老人のリハビリテーションについて!

老人のリハビリテーションも一般に対するリハビリテーションと根本的な違いはないが、対象となる老人やその疾患の特徴、社会的背景などについて十分な知識をもち対処しなければならない。 a,老化現象 老人の特徴としてまず老化があげられる。老化は加齢現象ともいわれ、生理的老化と病的老化に分けられる。前者は理想的な環境で起こるもの、後者は病気やストレスなどにより起こるものであるが、両者を厳密に区別することはむずかしい、老化の特徴として以下の4つがあげられるている。 1・普遍性老人のリハビリテーション2.gif 2・内在性 3・進行性 4・有害性 普遍性とは老化はすべての生物に存在するということであり、老化によりやがて死に至るあわけである。しかし寿命は種により差があり、また同一種ではだいたい一定である。 したがってその生物のもつ寿命は内的な因子により決めらているというのが内在性というこである。 老化は常に進行し逆戻りはしない。すなわち進行生であり、それにより起こる機能の低下は生きていく上で有害である。これにより死に至ることになるが、老化の機序はいまだ解明されていない。 老人は外見からも明らかな特徴がある。髪が白くなったり、皮膚の脂気がなくなり、しみやしわ増え、背中が丸くなり、身長も低くなる。このような老化は外的老化現象といわれ、直接生命にかかわるような問題にはならない、しかし、体の内部で起こる各臓器の重さや大きさの減少、臓器の細胞数の減少、また臓器の生理機能の低下など内的老化現象は生命の維持に直接関係するものなので、このことをよく理解しておく必要がある。ショックによる生理機能の年齢による推移で示されているように、各機能は年齢とともに直接関係するものなので、このことをよく理解しておく必要がある。ショックによる生理機能の年齢による推移で示されているように、各機能は年齢とともに直接的に低下老人のリハビリテーション3.jpgし、一般的に70歳になると30歳のときの半分程度となる。このことは、若年者は安静時には自分のもっている機能の1/2から1/3t程度を使っているにすぎないが、高齢者も若年者もあまり違いはないが、何か大きな負担がかかったときには、それに対処する予備能力がないことを意味している。 また外界や環境の変化に対する適応力も加齢とともに低下してくる。 このような予備力の低下、適応力の低下も老人の特徴である。また機能低下は臓器により差があること、各個人の既往歴や私生歴などにより個人差があること、同一個人においてもk各機能の低下は一様でないことにも注意する必要がある。

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

症状について又は治療内容などお電話にてお気軽にご相談ください!

072-49電話4-2203

大阪府泉南郡 岬町淡輪にある鍼灸整骨院です。

肩こり腰痛膝(ひざ)痛骨盤矯正冷え性捻挫寝違い

スポーツ障害美容鍼灸顎関節症四十肩ぎっくり腰

坐骨神経痛股関節痛めまい高血圧頭痛

耳つぼ花粉症眼精疲労治療できます。

 

交通事故も受付けています。 土曜日も診療してます

はびまん性間質性肺炎などがある。

 

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg