5  スポーツパフォーマンスの向上と姿勢改善 もともとケガや疲労の予防に使われことの多いテーピングですが、筋力や関節の反発力を強化することから、結果としてスポーツパフォーマンスを高めることにもなります。 ただし、サポートを施す側と反対側への動きがテーピングによって阻害されたりもするので、どんな場合でも使えるわけではありません。しっかりと見極めことが大切です。 また、テーピングは姿勢の改善も効果を発揮します。姿勢が骨と骨の位置関係で決まります。特殊なテーピング技法を使えば、骨の位置関係矯正し、骨を支える筋肉サポートして、正しい姿勢が維持されます。

 

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

症状について又は治療内容などお電話にてお気軽にご相談ください!

電話072-494-2203

大阪府泉南郡 岬町淡輪にある鍼灸整骨院です。

肩こり腰痛膝(ひざ)痛骨盤矯正冷え性捻挫寝違い

スポーツ障害美容鍼灸顎関節症四十肩ぎっくり腰

坐骨神経痛股関節痛めまい高血圧頭痛

耳つぼ花粉症眼精疲労治療できます。

 

交通事故も受付けています。 土曜日も診療してます

テーピングで筋トレでのグラつきや痛みを抑えられる。

テーピングで筋トレでのグラつきや痛みを抑えられる。  

 「テーピングをして筋トレをやってもよいですか?」とよく質問されます。 これにはさまざまな状況があり、一概には回答しにくいのですが、ここでは、テーピングをして筋トレーニングを実施するメリットをご紹介します。テーピングで筋トレ.jpg 筋トレではさまざまな関係に負荷が加わります。関節が不安定でグラついていると、力がうまく入らなかったり、ケガにつながったりしかねません。 こうしたトラブルを回避するには「関節のサポート」テープを用います。ただし、動きが大幅に制限されてしまうため、あまり強く締めつけすぎないようにしましょう。 あくまで安定性の補助として使用し、基本的には「関節の固定」テープは用いません。 片側にテープを巻くと、動きに左右差が生じ、筋肉の発達にも差ができてしまうような場合は、左右に同じテーピングを施すことも考えましょう。 たとえば、手首は多くの種目で酷使されます。多くの骨からできているため、筋トレで負荷が加わると不安定になりやすいのです。 その結果、痛みが生じたり力が入りにくくなったりします。 この場合、手首の安定性を高めるテーピングは大きなメリットといえます。 ただし「とりあえずテーピングをする」「なんでもテーピングに頼る」はNG。基本的には、自分の柔軟性、筋力、バランス能力を最大限に使った筋トレが大切であるということを忘れないでください。

 

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

症状について又は治療内容などお電話にてお気軽にご相談ください!

電話072-494-2203

大阪府泉南郡 岬町淡輪にある鍼灸整骨院です。

肩こり腰痛膝(ひざ)痛骨盤矯正冷え性捻挫寝違い

スポーツ障害美容鍼灸顎関節症四十肩ぎっくり腰

坐骨神経痛股関節痛めまい高血圧頭痛

耳つぼ花粉症眼精疲労治療できます。

 

交通事故も受付けています。 土曜日も診療してます

 

膝の痛みの原因

膝の痛みの原因

中年以降、膝の痛みに悩まされる人が増えてきます。
立ち仕事がつらくなったり、重たい荷物を持ち上げるのが大変だったりすることが多くなります。
膝の痛みは年齢を重ねるにつれて残念ながら避けて通れないもの。

膝痛の主な原因は、膝の関節の骨をつなぐ役割を果たしている軟骨がすりへってしまうこと。
この軟骨は本来、骨と骨との摩擦をやわらげるクッションになっているのですが、これがすりへってしまうことにより、骨と骨とがじかにぶつかってしまい、痛みや炎症をおぼえるのです。

初めは、日常生活の動きのなかで「ちょっと膝がぎくしゃくするな」と軽い違和感をおぼえる程度ですが、症状が進行すると、歩いているときに痛みを感じたり、立ち上がるのもつらくなったりします。

冷えからくる膝の痛みの対処法

◎膝を温める

寒い冬など、身体が冷えると特に痛みを感じやすいのは、冷えにより太ももやふくらはぎなど脚の筋肉や腱がこわばって硬くなり、柔軟性を失うので、膝関節により大きな負担がかかってしまうためです。

一度すりへってしまった膝の軟骨は元に戻せませんが、進行を遅らせることはできます。
日頃から脚や膝を冷やさないように、温めることを心がけましょう。
脚を温めて血行を良くすると、筋肉が柔軟になり、身体の動きも柔らかになるので、膝へかかる負担を軽減することができます。

長ズボンや、スカートのときは下にレギンスを身に着けたり、膝を冷気にさらさないように、服装に注意することが大切です。
膝の関節をたすける専用のサポーターを着用するのも良いですね。


◎太ももの筋肉を鍛える

さらに、太ももの筋肉を鍛えて丈夫にすると、膝の関節へのダメージを少なくすることができます。
とはいえ、急に激しい筋トレをするとかえって足腰に負担をかけてしまうので、無理のない程度の運動やストレッチを日々の生活に取り入れてみましょう。
おすすめの運動は、重力の負担をかけずに筋肉を鍛えることのできる水中ウォーキングです。

水中ウォーキング.jpg

また、お風呂上りに身体が温まった状態でストレッチやヨガをするのも良い方法です。
身体が柔軟になると、関節への負担をやわらげることできます。

また、お風呂上りに身体が温まった状態でストレッチやヨガをするのも良い方法です。
身体が柔軟になると、関節への負担をやわらげることできます。

 急な動作を避ける


急な動作、たとえば突然立ち上がったり、座ったり、急に立ち止まったりといった動作は膝の関節に負担がかかり、痛めてしまいます。膝をいたわってゆっくりした動作を心がけましょう。

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

症状について又は治療内容などお電話にてお気軽にご相談ください!

電話072-494-2203

大阪府泉南郡 岬町淡輪にある鍼灸整骨院です。

肩こり腰痛膝(ひざ)痛骨盤矯正冷え性捻挫寝違い

スポーツ障害美容鍼灸顎関節症四十肩ぎっくり腰

坐骨神経痛股関節痛めまい高血圧頭痛

耳つぼ花粉症眼精疲労治療できます。

 

交通事故も受付けています。 土曜日も診療してます

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg