アミノ酸「シスチン」「テアニン」は免疫力をアップします。

私たちの体は、水分が約60%、糖質・脂質が約20%、タンパク質が約20%を占めます。

体の骨、皮膚、筋肉、臓器、血液、ホルモンなどのタンパク質は、20種類の

アミノ酸から構成されています。

 

また、私たちの体には「自然免疫」と「獲得免疫」の2つの免疫力があります。

自然免疫は、体内に入ってきた病原菌やウイルスを倒すために攻撃を仕掛けます。

そして、病原体が体内に入ってきたことを「獲得免疫」に知らせます。

戦いでウィルスに勝てば風邪は治ります。

 

自然免疫力を調節しているのが「グルタチオン」と呼ばれる物質です。

免疫力は20代をピークに年齢とともに低下します。

また、50代ではおよそ半分ほどに落ち込みます。

年齢を問わず生活環境の変化によって免疫力が低下していることを

「現代型免疫低下」と呼ばれています。


現代型免疫低下はなかなか自覚できません。

現代型免疫低下になってしまうと、風邪やインフルエンザにかかりやすくなり、

症状が重くなってしまう場合もあります。


こうした症状に心当たりがある場合には、免疫力が低下している可能性があります。

免疫力をアップするアミノ酸成分「シスチン」「テアニン」で免疫力をアップさせる

要があります。


シスチンは、アミノ酸の1種であるシステインが2つ結合したものです。

鶏肉などの肉類に多く含まれます。

テアニンはアミン酸の1種であるグルタミン酸とエチルアミンが結合したものです。

お茶の葉に含まれる旨味成分です。


あなたは、以下のような症状がありませんか?

もしかすると、「現代型免疫低下」の症状かもしれません。

 

□ 1 日中パソコンに向かって仕事をしている

□ 体温が低い(36.5 度以下)

□ 抗菌グッズをよく利用する

□ ストレスを感じている

□ 集中力が続かない

□ やる気がでない

□ 食欲がない

□ 睡眠不足が続いている

□ 運動不足を感じる

□ 最近笑っていない

□ 楽しいと感じることが少ない

□ 都会に住んでいる

□ 食べるスピードが早い

□ 野菜をあまり食べない

□ 発酵食品をあまり食べない

 

0〜2個  今のところ免疫力対策は問題ありません。

3〜4個  免疫力が低下気味かもしれません。

       ストレスを溜めないことを心がけましょう。

5個以上  「現代型免疫低下」状態の可能性があります。

       免疫力アップを実践しましょう。


免疫力がアップすると風邪やインフルエンザの予防になります。

また、過度の運動負荷による免疫力の低下を抑制します。

普段から継続的な免疫力対策をして風邪やインフルエンザにかかり

にくい体をつくりましょう。


《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg