筋肉を育てて強化するアミノ酸成分「バリン」とは?

必須アミノ酸であるバリンは、筋肉を育てて強化する役割を果たします。

筋肉を育てて鍛えるのは、老若男女問わず健康的な生活を送る上で

重要なことです。

 

バリン・ロイシン・イソロイシンと合わせて「分岐鎖アミノ酸(BACC)」と呼ばれています。

これら3種類のアミノ酸は、筋肉のエネルギー源として利用されやすい性質を持っています。

特に、ロイシンは筋肉がつくのを助け、筋肉を失わせないようにする性質を持っています。


バリンは、血液の中にある窒素のバランスを調整する効果があります。

また「筋肉を修復する効果」「肝硬変を改善する効果」「疲労回復効果」

「運動能力を維持する効果」「美肌効果」「食欲不振の改善」があります。

 

バリンを過剰摂取すると、体重減少を伴いアミノ酸のバランスが崩れる原因になります。

また、機能低下や免疫機能の低下、体調の低下などを引き起こしやすくなります。

 

バリンを多く含む食品は、レバーや子牛肉などの肉類、脱脂粉乳、プロセスチーズ、

落花生、レンズマメなどです。

バリンを摂取する際には、他のBACCであるロイシン・イソロイシンもバランス

よく摂取することが重要です。

 

老化や運動不足で筋肉が衰えると腰や膝などに関節痛を引き起こします。

そうなると、日常生活を困難にしてしまう恐れがあります。

バリンを摂取して筋肉を育てていきましょう。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg