免疫力アップの効果があるビタミンA(β-カロテン)とは?

ビタミンAは、油脂に溶ける脂溶性のビタミンの一種です。

体内でビタミンAに変わる天然色素の一種であるカロテノイドは、

プロビタミンAと呼ばれています。


カロテノイドの一種であるカロテンは、主にα-カロテンとβ-カロテンの

2種類に分けられます。

野菜に含まれるカロテンのほとんどがβ-カロテンです。

カロテンは、体内で必要量に応じてビタミンAとなり同じ働きをします。


ビタミンAは「目の健康維持」「皮膚や粘膜の免疫力の向上」「夜盲症予防」

「抗酸化作用」「動脈硬化を予防する効果」ガンを予防および抑制する効果

があります。

 

ビタミンAは、肉類、鶏レバー、豚レバー、魚介類、あんこうの肝、銀だら、

ウナギのかば焼き、野菜類:モロヘイヤ、にんじん、しそ、かぼちゃ、

焼のりなどに含まれています。


ビタミンAは脂溶性のため、過剰摂取をすると体内に蓄積されます。

動物性食品に含まれるレチノールは、過剰摂取をすると肝臓に蓄積されて

肝障害などの副作用を起こすおそれがあります。


また、頭痛、吐き気、筋肉痛、疲労感、発疹、脱毛、皮膚の角質化など

多くの不調を引き起こし、悪化すると骨障害、脂肪肝、脳圧亢進症など

にもつながります。

特に、妊娠期または妊娠を希望する女性での過剰摂取は、胎児に

奇形の発生率が高くなります。

 

植物性食品に含まれるカロテンは、体内で必要な量だけビタミンAとなります。

そのため、過剰症の心配はないので安心して食べることができるでしょう。

過剰摂取しても、一時的に肌が黄色っぽくなる程度です。

 

ビタミンAが欠乏すると、目が見えにくくなり夜盲症(鳥目)などが起こります。

夜盲症とは、夜や暗いところで視力が衰え、ものが見えにくくなる病気です。


目の角膜や粘膜がダメージを受けたり、過剰に光をまぶしく感じるなどの

目の不調が起こります。

症状が悪化すると、視力が落ち失明する場合があります。


乳児や幼児で不足すると、目が異常に乾燥する角膜乾燥症が起こります。

成長期で不足すると、成長障害が起こります。


ビタミンAは脂溶性ビタミンなので、油と一緒に摂ると吸収率がアップします。

緑黄色野菜を油で炒めたり、油分の多い胡麻やピーナッツを和えたり、

生の場合はドレッシングをかけるなどして油脂と一緒に摂りましょう。

ただし、熱にはやや弱いです。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg