体を若々しく保つ効果があるコンドロイチンとは?

コンドロイチンの正式名称は「コンドロイチン硫酸ナトリウム」です。

もともと人間の体の中に存在している成分です。

軟骨、目の角膜、骨、各臓器、皮膚などに分布しています。


 しかし、体内で生成されるコンドロイチンの量が加齢とともに減少します。

60歳を過ぎると20歳代の頃の約4分の1にまで減少します。

不足すると関節痛や腰痛の原因など様々な老化現象が起こります。


コンドロイチンは、主にサメ軟骨から抽出される多糖類の一種です。

納豆、山芋、おくら、なめこ、海藻、ふかひれ、ツバメの巣、すっぽん、

うなぎにも含まれています。


しかし、食物から必要量を摂取することは難しいので、サプリメントで

摂ることが大切です。

また、グルコサミンと同時に摂ることにより、相乗効果が期待できます。


コンドロイチンは「関節痛を改善する効果」「目の健康に働きかける効果」

「高血圧・動脈硬化を予防する効果」「腎疾患を改善する効果」

「骨粗しょう症を予防・改善する効果」「体を若々しく保つ効果」

「美肌効果、髪や爪に対する効果」「アンチエイジング効果」があります。

 

膝痛、関節痛、変形関節症の方、コレステロール値が気になる方 、

骨粗しょう症を予防したい方、ドライアイでお悩みの方などにおすすめです。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

痛みや炎症を鎮めてくれるMSM(メチルスルフォニルメタン)とは?

MSMは正式名称をメチルスルフォニルメタンといいます。

MSMはイオウ成分を含んだ物質です。


人間の体内のたんぱく質に含まれるミネラルで、人間の関節に

ある軟骨、筋肉、皮膚髪、爪の形成に必要なコラーゲンを

健康に保つ働きがあります。

健康的な体をつくる大切な成分なのです。

 

また、新鮮な果物、野菜、牛乳、穀物などに含まれていますが

その量は少量のため、サプリメント等で補うことが大切です。

 

MSMは「痛みや炎症を鎮める効果」「間質性膀胱炎を予防する効果」

 「関節炎、腱炎、筋肉のけいれん、腰痛、関節リウマチ、アレルギー症状、

インスリン抵抗性の改善」「アレルギー症状を緩和する効果」

糖質や脂質の代謝をサポートする役割「傷の治癒速度向上」

「毛髪および爪の強化」「コラーゲン合成向上」などがあります。


関節痛を緩和したい方、アレルギー症状を緩和したい方、泌尿器系

の病気を予防したい方におすすめです。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

関節痛を改善する効果があるグルコサミンとは?

グルコサミンは、すり減ってしまった軟骨の構成成分で、体内でも

軟骨細胞から作り出される糖質とアミンが結びついた天然の

アミノ糖の一種です。

その主な働きは、軟骨を作るのに必要なグルコミノグリカン(ムコ多糖類)

の生成を促すことです。


グルコサミンは、新しい軟骨の生成を促進するので、すり減った軟骨を

元に戻す働きをします。

また、「変形性関節症の予防と改善」「関節痛を改善する効果」

「軟骨の強度や柔軟性を向上させる効果」があります。


グルコサミンは、魚や動物のムコ多糖類に含まれる成分で、かにやエビ

などの甲殻類のキチンに多く含まれています。

また、山芋のネバネバ成分、ふかひれ、おくらに含まれています。

 

膝痛、関節炎、関節痛、変形関節症の方、スムーズに歩行したい方、

スポーツをしている方におすすめです。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

脳を活性化してくれるイチョウ葉エキスとは?

イチョウは、2億5千万年以上も前から地球に存在し「生きた化石」とも

呼ばれています。

太古の植物で、強力な生命力を持つイチョウの葉から抽出されたエキスには、

ポリフェノールの一種である「フラボノイド」とイチョウ特有の成分である

「ギンコライド」が含まれています。


フラボノイドは、4000種類以上もあり、バナナ、レモン、パイナップル、

緑黄色野菜のβ-カロテン、ブルーベリーのアントシアンなどに

含まれています。

イチョウ葉エキスには、30種類ものフラボノイドと6種類もの

二重フラボンが含まれています。

二重フラボンは、2つのフラボノイドが重なった成分で「血流

促進させる効果」「血管自体を強化する働き」「血糖値を正常化

する働き」があります。


ギンコライドは、植物の中でもイチョウ葉エキスにのみ含まれている成分で、

活性酸素の害から脳細胞を守ります。

そのため、「記憶力や集中力を高める効果」「認知症を予防する効果」の

働きが期待されています。

また、アトピー性皮膚炎、花粉症、ぜんそくなどのアレルギー症状を

改善する効果もあります。


イチョウ葉エキスには、「血流を改善する効果」「冷え性を改善する効果」

「脳梗塞などを予防する効果」「認知症を予防する効果」「肩こりの予防・

改善の効果」「脳梗塞や認知症の予防・改善の効果」があります。


《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

冷え性や低体温の方に効果があるヘスペリジンとは?

ヘスペリジンは、ビタミンPとも呼ばれるポリフェノールの一種です。

青みかん、みかん、レモンなどの柑橘類、さくらんぼ(チェリー)に含まれています。

特に、青みかんなどの柑橘類の皮やすじに多く含まれている栄養素です。

 

ヘスペリジンは、「血流を改善する効果」「高血圧を予防する効果」

「生活習慣病の予防・改善効果」「花粉症を予防する効果」

「骨粗しょう症を予防する効果」があります。


ヘスペリジンは、ビタミンCの吸収を促進する作用も持ちます。

そのため、ビタミンCを効率的に摂取することができます。

また、コラーゲンの生成を促進するので、末梢血管のように細い血管を

丈夫にし、血管の透過性を適度に保つ働きがあります。


冷え性改善によいとされる1日250 mg を摂るためには、

毎日500 ml の果汁を摂り続けなければなりません。

これでは糖分の過剰摂取になるので、サプリメントを

摂るようにするといいでしょう。

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

ニキビ・肌荒れ対策に効果があるパントテン酸とは?

パントテン酸は、ビタミンB5というビタミンB群のひとつです。

パントテン酸は、「ニキビ・肌荒れ対策」「ストレスをやわらげる効果」

「動脈硬化を予防する効果」「肌と髪の健康を保つ効果」があります。

 

パントテン酸は、子持ちカレイ、うなぎ、いくら、たらこなどの魚類、

レバー、鶏肉などの肉類、ひらたけ、エリンギ、なめこなどのきのこ類、

アボカド、モロヘイヤ、カリフラワーなどの野菜類、納豆、たまごなどに

含まれています。


パントテン酸は、腸内細菌の働きによって体内でもつくり出すことができます。

そのため、欠乏症はほとんどありません。

パントテン酸が不足する場合、ほかの栄養素も不足しているので、

パントテン酸のみの欠乏症かを見極めるのは困難です。


しかし、薬などで抗生物質を服用している場合は、腸内細菌が働くことができず、

不足する恐れがあります。

パントテン酸が不足すると、疲労感、頭痛、食欲不振、手足の知覚異常を

起こすことがあります。


妊娠中・授乳中の女性は、通常よりもパントテン酸の消費が多いです。

そのため、不足に注意する必要があります。

摂り過ぎたパントテン酸は尿として排泄されるので過剰症の心配はありません。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

白髪対策に効果があるビオチンとは?

ビオチンとは、ビタミンB群の一種で、以前はビタミンB7とも

呼ばれていました。

食品から摂取するほか、腸内細菌によっても合成されます。


ビオチンは、「糖の代謝を助ける効果」「皮膚や粘膜の健康維持を助ける効果」

「髪の毛を健康に保つ効果」「アトピー性皮膚炎を改善する効果

「筋肉痛を和らげる効果」があります。


ビオチンは、牛レバー、魚介類、ヨーグルトなどの乳製品、大豆、ピーナッツなどの

豆類、卵、ほうれん草、グレープフルーツ、カリフラワーなどの野菜類に含まれます。

ビオチンを効率的に摂取するためには、ビオチンと同時にほかのビタミンB群

(ビタミンB1、ビタミンB2、葉酸、パントテン酸など)を一緒に摂るといいでしょう。

 

ビオチンの欠乏症は、湿疹などの皮膚炎、結膜炎、舌炎、知覚過敏、脱毛、

白髪の増加、無気力、疲労感、憂うつ、蒼白、吐き気、運動失調、筋肉痛、

けいれん、緊張低下などが見られます。

ビオチンは、水溶性のため尿中に排泄されるため過剰症はありません。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

美肌に効果があるナイアシンとは?

ナイアシンはビタミンB群のひとつです。

ナイアシンとは、ナイアシンアミド(ニコチンアミド)とナイアシン

(ニコチン酸)の総称です。

別名「ビタミンB3」や血行を促進して肌を健康に保つことから

「肌のビタミン」と呼ばれています。


ナイアシンは、「粘膜や皮膚を健康に保つ効果」「二日酔いを防ぐ効果」

「血行を促進する効果」があります。

 

ナイアシンは、植物性食品やレバー、鶏肉などの肉類、かつお、さば、

たらこ、まぐろなどの魚類、きのこ類、緑黄色野菜、小麦胚芽、豆類、

野菜などに含まれています。

ナイアシンをしっかりと摂るには、肉や魚の煮物のあんかけやスープ

仕立てにするといいでしょう。


ナイアシンが欠乏すると、口角炎、食欲不振、不安感などの症状が起こります。

食生活の中でのナイアシンの過剰摂取の心配はほとんどほとんどありません。

しかし、ナイアシンを大量に摂取した場合は、かゆくなったりヒリヒリしたり皮膚が

炎症を起こすことがあります。


一時的なもので健康上の悪影響はありません。

さらに悪化すると、嘔吐や下痢、便秘などの消化器症状や、肝機能低下

などの肝臓障害が生じます。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

妊活や妊娠時に必要な葉酸とは?

葉酸とは、水溶性のビタミンB群の一種で、ほうれん草の葉から

発見されたことにより名付けられました。

名前の通り、葉野菜には葉酸が多く含まれています。

レバーなど動物性の食品にも多く含まれています。


他にも、菜の花、枝豆、モロヘイヤ、ほうれんそう、アスパラガス

などの野菜類、いちご、ライチ、アボカド、マンゴーなどの果実類、

納豆、ナッツ類、卵黄、牛乳などに含まれています。


葉酸は、光や熱にも弱い性質をもっているため、冷暗所に保存が必要です。

効率良く葉酸を摂取するには、加熱せずに新鮮なうちに食べられるサラダや

納豆、果物の生搾りジュースがおすすめです。


また、ビタミンCやビタミンB12を一緒に摂取すると、体内で効率よく

効果を発揮します。

サプリメントなどで必要量を十分に摂取しましょう。

 

葉酸は特に細胞分裂やDNAの合成などに必要とされており、

私達の体にとって大切な栄養素です。

特に妊娠中の女性や、乳幼児期、成長期の子どもに必要です。

 

また、ビタミンB12とともに赤血球を生成する働きをすることから、

造血のビタミンとも呼ばれます。

ビタミン6やビタミン12とともに動脈硬化を起こす原因でもある

ホモシステインの分解、排出する働きをします。


他にも、「胎児の神経管閉鎖障害を予防する効果」「成長を促進する効果」

「貧血を予防する効果」「動脈硬化を予防する効果」「脳の機能を改善する

効果」があります。


葉酸は、健康な人の場合、腸内細菌によって合成されます。

そのため、通常の食事によって不足することはほとんどありません。

しかし、必要量が増加する妊娠中の女性やお酒をよく飲む人

などは不足しがちです。

 

葉酸が不足すると、貧血の原因、、動脈硬化の原因、腸管粘膜、

口内、舌に炎症が起きやすくなります。

妊娠の初期に葉酸が不足すると、胎児の神経管閉塞障害の

危険性が高まります。


葉酸は、食品からの過剰摂取によって健康に害が起こる心配はありません。

しかし、薬などによって大量投与した場合には、神経障害や発熱、

じんましん、皮膚炎などが起こる可能性があります。


葉酸は妊活や妊娠時に特に必要とされる栄養素です。

健康や美容にとっても重要な働きをしますので、意識して

摂取しましょう。


《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

ビタミンKは、骨の健康を保つ効果があります。

ビタミンKは油脂に溶ける脂溶性のビタミンです。

出血を止める働きがあることから「止血のビタミン」とも呼ばれています。

ビタミンKは、大きく分けてビタミンK1(フィロキノン)とビタミンンK2

(メナキノン)の2種類あります。


ビタミンK1は主に植物の葉緑体でつくられています。

ほうれん草などの緑色の濃い葉野菜や海藻類などに多く含まれます。

ビタミンK2は微生物によって作られています。


納豆などの発酵食品や肉類、卵、乳製品などの動物性食品に

含まれています。

また、明日葉、つるむらさき、おかひじき、ほうれん草にも

含まれています。


ビタミンKは、油と一緒に摂ることで吸収量がアップします。

体内ではどちらも「血液を凝固させ止血する効果」「骨の健康を

保つ効果」に働きかけます。

 

ビタミンKが欠乏すると、けがや内出血の際に血液を凝固させ止血

するのに時間がかかったり、鼻血が出やすくなったりします。

また、骨に十分なカルシウムが取り込まれなくなり、骨がもろくなります。

 

しかし、ビタミンKは腸内細菌からもつくられるので欠乏症の心配はありません。

ビタミンKの過剰症の耐容上限量も定められていません。

骨や歯の強化、骨粗しょう症の予防、授乳中の方のおすすめです。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

ビタミンEの若返り成分で綺麗をキープしましょう。

ビタミンEは、油脂に溶ける脂溶性のビタミンの一つです。

ビタミンEは、血管や肌、細胞などを老化させる活性酸素から体を

守る強い抗酸化作用があります。

抗酸化作用は、血行を促進するなど生活習慣病の予防に効果があり、

「若返りビタミン」とも呼ばれています。


ビタミンEは、トコフェロールとトコトリエノールの2種類に分けられます。

それぞれα (アルファ)、β (ベータ)、γ (ガンマ)、δ (デルタ)-トコフェロールと

α、β、γ、δ-トコトリエノールの8種類があり、これらをビタミンEといいます。

その中でも、代表的なビタミンEのα-トコフェロールは、最も強い活性を持っています。

体内にあるビタミンEの90%を占めています。

 

しかし、ビタミンEは体内では生成されることが出来ません。

体内では、肝臓、脂肪組織、心臓、筋肉、血液、副腎、子宮などの

細胞膜の中に存在します。


そのため、食品から適量に取り入れ続けることが大切です。

適量をとり続けると、「老化を防ぐ効果」「生活習慣病の予防・改善効果」

血流を改善する効果」「美肌効果」「髪の毛の乾燥を防ぐ効果」

「冷え性の改善」があります。

 

また、ビタミンEには、「脳神経を保護する働き」「白内障の進行を

和らげる働き」「生殖機能を維持する効果」「生理不順や生理痛の

予防」があります。


ビタミンEは、アーモンド、落花生、ヘーゼルナッツなどのナッツ類、

ひまわり油、サフラワー油、コーン油、綿実油などの植物油、

うなぎのかばやき、にじます、あゆ、はまちなどの魚介類、

小麦胚芽、モロヘイヤ、かぼちゃ、菜の花、卵に含まれています。


さらに、ビタミンEとビタミンCを同時に摂取することで抗酸化作用が高まります。

また、ビタミンAには、ビタミンEとCの働きを持続させる効果があり、

ビタミンEにはビタミンAの酸化を防ぐ効果があります。

抗酸化の3つの重要なビタミンのため、ビタミンACE(エース)と呼ばれています。


ビタミンEの摂取目安量は一日当たり、成人男性で7mg、成人女性で6.5mgです。

ビタミンEは体内に残りにくいため、過剰摂取はないとされています。

しかし、骨を壊す細胞の働きを活発化するという性質があるため、ビタミンEの

過剰摂取は骨粗しょう症の危険が高まるといわれています。


食べ物からの過剰摂取は難しいですが、高濃度のビタミンEのサプリメント

などの取りすぎに注意しましょう。

ビタミンEを適量に摂取して若返り成分で綺麗をキープしましょう。


《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

丈夫な体づくりには欠かせない栄養素ビタミンDとは?

ビタミンDは、油脂に溶ける脂溶性のビタミンの一つです。

きのこなど植物性食品に含まれるビタミンD2 (エルゴカルシフェロール)と

動物性食品に含まれるビタミンD3 (コレカルシフェロール)があります。

これらを総称してビタミンDといいます。


日光を浴びると私たちの体内でもある程度つくり出せるビタミンで、

太陽のビタミンとも呼ばれています。

ビタミンDは、ビタミンD2からビタミンD7まであります。


ビタミンD1がないのは、名称を与えられた後に不純物で

あったことが発覚したからです。

そのため、現在は用いられていません。

 

<ビタミンD2>・・・キノコ類などの植物性食品に含まれます。

        きくらげ、干しシイタケや、しめじ、まつたけなど

<ビタミン3>・・・魚類や卵類などの動物性食品に含まれます。

       あんこうのきも、イワシのみりん干し、いわし、にしん、

       シラス干し、スモークサーモンなど。


ビタミンDは、魚の干物、いわし、すじこ、かじき、さけ、にしん、

しらす、干ししいたけ、きくらげ、卵、乳製品などに含まれています。

D4〜D7は食品に含まれる量はほとんどなく、効果も低いです。

そのため、通常ビタミンDといえばD2とD3のことを指します。


ビタミンDには、カルシウムやリンなどのミネラルの吸収を助け、

血液中のカルシウム濃度を一定に保つ働きがあります。

丈夫な体づくりには欠かせない栄養素です。


ビタミンDは、骨や歯の材料となるミネラルになります。

ビタミンDが十分に摂取されても、カルシウムが不足すると

健康な骨や歯が作られません。

 

ビタミンDは、「骨粗鬆症への効果」「糖尿病を予防する効果」

「免疫力を高める効果」「インフルエンザを予防する効果」

「炎症抑制効果」「アルツハイマーの効果」「不妊対策の効果」

「シワ・たるみに効果」などがあります。


ビタミンDは、特に妊娠中の方や授乳中の方、幼児には必要な栄養素です。

ビタミンD欠乏症の大きな原因は、太陽の光を十分に浴びないことです。

ビタミンDが不足すると、筋肉や骨が弱くなったり痛みを感じたり、

精神的にイライラしやすくなります。


また、大人の場合には、軟骨化症や骨粗鬆症を引き起こします。

子どもの場合はくる病が起こります。

骨がもろくなる骨粗しょう症は、高齢者の寝たきりの原因ともなっています。


ビタミンDは、脂溶性で体内に蓄積されるため過剰症に注意が必要です。

ビタミンDの過剰摂取は、高カルシウム血症となります。

高カルシウム血症になると、全身倦怠感や食欲不振、嘔吐、下痢、

脱水症状、体重減少などの症状が起こります。

また、動脈硬化や腎不全などの臓器障害といったリスクも高まります。


通常の食事でビタミンDを摂る分には心配ありません。

ビタミン剤やサプリメントによる摂りすぎには注意しましょう。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

疲労回復効果と美容効果があるビタミンCとは?

ビタミンCは、抗壊血病因子として発見された水溶性ビタミンの一種です。

科学的にはL-アスコルビン酸をさします。

白色でにおいはなく酸味があります。

 

ビタミンCは、「疲労回復効果」「疲労回復に効果のある栄養素の

吸収を高める効果」副腎の働きを促進」「血流悪化の予防」

「免疫力を高める効果」「ストレスをやわらげる効果」

「白内障の予防や改善効果」「貧血を予防する効果 」

「肌の老化を防ぐ」「シミの予防や改善」「美白・美肌効果」

「キメを整える」「抗炎症作用(にきび予防)」

「紫外線から守る」「肌にハリと弾力を与える」

「毛穴を目立たせなくする」などの効果があります。

 

ビタミンCは、レモン、アセロラ、キウイフルーツ、いちご、

ネーブル、赤ピーマン、芽キャベツ、菜の花、カリフラワー、

にがうり、キャベツ、ほうれん草、じゃがいも、さつまいも、

ちんげんさい、はっさく、ぽんかん、いよかん、パイナップル、

グァバ、柿、緑茶などに含まれています。

 

体内でビタミンCが不足すると、壊血病と呼ばれる病気になります。

壊血病とは、体をつくるたんぱく質のひとつ、コラーゲンが作られなくなり、

血管が弱くなって出血が止まらなくなる病気です。

小児の場合は、骨の形成・発育に支障をきたすメーラー・バーロー症

呼ばれる病気になる場合もあります。


また、精神障害、骨粗しょう症、食欲不振、貧血になりやすくなる、

免疫力が低下して風邪や感染症にかかりやすくなる、

疲れやすくなる、お肌のハリや弾力を失われる

など様々な症状を引き起こすことがあります。

ビタミンCは、約90%と吸収率が高く、体内に吸収されやすい

性質を持っています。

そのため、余分なビタミンCは2〜3時間で尿中に排泄されます。

体内に蓄積されないため、過剰症の心配はありません。


ビタミン剤やサプリメントなどを1日に10 g以上摂ると、腹痛、嘔吐、下痢、

頻尿、発疹が出ることがありますが一時的なものです。

過剰症ではありませんので心配はありません。

ビタミンCは積極的に摂りたいビタミンです。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

酵素を助ける補酵素として働くビタミンB群とは?

ビタミンB群とは、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB3(ナイアシン)、

ビタミンB5(パントテン酸)、ビタミンB6、ビタミンB7(ビオチン)、

ビタミンB9(葉酸)、ビタミンB12の8種です。

ビタミンB複合体とも呼ばれます。

8種類のビタミンB群はそれぞれ性質や働きが異なります。


ビタミンB1・・・「炭水化物の代謝を助ける」「疲労回復効果」      

ビタミンB2・・・「3大栄養素の代謝を促進」「成長を促進する効果」      

ビタミンB3(ナイアシン)・・・「糖質・脂質の代謝に働く」「粘膜や皮膚を健康に保つ効果」

ビタミンB5(パントテン酸)・・・「エネルギーを生成する効果」

ビタミンB6・・・「タンパク質の分解・合成」「成長を促進する効果」

ビタミンB7(ビオチン)・・・「血糖値を下げる効果」

ビタミンB9(葉酸)・・・「赤血球・DNAの合成」「妊娠中の方など女性の健康を保つ効果」

ビタミンB12・・・「貧血を予防する効果」

 

<ビタミンB1>

穀類の胚芽、豚肉、レバー、豆類など

<ビタミンB2>

レバー、卵、大豆、乳製品、葉菜類など

<ビタミンB3(ナイアシン)>

魚類(かつお・ぶり・さばなど)、豆類や果実類など

<ビタミンB5(パントテン酸)>

牛乳、卵

<ビタミンB6>

かつお、まぐろなどの魚類、レバー、肉など

<ビタミンB9(葉酸)>

ほうれん草などの緑黄色野菜、小麦、マッシュルーム、酵母、レバーなど

<ビタミンB12>

魚介類やレバーなど

ビタミンB群は、脳や神経、皮膚などを健康に保つビタミンです。

三大栄養素の代謝やエネルギーをつくり出す働きもあるため、

人間の体には必要不可欠な栄養素です。


生体内では主に酵素を助ける補酵素として働きます。

体内で使われなかったビタミンB群は尿などから排泄されます。

体内にためておくことができないため、毎日食事から摂取する必要があります。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

女性特有のつらい症状に効果があるビタミンB6とは?

ビタミンB6は水溶性のビタミンB群の一種でピリドキシン

とも呼ばれます。

たんぱく質の摂取量が多いほどビタミンB6の必要量も

多くなります。

 

ビタミンB6は、「妊娠初期の悪阻(つわり)を緩和する効果 」

「妊娠中毒症」月経前症候群 (PMS)の症状を緩和する効果」

「肌荒れ、ニキビの改善」「疲れ目・眼病を緩和する効果

アレルギー症状を緩和する効果」「成長を促進する効果」

「神経機能を正常に保つ効果」「動脈硬化を予防する効果」

「脂肪肝を予防する効果」が効果があります。


ビタミンB6は、レバー、さんま、まぐろ、かつお、大豆製品、

ピスタチオ、卵、にんにく、バナナなどに含まれています。


ビタミンB6は腸内細菌からもつくられるため、欠乏症が

起こることはほとんどありません。

ビタミン剤やサプリメントによって1日200〜500 mgの

ビタミンB6の過剰摂取は、「末梢神経障害」「腎臓結石」

「知覚障害」が起こる場合があります。


生理前など女性特有のつらい症状で悩んでいる女性は、

ビタミンB6と共にビタミンB群をバランス良く摂っていきましょう。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg