「中休み」を入れた方が脂肪は燃焼する。

 体脂肪を減らすには運動20分以上 ダイエットを成功させるには、ウエートトレーニングと有酸素運動を

バランスよく続けることが大切です。中性脂肪.jpgそしてダイエット本や健康系のテレビ番組などで伝えれているように、体脂肪を落とすことに直接働きかけるのは、有酸素運動です。運動生理学では「運動によって体脂肪を落とすには、低中強度のエアロビクス運動を長時間行う必要がある」といわれてます。 アメリカスポーツ医学位によると、「最大酸素摂取量の4060%の強度の運動を、一般人では最低20分以上、肥満の場合には4560分持続すること」という指針がだされています。 しかしたとえ強度の低い有酸素運動、たとえばウオーキングでも4560分間継続するのは容易ではありません。 定期的に運動してこまかった人は、その時間を聞いただけでダイエットをあきらめる人も多いのではないでしょうか。 

そんな人たちに朗報があります。それは、有酸素運動の途中にインターバルをはさんでも 体脂肪はおちるという研究報告です。 運動持続より「中休み」が効果的 体内で脂肪を分解しエネルギーを得るには、酸素を用いて酸化するしかありません。つまり、運動によって直接体脂肪を減らすには有酸素運動が必要なのです。安静時のエネルギー源の約半分を脂質、残りの約半分が担っていますが、運動の強度が高まると、糖質への依存度が高まります。さらに有酸素運動では、脂質が分解され始めるまでに20分ほどかかるといわれています。つまりあまりに強度が高すぎてもいけないし、あまりに短時間でも効果が期待できないのです。 よいっても長時間はきびしいとういう声に応えてくれたのが、60%VO2maxの運動を1時間行う場合と、20分間の休息をはさんで30分ずつ行場合で、ホルモン応答と脂質代謝がどのように異なるが検証したものです。 その結果、アドレナリン、成長ホルモン、インスリンなどの応答は、運動を分割した方がトータルとして大きくなることがわかりました。 また、血中の脂肪酸とグリセロールも、脂質へのエネルギー依存症も、最終的には運動を分割した場合の方が高く、しかも運動終了後にもしばらく高いレベルが維持されました。 この研究結果は、運動を長く持続するより、「中休み」を入れた方が、脂肪の減量に効果的であることを示唆しています。 おそらく、運動から脂質代謝に至るステップのうち、いくつかは運動を一時停止してもしばらく「オン」の状態にあるたためと推察されます。

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

症状について又は治療内容などお電話にてお気軽にご相談ください!

電話072-494-2203

大阪府泉南郡 岬町淡輪にある鍼灸整骨院です。

肩こり腰痛膝(ひざ)痛骨盤矯正冷え性捻挫寝違い

スポーツ障害美容鍼灸顎関節症四十肩ぎっくり腰

坐骨神経痛股関節痛めまい高血圧頭痛

耳つぼ花粉症眼精疲労治療できます。

 

交通事故も受付けています。 土曜日も診療してます

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg