冷え性や低体温の方に効果があるヘスペリジンとは?

ヘスペリジンは、ビタミンPとも呼ばれるポリフェノールの一種です。

青みかん、みかん、レモンなどの柑橘類、さくらんぼ(チェリー)に含まれています。

特に、青みかんなどの柑橘類の皮やすじに多く含まれている栄養素です。

 

ヘスペリジンは、「血流を改善する効果」「高血圧を予防する効果」

「生活習慣病の予防・改善効果」「花粉症を予防する効果」

「骨粗しょう症を予防する効果」があります。


ヘスペリジンは、ビタミンCの吸収を促進する作用も持ちます。

そのため、ビタミンCを効率的に摂取することができます。

また、コラーゲンの生成を促進するので、末梢血管のように細い血管を

丈夫にし、血管の透過性を適度に保つ働きがあります。


冷え性改善によいとされる1日250 mg を摂るためには、

毎日500 ml の果汁を摂り続けなければなりません。

これでは糖分の過剰摂取になるので、サプリメントを

摂るようにするといいでしょう。

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg