ストレッチングとは

ストレッチングとは ストレッチとは身体における伸張運動のことで、いわゆる柔軟体操の一種でる。

反動をつけて行う柔軟体操もストレッチングであり、一方、反動をつけずにゆっくり筋肉を伸ばしていく柔軟体操もストレッチングである。 筋肉は筋繊維が集まってできているが筋繊維を過剰に伸ばしたり縮めたりという動きを繰り返すと、本来の長さに戻る性質が失われ、筋肉が短縮したまま硬くなり、筋 腱の炎症、筋断裂などの障害を生じやすくなる。特に、筋肉と骨をつなぐ腱はもともと弾性や伸展性が少ない組織であるため、炎症や断裂を起しやすく、筋肉のアンバランスや硬化した状態では状態では肉離れなどの外傷、そして腰痛などの障害を起こしやすくなる。 スポーツだけではなく、日常生活においても同一姿勢を長時間保つことにより筋肉が過緊張し、柔軟性が低下した状態では肩こりや腰痛などの原因となる。 ストレッチはコンディショニング、リハビリステーション、障害予防などを目的としているが、この背景として、骨格筋の筋緊張のかんわ、関節可動域も増大、末梢循環の促進による疲労物質の除去などの生理学的効果が挙げられる。 ストレッチの効果  

1.外傷、障害を予防する 

 2.血行を促進する 

 3.関節可動域を拡大する 

 4.筋肉の協調性を高める

 5.筋肉の緊張を和らげる 

 6.精神的にリラックスさせ集中力を高める。

2ストレッチ.jpg

ストレッチングの原則

 1.スタティック ストレッチの場合、反動をつけず、ゆっくり行う

 2.呼吸を止めない 

 3.無理に伸ばしすぎない 

 4.ストレッチする筋肉に集中する 

 5.毎日行うことが望ましい 

 6.各個人の柔軟性を重視して、決して競争はさせない 。

スポーツの練習メニューへのストレッチングの組み込み方 

 1.ジョギング 

 2.スタティック ストレッチング 

 3.バリスティック ストレッチ

 4.競技技術練習 

 5.スタティック ストレッチ ストレッチングの役割 競技や練習におけるストレッチングの考え方は、短縮した筋肉を元に戻すことが基本となる。

もし、関節可動域の拡大を最大の目的とするならば、別のタイミングで実施する方が賢明である。関節可動域の拡大としての方法はスタティック ストレッチングを数回に分けて行うと効果的であり、特に入浴後は血流が良いため、より効果的であるといわれている。

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

症状について又は治療内容などお電話にてお気軽にご相談ください!

電話072-494-2203

大阪府泉南郡 岬町淡輪にある鍼灸整骨院です。

肩こり腰痛膝(ひざ)痛骨盤矯正冷え性捻挫寝違い

スポーツ障害美容鍼灸顎関節症四十肩ぎっくり腰

坐骨神経痛股関節痛めまい高血圧頭痛

耳つぼ花粉症眼精疲労治療できます。

 

交通事故も受付けています。 土曜日も診療してます

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg