疲労回復効果と美容効果があるビタミンCとは?

ビタミンCは、抗壊血病因子として発見された水溶性ビタミンの一種です。

科学的にはL-アスコルビン酸をさします。

白色でにおいはなく酸味があります。

 

ビタミンCは、「疲労回復効果」「疲労回復に効果のある栄養素の

吸収を高める効果」副腎の働きを促進」「血流悪化の予防」

「免疫力を高める効果」「ストレスをやわらげる効果」

「白内障の予防や改善効果」「貧血を予防する効果 」

「肌の老化を防ぐ」「シミの予防や改善」「美白・美肌効果」

「キメを整える」「抗炎症作用(にきび予防)」

「紫外線から守る」「肌にハリと弾力を与える」

「毛穴を目立たせなくする」などの効果があります。

 

ビタミンCは、レモン、アセロラ、キウイフルーツ、いちご、

ネーブル、赤ピーマン、芽キャベツ、菜の花、カリフラワー、

にがうり、キャベツ、ほうれん草、じゃがいも、さつまいも、

ちんげんさい、はっさく、ぽんかん、いよかん、パイナップル、

グァバ、柿、緑茶などに含まれています。

 

体内でビタミンCが不足すると、壊血病と呼ばれる病気になります。

壊血病とは、体をつくるたんぱく質のひとつ、コラーゲンが作られなくなり、

血管が弱くなって出血が止まらなくなる病気です。

小児の場合は、骨の形成・発育に支障をきたすメーラー・バーロー症

呼ばれる病気になる場合もあります。


また、精神障害、骨粗しょう症、食欲不振、貧血になりやすくなる、

免疫力が低下して風邪や感染症にかかりやすくなる、

疲れやすくなる、お肌のハリや弾力を失われる

など様々な症状を引き起こすことがあります。

ビタミンCは、約90%と吸収率が高く、体内に吸収されやすい

性質を持っています。

そのため、余分なビタミンCは2〜3時間で尿中に排泄されます。

体内に蓄積されないため、過剰症の心配はありません。


ビタミン剤やサプリメントなどを1日に10 g以上摂ると、腹痛、嘔吐、下痢、

頻尿、発疹が出ることがありますが一時的なものです。

過剰症ではありませんので心配はありません。

ビタミンCは積極的に摂りたいビタミンです。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg