体を若々しく保つ効果があるコンドロイチンとは?

コンドロイチンの正式名称は「コンドロイチン硫酸ナトリウム」です。

もともと人間の体の中に存在している成分です。

軟骨、目の角膜、骨、各臓器、皮膚などに分布しています。


 しかし、体内で生成されるコンドロイチンの量が加齢とともに減少します。

60歳を過ぎると20歳代の頃の約4分の1にまで減少します。

不足すると関節痛や腰痛の原因など様々な老化現象が起こります。


コンドロイチンは、主にサメ軟骨から抽出される多糖類の一種です。

納豆、山芋、おくら、なめこ、海藻、ふかひれ、ツバメの巣、すっぽん、

うなぎにも含まれています。


しかし、食物から必要量を摂取することは難しいので、サプリメントで

摂ることが大切です。

また、グルコサミンと同時に摂ることにより、相乗効果が期待できます。


コンドロイチンは「関節痛を改善する効果」「目の健康に働きかける効果」

「高血圧・動脈硬化を予防する効果」「腎疾患を改善する効果」

「骨粗しょう症を予防・改善する効果」「体を若々しく保つ効果」

「美肌効果、髪や爪に対する効果」「アンチエイジング効果」があります。

 

膝痛、関節痛、変形関節症の方、コレステロール値が気になる方 、

骨粗しょう症を予防したい方、ドライアイでお悩みの方などにおすすめです。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg