肉を食べてリバウンドしないダイエットをしましょう。

こんにちは。受付の松下です。

 

今回は、肉の栄養・効能効果・免疫力UP法についてご紹介致します。

今や、モデルや女優の間では、美しくバランスの取れたボディラインを

維持するために肉だけ食べるダイエットが流行っています。

 

肉は、燃焼系の身体を作る為に必要不可欠であり、肉を食べることが

リバウンドしないダイエットと言われているほどです。

肉であれば何でもいいわけではありません。

脂肪の少ないヒレ肉を選び、サーロインを食べる事は避けましょう。

 

サーロイン

 リブロースとももの間の部位のお肉のことです。

肉質はキメ細やかで、サシの入り方も適度でやわらかく、コク深い風味を味わえます。

サーロインのオススメの食べ方は、「ステーキ」「ローストビーフ」です。

栄養:L-カルニチン

 

牛肉・ヒレ

 ロースと背肉の内側にある筒状の肉のことです。

肉の中では低脂肪・高タンパクで、ロース肉と比べ、鉄分が多いです。

脂質は0ではありませんので食べすぎには注意しましょう。

牛肉・ヒレのオススメの食べ方は、「牛ヒレ肉のステーキ」「ベーコンを巻いて焼く」です。

薬効:滋養強壮 疲労回復 貧血予防

栄養:タンパク質、鉄(ヘム鉄)、ビタミンB1

 

牛肉・ロース

 牛の背中の肉を牛ロース、肩から背にかけて順に肩ロース、

リブロース、サーロインといいます。

ロースは牛の品種によって脂肪量がずいぶん違い、乳用の

雄牛や子牛であれば脂肪も少ないので、ステーキで食べても

それほど気にしなくても大丈夫です。

牛ロースに多い脂肪は、体内で酸化すると悪玉コレステロールを

つくる素になるので、抗酸化力の高い香辛料や薬味と合わせましょう。

牛ロース肉のオススメの食べ方は、「牛のヘルシーしゃぶしゃぶ」です。

薬効:滋養強壮 疲労回復 

栄養:タンパク質、脂質

 

まだまだ寒いですが、夏に向けて、肉を食べて身体の脂肪を燃焼させましょう。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

子どもに多い皮膚病「アトピー性皮膚病」

こんにちは。受付の松下です。

 

今回は、子どもに多い皮膚病についてご紹介致します。

子どもの皮膚はきめ細かく弾力性に富み、スベスベしてとてもきれいですが、

とてもデリケートなため、いろいろな刺激で容易に皮膚のトラブルが起きます。

 

皮膚の潤いは、水分を保持する「角質層」と水分の蒸発を防ぐ「皮膚膜」の

二つの機能が正常に機能することで保たれています。

そしてこれらは、外からの細菌、ホコリ、花粉、化学物質などの刺激物が、

皮膚内部に侵入するのを防ぐ働きもしています。

 

アトピー性皮膚病は、アレルギー性の皮膚炎です。

皮膚の乾燥とかゆみのある湿疹が、慢性的に続き、良くなったり

悪くなったりを繰り返すのが特徴です。

強いかゆみを伴うため、子どもは我慢できずに湿疹をかきむしってしまうと、

さらに症状が悪化してしまいます。

 

アレルギー体質がかかわっている場合も少なくありませんが、

すべての子どもがなるわけではありません。

 

子どもの皮膚

大人に比べると薄くて水分保持力が低く、皮脂分泌量が

少ないため、バリア機能も不完全です。

スベスベしているように見えても、実は乾燥しやすく

トラブルを起こしやすい状態です。

そのため、健康な皮膚には何でもない刺激にも反応し、

炎症やかゆみが起きてしまいます。

体質に加え、皮膚の乾燥、食べ物、汗や汚れによる刺激、

ダニ、ハウスダストなどが加わる発症します。

発症しやすい部位は、まぶた、首、ひじの内側、腰部、

でん部、ひざの内側です。

 

アトピー性皮膚病の症状

○皮膚が乾燥し白っぽく粉を吹いたように見える。

○赤く小さな湿疹が見える。

○皮膚がただれてジクジクする。

○皮膚が硬くゴワゴワしてくる。

 

アトピー性皮膚病の対処法

●塗り薬を中心に行い、ステロイド外用薬、白色ワセリン、

 保湿薬を症状と部位により使い分ける。

●かゆみが強いときは、飲み薬が処方されることもある。

●日常生活でのホームケアでは、ダニやハウスダストなどの

 原因を取り除くために、こまめに掃除をする。

●お風呂上がりに皮膚の乾燥を防ぐクリームや

 ローションなどでスキンケアをするのも重要。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

子どもに多い皮膚病「おむつかぶれ」「カンジダ性皮膚炎」

こんにちは。受付の松下です。

子どもに多い皮膚病についてご紹介致します。

 

おむつかぶれ

おむつを当てている部分が炎症を起こして、真っ赤にただれてしまいます。

ひどくなると赤いブツブツができ、重症になると、水疱ができて

皮膚がむけ、ジュクジュクしてきます。

うんちが柔らかく、おしっこの回数が多い低月齢の赤ちゃんや、

おむつのなかが蒸れやすい夏に多い皮膚トラブルです。

下痢のときは、うんちがおむつのなかで広がるので、かぶれやすくなります。

 

おむつかぶれの対処法

●おむつ替えのときは、やさしく風を当てたり、乾いた

 ガーゼで押さえて湿り気を吸い取ると良い。

●おむつをこまめに替えて、お尻を清潔に保つように心がける。

●下痢のときは、よく洗い流し、より清潔に保つことが大切。

●おむつかぶれが治らない場合は、カビの一種である

 カンジダ菌が原因の可能性がある。

 

カンジダ性皮膚炎

カンジダ菌とは、普段から口のなかや陰部、皮膚の表面などに

存在している常在菌です。

カンジダ菌というカビの一種に感染して、皮膚に炎症が起こる病気で、

湿度の高い梅雨や夏場によく起こります。

おむつかぶれの症状に似ているため、区別することが難しいです。

 

カンジダ性皮膚炎の対処法

●小児の場合、抗真菌薬を炎症部分に塗る。

●こまめにおむつを交換して、お尻を清潔に保つことが大切。

●なかなか治らないと感じたら医師、薬剤師に相談しましょう。

 

※ステロイド入り外用薬を使うと悪化するので注意が必要です。

 

夏と冬のスキンケア

夏(汗・紫外線対策)

●シャワーで汗を洗い流す。

●虫に刺されたら、かゆみ止めを塗る。

●帽子をかぶる、日焼け止めクリームを塗る。

 

冬(乾燥対策)

●外出後、お風呂上がり、手を洗ったあと、保湿剤をこまめに塗る。

●加湿をする。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

子どもに多い皮膚病「虫刺され」「とびひ」「水いぼ」

こんにちは。受付の松下です。

子どもに多い皮膚病についてご紹介致します。

 

虫刺され

手、足、顔などを蚊などの虫に刺されると、あとで赤く腫れ、

腫れが3、4日続くことがあります。

ひどいときには熱をもつこともあります。

ハチに繰り返し刺されたときは、ショック症状が出る場合がありますので、

少しでも不安がある場合は、救急車を呼んで医療機関を受診しましょう。

 

虫刺されの対処法

●患部を冷やす。

●ステロイド入りの外用薬や抗ヒスタミン剤入りのかゆみ止めを塗る。

 

とびひ

細菌が皮膚に感染して、強いかゆみを伴う水疱やかさぶたができます。

手でかきまわすと、汁のなかの菌が次々にほかの場所に

「飛び火」して、症状が全身に広がる病気です。

 

とびひの対処法

●水疱が破れたあとは、ただれやかさぶたになり、自然に治る。

●抗菌薬と、かゆみを抑えるステロイド配合薬が有効。

 

とびひの感染を防ぐ方法

完全に良くなるまでタオルの共用はやめ、他の部分にうつらないように、

何度も石けんで手洗いしましょう。

爪は短く切り、清潔を心掛けましょう。

 

水いぼ

ウイルスによる感染で起こる「いぼ」の一種です。

直径1〜3mm程度で白いポツポツを含み、表面は滑らかで

痛みやかゆみがないのが特徴です。

全身、脇の下などこすれやすいところに広がります。

 

水いぼの対処法

●数が少ないうちに医療機関を受診するように。

●白い粥状の内容物を、周囲に付けないように注意して

 ピンセットで一つひとつ取り除き、消毒をする。

 

水いぼの感染を防ぐ方法

完全に良くなるまでタオルの共用はやめましょう。

水いぼのウイルスが付いたタオルを使うと、家族にうつってしまうことがあります。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

子どもに多い皮膚病「接触性皮膚炎」「じんましん」「脂漏性湿疹」

こんにちは。受付の松下です。

子どもに多い皮膚病についてご紹介致します。

 

接触性皮膚炎

植物、化学物質など原因はさまざまですが、特定の物質に触れた

部分の皮膚がかゆくなったり、水疱ができたりする「かぶれ」のことです。

赤ちゃんの口の周りによごれが付いて、ほっぺたにブツブツができたり、

首のところがただれたりします。

金属類(おもちゃ・ボタン)や食べ物、草や粘土、衣類などでかぶれることもあります。

 

接触性皮膚炎の対処法

●病院でパッチテスト検査で原因物質が分かることもある。

●かぶれの原因が分かったら、接触しないことが大切。

●原因物質に触れた場合は、触れた部分をよく洗い流し、

 かゆみ止めの軟膏を塗る。

 

じんましん

強いかゆみを伴い、皮膚の浅い層にさまざまな大きさの部分的な

むくみやブツブツ、赤みが現われるのが特徴です。

 

急性じんましん

食べ物に反応する食物性じんましんや、医薬品などで起こる

薬剤性じんましんがあり、比較的短時間で症状が消えます。

 

慢性じんましん

毎日食べる食品に含まれる添加物や、寒さ、温かさ、動物、化粧品、

感染などによるものがあり、1ヵ月以上症状が続きます。

 

じんましんの対処法

●原因物質が分かる場合は、取り除くことが大切。

●かゆみが強いときは、冷たいタオルなどで冷やすと楽になる。

 

脂漏性湿疹

皮脂がたくさん分泌されるため、頭、顔、まゆ毛などに黄色っぽいフケのような

ものができ、固まってかさぶたになったり、赤くなってジクジクしたりします。

 

乳児脂漏性湿疹

成長とともに自然に改善するケースが多いです。

 

脂漏性湿疹の対処法

●かゆみやかさぶたがあるときは医療機関を受診するように。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

子どもに多い皮膚病「あせも」「アタマジラミ」「子どものニキビ」「やけどの応急処置」

こんにちは。受付の松下です。

子どもに多い皮膚病についてご紹介致します。

 

あせも

夏場や、冬場の暖房が強い部屋、締め切った車内など

汗をかく季節・環境にいるときに起こりやすいです。

子どもは体温が高く、新陳代謝が活発なため汗をたくさんかきます。

その汗が多すぎて、汗の腺の出口が詰まってしまい、炎症を起こし、

頭や額、首、わきの下など汗のたまりやすいところに、赤色の

細かいかゆみのあるブツブツができます。

 

あせもの対処法

●汗を洗い流し、涼しい環境におくこと。

●症状がひどいときはステロイド軟膏など炎症を抑える薬を塗る。

 

アタマジラミ

感染は集団生活の幼稚園児から小学生に多く、かゆみの

症状には個人差があります。

感染経路は、帽子、くし、タオルなど頭髪と頭髪の直接接触に

よるものを共有することで感染するケースが一般的です。

 

アタマジラミの対処法

●着衣、シーツ、枕カバー、帽子等は温水(55℃以上)に

 10分間ほど漬け、清潔に洗濯をする。

●頭髪を短くしてアタマジラミが生息できない環境にすることが一番。

●すきぐしなどで丁寧に卵を除去してあげると効果的。

●市販の駆除用シャンプーで駆除する。

●早期発見、早期駆除が大切。

 

子どものニキビ

小学生のニキビは、思春期の始まりです。

額を中心に出てきますが、適切な対応をすることで、

あとが残らないことが多いです。

過度な洗顔は、皮脂を取り除きすぎるため、かえって

ニキビを悪化させる原因になります。

 

子どものニキビの対処法

●石けんをよく泡立てて、こすらずに洗い、

 十分に洗い流すことが大切。

●皮脂による毛穴のつまりをなくす。

●肌を健康な状態に保つ。

●ビタミンBを多く摂る。

 

やけどの応急処置

●冷たい水で十分に冷やすことが大切。

●水ぶくれはつぶさないようにする。

●衣服を着ている部分にやけどを負った場合は、

 衣服を着たまま流水で冷やす。

●身体を冷やすときは、体温の低下を防ぐために、

 清潔なタオルやシーツなどで覆う。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg