置き鍼治療について(ニコニコ鍼灸整骨院淡輪院)

置き鍼には、【皮内鍼】と【円皮鍼】の二つの手法に大きく分けられます。

 

皮内鍼.jpg

皮内鍼とは・・・ごく細く短い鍼(長いものでも5o程)を皮内(表皮・真皮)に浅く刺して長く鍼を

体内に留める方法で、通常2〜3日留めるのが特徴となります。

皮内鍼の鍼の刺入の方向は、皮膚にできるしわと平行に刺入するのが基本とされています。

 

 

円皮鍼.jpg

円皮鍼とは・・・皮内鍼同様でありますが、鍼の長さが4種類(1.5oから3o)とあり

用途によって使い分けられます。

円皮鍼の刺入方向は、皮膚に垂直に刺入するのが基本とされています。


《特  徴》

最大の特徴は皮膚表面に長時間刺激を与えるので、治療効果の継続、

あるいは継続的に治療を行いたい場合に使用していきます。

慢性化した症状や身体の負担を軽く治療したいと考えている方には

最適な治療方法といえます

また一度の治療ではとりきれない痛みの残るポイントに皮内・円皮鍼を

用いることで次回までの自然治癒力を更新させることも目的の1つとなります。

 

《利  点》

円皮鍼目立たない1.jpg@ 体質改善を改善・・・先ほども述べましたが、長時間の刺激により

   慢性化した症状にもしっかりとしたツボの選定をすることで、

   症状は軽減していきます。

A 筋緊張の改善・・・最も筋緊張がある場所を探し出し、

   持続した刺激を与えることにより緊張がほぐれていきます。

B 無痛・・・とても短く細い鍼なので、無痛です。

   鍼の苦手な人も安心してうけられます。

C 衛生的で安全・・・1つずつパッケージされており、 

   テープに手がふれることなく貼れるようになっており

                   初めての人でも簡単に使えます。

D 目立たない・・テープは直径1cmほどですが、同色の肌色なので

            どこへ貼っていてもあまり目立つことはありません。

 

このようにして鍼といっても特殊な鍼で、「刺す」というよりは「貼る」といった

感覚に近い鍼ですので恐怖心のある方、

抵抗感のある方も安心してご利用いただいております。


どこへ貼っても安全な皮内・円皮鍼ですのでどんな症状でも使えるのですが、 

最も利用の多い症状では、頭痛・腰痛・膝痛・神経痛・関節炎などです。

これらの症状の最も圧痛点が高いところに貼るのも1つの方法ですし、

また経絡的に考えてツボの選定をして時間をかけて治していくことも効果があります。

 

一般的にですが、症状には特効のツボというのがあります。

頭痛・・・「合谷」 手の甲で「親指と人差し指の間」のツボ

腰痛・・・「腰腿点」 手の甲で「第2・3指の間と第4・5指の間」のツボ

膝痛・・・「梁丘・血海」 膝両角を指2本分上に上がったところ。

これが全てではありませんが、

このようなツボに持続的に刺激を与えることで、

         辛い症状などの軽減しいずれ消失していきます。

 

また神経痛や関節痛(50肩や腱鞘炎など)は症状進行の様子にもよりますので、

診断後のツボの選定となります。

慢性化した症状や婦人科系疾患など薬を極力抑えたいと思ってる人にも

免疫力・治癒力もアップしたい方にもお勧めしています。

痛くない鍼灸治療をぜひお試しください。   

                               戸田

 

症状について又は治療内容などお電話にてお気軽にご相談ください!

電話072-494-2203

大阪府泉南郡 岬町淡輪にある鍼灸整骨院です。

肩こり腰痛膝(ひざ)痛骨盤矯正冷え性捻挫治療できます。

交通事故も受付けています。 土曜日も診療してます

 

オンライン.jpg       muryousoudan.jpg

 

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

 

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg