記憶力を高めるアミノ酸成分「フェニルアラニン」とは?

フェニルアラニンとは、食事からとる必要のある必須アミノ酸です。

たんぱく質の構成材料となるほか、脳と神経細胞間の信号を伝達する

役割を持つ神経伝達物質として働きます。


また、肝臓でチロシンに変換され、興奮性の神経伝達物質カテコールアミン

(ドーパミン・ノルアドレナリン・アドレナリン)をつくり出し高揚させます。

「血圧を上げる作用」「記憶力を高める効果」「鎮痛効果」「皮膚疾患への効果」

があります。


フェニルアラニンは、肉類や魚介類、大豆などの大豆製品、卵やチーズの乳製品、

脱脂粉乳、小麦(強力粉)、高野豆腐、白花豆、アーモンド、落花生、かぼちゃ、

じゃがいも、ごまなどに含まれています。

 

他にも、人工甘味料であるアステルパームは、フェニルアラニンや

アスパラギン酸を原料として生成されています。

アステルパーム配合の清涼飲料水や菓子などからも摂取できます。


フェニルアラニンの適量摂取は、外傷、骨関節炎、慢性関節リウマチ、

腰痛、片頭痛、神経痛、筋肉の痙攣、手術後の痛みなど慢性的な痛みを

軽減させます。

また、うつ病などの解消を促してくれます。

痛みを抑える効果があり鎮静剤として医療現場で利用されています。


フェニルアラニンは、一般的には安全な物質とされているので、過剰摂取

危険度は低いとされています。

しかし、フェニルアラニンには血圧を上昇させる作用があります。

そのため、高血圧を招き、心臓病などのリスクを高める恐れがあります。


特に妊娠中・授乳中の女性、皮膚ガン、フェニルケトン尿症の人には

適していません。

高血圧、心臓病の人も医師に相談する必要があります。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg