疲労回復効果があるビタミンB1とは?

ビタミンB1は、水溶性のビタミンB群の一種でチアミンとも

呼ばれています。

疲労回復のビタミンとも呼ばれているほど「疲労回復効果」

「神経機能を正常に保つ効果」があります。


ビタミンB1は、穀物の胚芽に豊富に含まれており、白米を

主食にしている日本人にとって重要なビタミンです。

米の場合は精米をした時に出る米ぬかに多く含まれています。


精白米や小麦粉の代わりに、玄米や全粒粉を使うとビタミンB1を

効率良く摂取することができます。

他にも玄米、胚芽精米、小麦胚芽、豚肉、レバー、うなぎのかばやき、

かつお、にんにく、卵、大豆、ピーナッツ、米ぬか、酵母 (ビール酵母)など

オートミールなど未精製のものに含まれています。


しかし、米や小麦の胚芽は、精白米の精製度が高いほど

ビタミンB1が減ります。

また、精白米を水でとぐと水道水に含まれる塩素によって減少します。

米はとぎすぎないように注意しましょう。

また、熱にも弱く30〜50%のビタミンB1が失われます。

 

ビタミンB1が欠乏すると集中力の低下、イライラなどの

症状が起こります。

慢性的に不足して脳の中枢神経に障害が起こった場合、

ウェルニッケ脳症になります。

 

ウェルニッケ脳症の特徴とは、眼球の運動麻痺、意識障害などが特徴です。

進行すると昏睡に陥り、さらに重症になるとコルサコフ症という精神病になります。

アルコール依存症の人に起こりやすいといわれています。

 

また、慢性的に不足し、末梢神経に障害が起こった場合は、

脚気という多発神経炎になります。

初期の症状は、食欲不振や疲労感です。

進行すると手足のしびれ、むくみ、動悸などの症状が見られます。

重症になると、心不全を起こして死に至ることもあります。

 

お菓子、清涼飲料水を大量に摂ったり、偏った食生活、タバコ、

お酒がビタミンB1の不足を招く原因の一つです。

食事から摂る場合の過剰症は知られていません。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg