女性特有のつらい症状に効果があるビタミンB6とは?

ビタミンB6は水溶性のビタミンB群の一種でピリドキシン

とも呼ばれます。

たんぱく質の摂取量が多いほどビタミンB6の必要量も

多くなります。

 

ビタミンB6は、「妊娠初期の悪阻(つわり)を緩和する効果 」

「妊娠中毒症」月経前症候群 (PMS)の症状を緩和する効果」

「肌荒れ、ニキビの改善」「疲れ目・眼病を緩和する効果

アレルギー症状を緩和する効果」「成長を促進する効果」

「神経機能を正常に保つ効果」「動脈硬化を予防する効果」

「脂肪肝を予防する効果」が効果があります。


ビタミンB6は、レバー、さんま、まぐろ、かつお、大豆製品、

ピスタチオ、卵、にんにく、バナナなどに含まれています。


ビタミンB6は腸内細菌からもつくられるため、欠乏症が

起こることはほとんどありません。

ビタミン剤やサプリメントによって1日200〜500 mgの

ビタミンB6の過剰摂取は、「末梢神経障害」「腎臓結石」

「知覚障害」が起こる場合があります。


生理前など女性特有のつらい症状で悩んでいる女性は、

ビタミンB6と共にビタミンB群をバランス良く摂っていきましょう。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg