ビタミンEの若返り成分で綺麗をキープしましょう。

ビタミンEは、油脂に溶ける脂溶性のビタミンの一つです。

ビタミンEは、血管や肌、細胞などを老化させる活性酸素から体を

守る強い抗酸化作用があります。

抗酸化作用は、血行を促進するなど生活習慣病の予防に効果があり、

「若返りビタミン」とも呼ばれています。


ビタミンEは、トコフェロールとトコトリエノールの2種類に分けられます。

それぞれα (アルファ)、β (ベータ)、γ (ガンマ)、δ (デルタ)-トコフェロールと

α、β、γ、δ-トコトリエノールの8種類があり、これらをビタミンEといいます。

その中でも、代表的なビタミンEのα-トコフェロールは、最も強い活性を持っています。

体内にあるビタミンEの90%を占めています。

 

しかし、ビタミンEは体内では生成されることが出来ません。

体内では、肝臓、脂肪組織、心臓、筋肉、血液、副腎、子宮などの

細胞膜の中に存在します。


そのため、食品から適量に取り入れ続けることが大切です。

適量をとり続けると、「老化を防ぐ効果」「生活習慣病の予防・改善効果」

血流を改善する効果」「美肌効果」「髪の毛の乾燥を防ぐ効果」

「冷え性の改善」があります。

 

また、ビタミンEには、「脳神経を保護する働き」「白内障の進行を

和らげる働き」「生殖機能を維持する効果」「生理不順や生理痛の

予防」があります。


ビタミンEは、アーモンド、落花生、ヘーゼルナッツなどのナッツ類、

ひまわり油、サフラワー油、コーン油、綿実油などの植物油、

うなぎのかばやき、にじます、あゆ、はまちなどの魚介類、

小麦胚芽、モロヘイヤ、かぼちゃ、菜の花、卵に含まれています。


さらに、ビタミンEとビタミンCを同時に摂取することで抗酸化作用が高まります。

また、ビタミンAには、ビタミンEとCの働きを持続させる効果があり、

ビタミンEにはビタミンAの酸化を防ぐ効果があります。

抗酸化の3つの重要なビタミンのため、ビタミンACE(エース)と呼ばれています。


ビタミンEの摂取目安量は一日当たり、成人男性で7mg、成人女性で6.5mgです。

ビタミンEは体内に残りにくいため、過剰摂取はないとされています。

しかし、骨を壊す細胞の働きを活発化するという性質があるため、ビタミンEの

過剰摂取は骨粗しょう症の危険が高まるといわれています。


食べ物からの過剰摂取は難しいですが、高濃度のビタミンEのサプリメント

などの取りすぎに注意しましょう。

ビタミンEを適量に摂取して若返り成分で綺麗をキープしましょう。


《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg