貧血の予防に効果があるビタミンB12とは?

ビタミンB12は、水溶性のビタミンB群の一種です。

ミネラルの一種のコバルトを含み、赤色をしているため、

コバラミンや赤いビタミンとも呼ばれます。

また、赤血球の生成を行う際に働くことから「造血のビタミン」

とも呼ばれます。


ビタミンB12には、メチルコバラミン、シアノコバラミン、

アデノシルコバラミン、ヒドロキソコバラミンの種類が

あります。


メチルコバラミンは、ビタミンB12の活性型と言われ、

末梢神経障害や糖尿病性神経障害の治療、筋萎縮性

側索硬化症の初期治療にも活用されているようです。


シアノコバラミンは、赤色をしているため赤いビタミンと

呼ばれています。

アデノシルコバラミンは、ビタミンB12の活性型と言われ、

ビタミンB12の補酵素型だと言われています。


ヒドロキソコバラミンは、ビタミンB12の天然の形だと言われています。

人間の身体の中で発見されたことはありませんが、身体の中に

取り込むことで補酵素として変換されると言われています。


ビタミンB12は人間が生きていく上では必要不可欠なビタミンです。

積極的に摂取することで様々な健康効果が期待できるといわれています。

ビタミンB12の過剰摂取は、がんの発生率がアップしてしまう

可能性があるようです。

毎日摂取量に気を付けて摂取しましょう。

 

ビタミンB12は、「貧血の予防する効果」「睡眠を促す効果」

「肩こりや腰痛の改善」「脳梗塞の予防」「動脈硬化や心臓病の予防」

「アルツハイマー型認知症の予防」「肌に潤いやツヤを与える」

効果があります。


ビタミンB12は、かつお、さんま、のり、すじこ、貝類、レバー、

チーズ、もやし、味噌や納豆の発酵食品などに含まれています。

また、野菜中心の食事(ベジタリアン)の人はビタミンB12が

不足しやすくなります。

 

ビタミンB12が欠乏によって起こる代表的な症状は、

悪性貧血です。

悪性貧血は、鉄欠乏性貧血など一般的な貧血症状と同じです。

舌が赤く肥大し炎症を起こしたり、めまい、動悸、だるさ、

下痢、息切れ、食欲不振などが見られます。


また、神経系の働きが悪化すると、手足のしびれや痛み、

集中力の低下、物忘れなどの神経障害が起こりますが、

ビタミンB12の投与で回復します。

他にも、ビタミンB12が欠乏すると生活習慣病のリスクを高めます。

 

さまざまなビタミンB1群と同時に摂取すると、ビタミンB12を

効果的に摂取ことができます。

食事から摂取することができない場合は、サプリメントを

活用しましょう。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg