ストレッチグ、ウエートトレーニング、ウォーキング、痩せられるのは?

ストレッチグ、ウエートトレーニング、ウォーキング、痩せられるのは?

ダイエット1.jpg

ストレッチのダイエット効果なし 「ウエストをしぼるストレッチの方法を知りたいのですが・・」

「ぽっこりおなかのやせ方を知りたい。職場も年齢層が高くなり、ちらほらとぽっこりおなかの人が目立つようになりました。仕事の空き時間にできる簡単ストレッチングがあれば教えてください」

 多くの人たちにストレッチングのやり方を教えてきましたが、よきこのようなことを聞かれます。 

しかし、基本的にストレッチングには柔軟性の獲得、血流促進。

リラックスなどの効果がありますがカロリーの消費は少なく体脂肪の燃焼はあまり期待できません。

ストレッチングをエクササイズという枠の中にとらえ、イメージが先行して誤解されているのでしょう。 ダイエットは食事による摂取カロリーの制限が大前提ですが、食事だけで効果でを得るようとすると体脂肪よりも筋肉が減少する割合が高くなり、健康にも体脂肪の減少のおいても良い結果が得られません。場合によってはリバウンドによって逆に体脂肪を増やすことにもなります。

そのため、摂取カロリーの制限と平行して、ウエートトレーニングのような無酸素運動とうをウォーキングやジョギングのような有酸素運動を取り入れることが大事です。 無酸素運動+有酸素運動 まず、ウエートトレーニングのダイエット効果につてですが、これは長期で成果を得られるものととらえてください。ウエートトレーニングで筋肉を増やすと基礎代謝量が増え、痩せやすい身体、そして体脂肪がつきにくい身体を獲得することができます。しかし、筋肉の増量は簡単なことではなく、少なくても4ヶ月が必要なため即効性は望めません。長い目でみた痩せる身体の土台づくりととらえましょう。 反対にウォーキングやジョギングに代表される有酸素運動には、脂肪燃焼の即効性が期待できます。ある一定の脈拍を維持しながら有酸素運動を続けていくと、1520分ぐらいから体脂肪の燃焼の割合が高くなります。すなわち、運動中、そして運動後、しばらくは体脂肪が燃焼してるわけです。ですから、コンテストに出場するような研究まで体脂肪をおとさなければならないボディービルダー減量期間に入ると毎日、様々な有酸素運動を行います。 ダイエットに近道はありません。体脂肪の減少目指すなら、摂取カロリーの制限をしながら、有酸素運動とウエートトレーニングをバランスよく続けていくことが大切なのです。

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

症状について又は治療内容などお電話にてお気軽にご相談ください!

電話072-494-2203

大阪府泉南郡 岬町淡輪にある鍼灸整骨院です。

肩こり腰痛膝(ひざ)痛骨盤矯正冷え性捻挫寝違い

スポーツ障害美容鍼灸顎関節症四十肩ぎっくり腰

坐骨神経痛股関節痛めまい高血圧頭痛

耳つぼ花粉症眼精疲労治療できます。

 

交通事故も受付けています。 土曜日も診療してます

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg