白髪対策に効果があるビオチンとは?

ビオチンとは、ビタミンB群の一種で、以前はビタミンB7とも

呼ばれていました。

食品から摂取するほか、腸内細菌によっても合成されます。


ビオチンは、「糖の代謝を助ける効果」「皮膚や粘膜の健康維持を助ける効果」

「髪の毛を健康に保つ効果」「アトピー性皮膚炎を改善する効果

「筋肉痛を和らげる効果」があります。


ビオチンは、牛レバー、魚介類、ヨーグルトなどの乳製品、大豆、ピーナッツなどの

豆類、卵、ほうれん草、グレープフルーツ、カリフラワーなどの野菜類に含まれます。

ビオチンを効率的に摂取するためには、ビオチンと同時にほかのビタミンB群

(ビタミンB1、ビタミンB2、葉酸、パントテン酸など)を一緒に摂るといいでしょう。

 

ビオチンの欠乏症は、湿疹などの皮膚炎、結膜炎、舌炎、知覚過敏、脱毛、

白髪の増加、無気力、疲労感、憂うつ、蒼白、吐き気、運動失調、筋肉痛、

けいれん、緊張低下などが見られます。

ビオチンは、水溶性のため尿中に排泄されるため過剰症はありません。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg