脂質の代謝を助けるビタミンB2とは?

ビタミンB2は、水溶性のビタミンB群の一種で、リボフラビン

とも呼ばれています。

また、成長を促進し、皮膚や髪、爪などの細胞の再生にかかわる

ことから美容のビタミン、発育のビタミンともいわれます。


ビタミンB2は、主に皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きをします。

主に炭水化物、糖質、脂質といった三大栄養素を体内でエネルギーに

かえて代謝を支える働きをします。

 

ビタミンB2は黄色でわずかににおいがあります。

栄養ドリンクや栄養補助食品をとった後、尿が濃い

黄色になるのはビタミンB2の色によるものです。


ビタミンB2は、「脂質の代謝を助ける」「成長ホルモン促進する効果」

「生活習慣症の予防・改善効果」「糖尿病を予防する効果」

「肌荒れや髪のトラブルの改善」「ダイエット効果」「疲れ目・

涙目の改善」の効果があります。


ビタミンB2は、牛レバー、豚レバー、鶏レバー、牛乳、ヨーグルト

うなぎ、どじょう、かれい、さんま、ぶり、納豆、アーモンド、卵、

きのこなどに含まれています。


ビタミンB2が欠乏すると、皮膚や粘膜に炎症を起こしやすくなります。

肌荒れや髪のトラブル、脂漏性皮膚炎、口角炎、舌炎、口内炎、目の充血、

眼精疲労、結膜炎、まぶしさを感じる、涙が出るなどの症状が現れます。

他にも、胃や肛門などの粘膜にただれが起こることもあります。

 子供の場合、不足すると成長障害が起こすことがあります。

 

脂質をエネルギーにかえる特徴があるため、妊娠中の方や激しい

運動をする人は、多くのエネルギーを消費します。

その分、ビタミンB2がたくさん必要になるので不足しがちになります。

毎日摂取する必要があります。

 

また、ビタミンB2を大量に摂った場合は、尿中に速やかに排泄されます。

そのため、過剰症はほとんどありません。

ビタミン剤やサプリメント等で大量に摂った場合は、ごくまれに、

かゆみやしびれなどの症状が出ます。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

貧血の予防に効果があるビタミンB12とは?

ビタミンB12は、水溶性のビタミンB群の一種です。

ミネラルの一種のコバルトを含み、赤色をしているため、

コバラミンや赤いビタミンとも呼ばれます。

また、赤血球の生成を行う際に働くことから「造血のビタミン」

とも呼ばれます。


ビタミンB12には、メチルコバラミン、シアノコバラミン、

アデノシルコバラミン、ヒドロキソコバラミンの種類が

あります。


メチルコバラミンは、ビタミンB12の活性型と言われ、

末梢神経障害や糖尿病性神経障害の治療、筋萎縮性

側索硬化症の初期治療にも活用されているようです。


シアノコバラミンは、赤色をしているため赤いビタミンと

呼ばれています。

アデノシルコバラミンは、ビタミンB12の活性型と言われ、

ビタミンB12の補酵素型だと言われています。


ヒドロキソコバラミンは、ビタミンB12の天然の形だと言われています。

人間の身体の中で発見されたことはありませんが、身体の中に

取り込むことで補酵素として変換されると言われています。


ビタミンB12は人間が生きていく上では必要不可欠なビタミンです。

積極的に摂取することで様々な健康効果が期待できるといわれています。

ビタミンB12の過剰摂取は、がんの発生率がアップしてしまう

可能性があるようです。

毎日摂取量に気を付けて摂取しましょう。

 

ビタミンB12は、「貧血の予防する効果」「睡眠を促す効果」

「肩こりや腰痛の改善」「脳梗塞の予防」「動脈硬化や心臓病の予防」

「アルツハイマー型認知症の予防」「肌に潤いやツヤを与える」

効果があります。


ビタミンB12は、かつお、さんま、のり、すじこ、貝類、レバー、

チーズ、もやし、味噌や納豆の発酵食品などに含まれています。

また、野菜中心の食事(ベジタリアン)の人はビタミンB12が

不足しやすくなります。

 

ビタミンB12が欠乏によって起こる代表的な症状は、

悪性貧血です。

悪性貧血は、鉄欠乏性貧血など一般的な貧血症状と同じです。

舌が赤く肥大し炎症を起こしたり、めまい、動悸、だるさ、

下痢、息切れ、食欲不振などが見られます。


また、神経系の働きが悪化すると、手足のしびれや痛み、

集中力の低下、物忘れなどの神経障害が起こりますが、

ビタミンB12の投与で回復します。

他にも、ビタミンB12が欠乏すると生活習慣病のリスクを高めます。

 

さまざまなビタミンB1群と同時に摂取すると、ビタミンB12を

効果的に摂取ことができます。

食事から摂取することができない場合は、サプリメントを

活用しましょう。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

疲労回復効果があるビタミンB1とは?

ビタミンB1は、水溶性のビタミンB群の一種でチアミンとも

呼ばれています。

疲労回復のビタミンとも呼ばれているほど「疲労回復効果」

「神経機能を正常に保つ効果」があります。


ビタミンB1は、穀物の胚芽に豊富に含まれており、白米を

主食にしている日本人にとって重要なビタミンです。

米の場合は精米をした時に出る米ぬかに多く含まれています。


精白米や小麦粉の代わりに、玄米や全粒粉を使うとビタミンB1を

効率良く摂取することができます。

他にも玄米、胚芽精米、小麦胚芽、豚肉、レバー、うなぎのかばやき、

かつお、にんにく、卵、大豆、ピーナッツ、米ぬか、酵母 (ビール酵母)など

オートミールなど未精製のものに含まれています。


しかし、米や小麦の胚芽は、精白米の精製度が高いほど

ビタミンB1が減ります。

また、精白米を水でとぐと水道水に含まれる塩素によって減少します。

米はとぎすぎないように注意しましょう。

また、熱にも弱く30〜50%のビタミンB1が失われます。

 

ビタミンB1が欠乏すると集中力の低下、イライラなどの

症状が起こります。

慢性的に不足して脳の中枢神経に障害が起こった場合、

ウェルニッケ脳症になります。

 

ウェルニッケ脳症の特徴とは、眼球の運動麻痺、意識障害などが特徴です。

進行すると昏睡に陥り、さらに重症になるとコルサコフ症という精神病になります。

アルコール依存症の人に起こりやすいといわれています。

 

また、慢性的に不足し、末梢神経に障害が起こった場合は、

脚気という多発神経炎になります。

初期の症状は、食欲不振や疲労感です。

進行すると手足のしびれ、むくみ、動悸などの症状が見られます。

重症になると、心不全を起こして死に至ることもあります。

 

お菓子、清涼飲料水を大量に摂ったり、偏った食生活、タバコ、

お酒がビタミンB1の不足を招く原因の一つです。

食事から摂る場合の過剰症は知られていません。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

免疫力アップの効果があるビタミンA(β-カロテン)とは?

ビタミンAは、油脂に溶ける脂溶性のビタミンの一種です。

体内でビタミンAに変わる天然色素の一種であるカロテノイドは、

プロビタミンAと呼ばれています。


カロテノイドの一種であるカロテンは、主にα-カロテンとβ-カロテンの

2種類に分けられます。

野菜に含まれるカロテンのほとんどがβ-カロテンです。

カロテンは、体内で必要量に応じてビタミンAとなり同じ働きをします。


ビタミンAは「目の健康維持」「皮膚や粘膜の免疫力の向上」「夜盲症予防」

「抗酸化作用」「動脈硬化を予防する効果」ガンを予防および抑制する効果

があります。

 

ビタミンAは、肉類、鶏レバー、豚レバー、魚介類、あんこうの肝、銀だら、

ウナギのかば焼き、野菜類:モロヘイヤ、にんじん、しそ、かぼちゃ、

焼のりなどに含まれています。


ビタミンAは脂溶性のため、過剰摂取をすると体内に蓄積されます。

動物性食品に含まれるレチノールは、過剰摂取をすると肝臓に蓄積されて

肝障害などの副作用を起こすおそれがあります。


また、頭痛、吐き気、筋肉痛、疲労感、発疹、脱毛、皮膚の角質化など

多くの不調を引き起こし、悪化すると骨障害、脂肪肝、脳圧亢進症など

にもつながります。

特に、妊娠期または妊娠を希望する女性での過剰摂取は、胎児に

奇形の発生率が高くなります。

 

植物性食品に含まれるカロテンは、体内で必要な量だけビタミンAとなります。

そのため、過剰症の心配はないので安心して食べることができるでしょう。

過剰摂取しても、一時的に肌が黄色っぽくなる程度です。

 

ビタミンAが欠乏すると、目が見えにくくなり夜盲症(鳥目)などが起こります。

夜盲症とは、夜や暗いところで視力が衰え、ものが見えにくくなる病気です。


目の角膜や粘膜がダメージを受けたり、過剰に光をまぶしく感じるなどの

目の不調が起こります。

症状が悪化すると、視力が落ち失明する場合があります。


乳児や幼児で不足すると、目が異常に乾燥する角膜乾燥症が起こります。

成長期で不足すると、成長障害が起こります。


ビタミンAは脂溶性ビタミンなので、油と一緒に摂ると吸収率がアップします。

緑黄色野菜を油で炒めたり、油分の多い胡麻やピーナッツを和えたり、

生の場合はドレッシングをかけるなどして油脂と一緒に摂りましょう。

ただし、熱にはやや弱いです。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

関節痛の改善する効果があるアミノ酸成分「プロリン」とは?

プロリンとは、非必須アミノ酸の一種です。

また、たんぱく質のコラーゲンを構成するため、関節痛を改善する効果」

「美肌効果」「脂肪を燃焼させる効果」など様々な効果が期待されています。

 

プロリンが多く含まれる食品は、動物性のゼラチン質や牛乳、小麦粉の

グルテン質や大豆、豚肉、ゼリー、マシュマロ、湯葉、高野豆腐 、焼き麩

などです。

ラクダのコブや豚などのゼラチン質にも多く含まれています。

 

プロリンの過剰摂取は、副作用が確認されていません。

そのため、多少摂りすぎても影響はないと考えられています。

しかし、1種類のアミノ酸を1日に10g以上摂取すると、ショック症状を

引き起こす危険性があるといわれています。

偏った摂取には注意が必要です。

 

アスパラギン酸が欠乏すると、コラーゲンの合成量が減少してしまいます。

膝や腰の関節に痛みを感じやすくなるなど体に悪い影響が出る場合があります。

他にも、皮膚にできた傷の治りが遅くなったり、肌の老化を促進させる

原因にもなります。

関節痛でお悩みの方、肥満を防ぎたい方、美肌を目指す方にオススメです。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

疲労回復の効果があるアミノ酸成分「アスパラギン酸」とは?

アミノ酸の一種であるアスパラギン酸は、 非必須アミノ酸です。

アスパラギン酸は、「疲労回復効果」「体調を整える効果」

「アンモニアを解毒する作用」「スキンケア効果」があります。

野菜のアスパラガスから発見されたことから名称が付けられました。

 

アスパラギン酸は、疲労回復効果があることから多くの栄養

ドリンクに利用されています。

他にも、人工甘味料アスパルテーム、医療薬、化粧品など、

様々な用途で利用されています。


アスパラギン酸を含む食品は、アスパラガ、さとうきび、こんぶ、

豚肉、鶏肉、牛肉などの肉類や、大豆もやしなどの豆類に

多く含まれています。

特に、大豆および大豆製品に多く含まれます。

ただし、熱に弱いため調理の際は加熱しすぎないよう注意が必要です。


また、アスパラギン酸はアルコールの代謝を阻害するため、お酒や

アルコールを飲む場合は避けた方が良いでしょう。


アスパラギン酸は、過剰摂取による健康への被害はないとされています。

アスパラギン酸が欠乏すると、体が疲れやすくなります。

アスパラギン酸との因果関係は不明ですが、米国では人工甘味料アスパル

テームの大量摂取による頭痛が報告されたそうです。


疲れやすい方や体内の毒素を排出したい方、美肌を目指している方に

オススメです。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

食欲を抑制するアミノ酸成分「ヒスチジン」とは?

アミノ酸成分ヒスチジンは必須アミノ酸のひとつです。

ヒスチジンは子供の成長ホルモン分泌を促進する働きがあり、

特に乳幼児の成長に欠かせない栄養として知られています。

大人になると体内で合成出来る性質があります。


ヒスチジンの主な効果は「成長促進」「慢性関節炎を緩和する効果」

「神経機能の補助」「食欲の抑制」「脂肪燃焼効果」などです。


ヒスチジンは体内に入ると、酵素によってヒスタミンを合成します。

このヒスタミンは、貧血の治療や血圧を下げる効果で注目されていました。

しかし、最近ダイエットにも効果があることが分かったのです。


脳内のヒスタミン量が減ると食欲が増し、反対に増えると食欲を抑制

する効果があります。

また、脂肪細胞内の交感神経を刺激するため、脂肪燃焼効果もあります。

この2つの効果がダイエットの味方となってくれるのです。

 

ヒスチジンは、サバ・イワシ・サンマなどの青魚に多く含まれています。

特にサバはヒスチジンの含有量が多いです。

缶詰などではなく、生のままか出汁にするのが理想的です。

サバアレルギーの人は、ヒスチジンを含む鶏肉やチーズなどの食品で

摂取するようにしましょう。

 

また、ヒスチジンはサプリメントで取り入れることも可能です。

ただし、過剰摂取は禁物です。

ヒスタミンはアレルギー症状を起こしやすく、強いかゆみやじんましんといった

副作用や、ひどい場合ではショック症状が出ることもありますので、事前に

医師と相談するようにしましょう。


《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

やる気が出るアミノ酸成分「チロシン」とは?

アミノ酸成分チロシンは、フェニルアラニンという必須アミノ酸から作られます。

脳や神経が正常に働くために必要不可欠なアミノ酸です。

チロシンは、やる気のホルモン「ドーパミン」と、意欲・怒りのホルモン

「ノルアドレナリン」の原料となり、脳機能を活性化させる働きがあります。

 

チロシンはやる気を増やしますが、人によっては興奮状態になったり、

イライラ、怒りっぽくなったりする症状がでる場合もあります。

これらのような症状を落ち着けるのが「SAMe」 や「ロディオラ」の

セロトニンを増加させるサプリメントと飲み合わせるといいです。

人によって動悸・めまいを起す場合があります。

 

チロシンは、「やる気の消失の改善」「無気力」「疲労」「睡眠の過多」

「食欲や代謝をコントロール」「パーキンソン病の予防と回復に効果」

「うつ病」「痴ほう症」「細胞の老化を抑制」「高コレステロール改善する作用」

を改善する効果があります。


チロシンは、大豆、チーズ、乳製品、たらこ、かつお節、たけのこ、バナナ、

アボガド、ごま、落花生、アーモンドなどに多く含まれています。


チロシンの過剰摂取は、栄養のバランスがくずれ、発達中の子供の

脳の発達に悪影響をあたえます。

また、腎臓に負担をかける恐れがありますので、腎臓病や肝臓が

悪い人は注意が必要です。


チロシンはノルアドレナリンの量を増やすので、血圧が上がる可能性があります。

高血圧の人は注意しましょう。

チロシンの不足すると、代謝機能の衰えや低体温、無気力状態を引き起こします。


食事のときに、チロシンを脳に多く取り込ませるには糖質と一緒に

とることが重要です。

食事後にとると、食事に含まれるたんぱく質がチロシンの吸収を

妨げてしまいます。

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

記憶力を高めるアミノ酸成分「フェニルアラニン」とは?

フェニルアラニンとは、食事からとる必要のある必須アミノ酸です。

たんぱく質の構成材料となるほか、脳と神経細胞間の信号を伝達する

役割を持つ神経伝達物質として働きます。


また、肝臓でチロシンに変換され、興奮性の神経伝達物質カテコールアミン

(ドーパミン・ノルアドレナリン・アドレナリン)をつくり出し高揚させます。

「血圧を上げる作用」「記憶力を高める効果」「鎮痛効果」「皮膚疾患への効果」

があります。


フェニルアラニンは、肉類や魚介類、大豆などの大豆製品、卵やチーズの乳製品、

脱脂粉乳、小麦(強力粉)、高野豆腐、白花豆、アーモンド、落花生、かぼちゃ、

じゃがいも、ごまなどに含まれています。

 

他にも、人工甘味料であるアステルパームは、フェニルアラニンや

アスパラギン酸を原料として生成されています。

アステルパーム配合の清涼飲料水や菓子などからも摂取できます。


フェニルアラニンの適量摂取は、外傷、骨関節炎、慢性関節リウマチ、

腰痛、片頭痛、神経痛、筋肉の痙攣、手術後の痛みなど慢性的な痛みを

軽減させます。

また、うつ病などの解消を促してくれます。

痛みを抑える効果があり鎮静剤として医療現場で利用されています。


フェニルアラニンは、一般的には安全な物質とされているので、過剰摂取

危険度は低いとされています。

しかし、フェニルアラニンには血圧を上昇させる作用があります。

そのため、高血圧を招き、心臓病などのリスクを高める恐れがあります。


特に妊娠中・授乳中の女性、皮膚ガン、フェニルケトン尿症の人には

適していません。

高血圧、心臓病の人も医師に相談する必要があります。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

アレルギー・うつ病を抑制するアミノ酸成分「メチオニン」とは?

ニンニクを豊富に使ったビーフステーキは、メチオニンの摂取に向いた食品です。

豆腐やほうれん草を入れた鍋や、しらす干しを納豆に混ぜたものを食べて

栄養バランスよく摂取しましょう。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

育毛効果があるアミノ酸成分「リジン」とは?

リジンとは、体内で作ることができない必須アミノ酸のひとつです。

リジンは牛乳から発見されたアミノ酸で、体のたんぱく質の組み立てに

必要不可欠なアミノ酸の一種です。


リジンは、「髪の健康を保つ効果」「育毛効果」があります。

他にも、「疲労回復効果」「集中力を高める効果」「カルシウムなどの吸収を

促進」「肝機能を高める効果」「単純疱疹(ヘルペス)を予防・改善する効果」

「脳卒中の発症を抑制する効果」があります。

 

鶏肉などの動物性たんぱく質、魚介類、牛乳やチーズなどの乳製品、

納豆や豆腐などの大豆製品、豆類に多く含まれています。

動物性たんぱく質を含む食品や豆類などを一緒に食べることで、リジンが

大幅に不足する心配はなく、栄養バランスの良い食事ができます。

 

ベジタリアンの方は、豆類(レンズ豆、豆、エンドウ豆)、大豆製品(豆腐、豆乳)、

コロハ種子、海藻(スピルリナ)、もやし、チーズ(パルメザンチーズ、グリュイエール、

エダム、ゴーダ)、スキムミルクヨーグルト、ドライフルーツ、ビール酵母、トマト、

ニンジン、またはオレンジジュース、フルーツ(梨、アプリコット、マンゴー、バナナ、りんご)、

野菜(カボチャ、豆、ビート、カリフラワー、セロリ)、ナッツ(カシューナッツ、アーモンド、

ブラジルナッツ、クルミ、ピーカン)を食べるといいでしょう。


肉や魚貝類が好きな方は、卵、魚(イワシ、タラ、ヒラメ)、ビーフ、チキン、

ポーク、七面鳥、貝(エビ、カキ)、レバーを食べるといいでしょう。

 

リジンを1日あたり10gのリジンを5日間摂取した場合やサプリメントで摂取を

行なっている場合は過剰摂取が起こりやすく、胃痛や下痢などの腎機能障害や、

胆石形成、血中コレステロール値の上昇を引き起こす恐れがあります。

 

通常の食生活であれば、過剰摂取が起こらないため心配ありません。

妊娠中・授乳中の方はサプリメントでの摂取を控える必要があります。

また、アレルギーのある人や糖尿病、腎臓疾患、肝臓疾患の方には勧められていません。


リジンが不足すると、疲れやすくなったり、集中力の低下、目の充血、

めまいや吐き気、貧血などの症状を引き起こします。

また、肝臓の機能が低下して、血中の飽和脂肪やコレステロールが増加しやすくなります。

一般に、高齢の男性は若い男性と比べてより多くのリジンが必要とされます。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

自然免疫を高めるアミノ酸成分「スレオニン」とは?

スレオニン(トレオニン)は食事からとる必要のある必須アミノ酸です。

人間や動物の成長に関わる成分です。

人間のたんぱく質を構成する20種類のアミノ酸の中で最後に発見されました。


スレオニンは、成長期のお子様の「成長を促進する効果」「肝臓の脂肪が蓄積するのを

抑制する効果」「胃炎を改善する効果」「美肌効果」「髪の潤いを保つ効果」があります。

また、飼料用の穀物に添加され、飼料の栄養価を上げる活用方法もあります。

 

スレオニンは、糖原性と呼ばれる性質を持ちます。

体内でグルコースを生成する際の材料にもなり得るアミノ酸です。

グルコースは、人間が生きる上で必要なエネルギー源で、体を動かしたり、

脳の栄養素となり、自然免疫を高めます。

スレオニンは医薬品としても使用されることがあります。


また、コラーゲンを合成する際の材料として使用されます。

そのため、肌のハリを保つ効果があります。


スレオニンを含む食品は、鶏肉や七面鳥、卵、ゼラチンなどの動物性

たんぱく質、さつまいも、栗など含まれています。

そのため、主に野菜や穀物を食べるベジタリアンの方は不足しがちです。

スレオニンを効率的に摂取するには、焼き魚よりも煮魚のほうが良いです。

煮魚には、骨から溶けだしたゼラチン質からもスレオニンを摂取できるからです。

 

スレオニンを過剰に摂取した場合は、胃腸障害や頭痛になるといわれていますが、

日常の食事では、基本的に過剰になる心配はないといわれています。

スレオニンが不足すると、食欲不振や貧血、体重の減少などを引き起こします。

 

トレオニンの摂取量の目安は、1日当たり体重1kgに対して15mgとなっています。

つまり、自分の体重が60kgであれば900mgの摂取が必要となります。

普段の生活では不足しがちなお米と一緒にバランス良くアミノ酸を摂取していきましょう。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

肌の潤いを保つ効果があるアミノ酸成分「セリン」とは?

セリンとは、体内で作ることができる非必須アミノ酸の一種です。

肌の潤いを保つ効果があるので、美肌・美白効果があります。

セリンは肌の角質に存在します。

 

肌の水分を保つ天然保湿成分として、化粧品にも配合されています。

また、シミやそばかすの原因となるメラニンの形成を抑制するため、

美白にも効果的な成分です。


また、脳を構成する神経細胞の材料となるため、健康な脳を維持する働きを持ちます。

アルツハイマーの予防する効果などで注目されており、脳にとって重要な成分です。

記憶力が気になる方にオススメです。

 

また、睡眠を促す効果もあります。

睡眠に問題を抱えている人が毎日就寝前にセリンを摂取したところ、

夜中や早朝に目が覚める、目覚めた時の頭のスッキリ感、熟眠感が

得られたのです。

 

セリンは、牛乳や大豆、イクラ、高野豆腐、海苔、かつお節に多く含まれます。

眠れない時にホットミルクを飲むと良いといわれるのは、牛乳に質の良い睡眠を

もたらすセリンが含まれているからです。

 

セリンは過剰に摂取しても蓄積されることはないといわれています。

セリンが不足すると、肌荒れやしわの原因、認知症やアルツハイマー病が

進行する恐れがあります。

セリンを摂取して悩みを解消しましょう。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

神経の働きを向上させるアミノ酸成分「イソロイシン」とは?

運動能力とは、走,跳,投,泳などの運動を代表する能力のころです。

これは、反応速度や判断力や運動能力の高さを司る神経の働きに左右されます。

必須アミノ酸であるイソロイシンは、神経の働きを向上させてくれます。

 

イソロイシンは分岐鎖アミノ酸(BCAA)の一つでもあり、「筋肉や身体の成長促進」

「神経の働きの補助作用」「血管拡張効果」「肝機能向上効果」があります。

また、イソロイシンは身体を作るだけでなく筋肉を動かすエネルギー源と

しても作用します。

 

イソロイシンを過剰摂取すると、他のBCAAであるバリン・ロイシンとのバランスが

崩れてしまい、体重減少、ブドウ糖の代謝、アンモニア排出を阻害してしまいます。

逆にイソロイシンが不足すると、筋肉を動かすエネルギー源の不足になり、

筋肉の減少が発生します。


イソロイシンは、肉・魚・野菜・豆類・穀類・乳製品などのたんぱく質を含有する

食品に含まれています。

特に多く含んでいる食品には、子牛肉・鶏肉・鮭・牛乳・プロセスチーズなどです。

神経の働きを向上させて運動能力を高めていきましょう。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

筋肉を育てて強化するアミノ酸成分「バリン」とは?

必須アミノ酸であるバリンは、筋肉を育てて強化する役割を果たします。

筋肉を育てて鍛えるのは、老若男女問わず健康的な生活を送る上で

重要なことです。

 

バリン・ロイシン・イソロイシンと合わせて「分岐鎖アミノ酸(BACC)」と呼ばれています。

これら3種類のアミノ酸は、筋肉のエネルギー源として利用されやすい性質を持っています。

特に、ロイシンは筋肉がつくのを助け、筋肉を失わせないようにする性質を持っています。


バリンは、血液の中にある窒素のバランスを調整する効果があります。

また「筋肉を修復する効果」「肝硬変を改善する効果」「疲労回復効果」

「運動能力を維持する効果」「美肌効果」「食欲不振の改善」があります。

 

バリンを過剰摂取すると、体重減少を伴いアミノ酸のバランスが崩れる原因になります。

また、機能低下や免疫機能の低下、体調の低下などを引き起こしやすくなります。

 

バリンを多く含む食品は、レバーや子牛肉などの肉類、脱脂粉乳、プロセスチーズ、

落花生、レンズマメなどです。

バリンを摂取する際には、他のBACCであるロイシン・イソロイシンもバランス

よく摂取することが重要です。

 

老化や運動不足で筋肉が衰えると腰や膝などに関節痛を引き起こします。

そうなると、日常生活を困難にしてしまう恐れがあります。

バリンを摂取して筋肉を育てていきましょう。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg