ビタミンKは、骨の健康を保つ効果があります。

ビタミンKは油脂に溶ける脂溶性のビタミンです。

出血を止める働きがあることから「止血のビタミン」とも呼ばれています。

ビタミンKは、大きく分けてビタミンK1(フィロキノン)とビタミンンK2

(メナキノン)の2種類あります。


ビタミンK1は主に植物の葉緑体でつくられています。

ほうれん草などの緑色の濃い葉野菜や海藻類などに多く含まれます。

ビタミンK2は微生物によって作られています。


納豆などの発酵食品や肉類、卵、乳製品などの動物性食品に

含まれています。

また、明日葉、つるむらさき、おかひじき、ほうれん草にも

含まれています。


ビタミンKは、油と一緒に摂ることで吸収量がアップします。

体内ではどちらも「血液を凝固させ止血する効果」「骨の健康を

保つ効果」に働きかけます。

 

ビタミンKが欠乏すると、けがや内出血の際に血液を凝固させ止血

するのに時間がかかったり、鼻血が出やすくなったりします。

また、骨に十分なカルシウムが取り込まれなくなり、骨がもろくなります。

 

しかし、ビタミンKは腸内細菌からもつくられるので欠乏症の心配はありません。

ビタミンKの過剰症の耐容上限量も定められていません。

骨や歯の強化、骨粗しょう症の予防、授乳中の方のおすすめです。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg