風邪にはカレーが効く!?

お年寄りから子供まで人気の定番メニューであるカレーを食べると

風邪を引かないという話を耳にしたことがありませんか。

しかし、辛い物って消化に良くないイメージがありますよね。

 

実は、カレーには喉の痛みを和らげる効果があるといいます。

もともとカレーは薬膳料理でもあります。

おすすめなのが、インドのマドラス風カレーです。

辛いカレーを食べることで唾液がたくさん分泌され、咳や喉の痛みが緩和されるのです。


また、インドでは消化にいいさっぱりカレーというのもあります。

レンコンや里芋などの根菜、トマトを加えた薬膳カレーです。

ポリフェノールたっぷりで風邪対策にぴったりなのです。

 

本場のインドカレーに含まれるターメリックという黄色いスパイスには

抗ウィルス作用があり、その中に含まれているクルクミンという成分が

免疫力をアップさせる作用がある抗酸化物質の一種なのです。

ご自宅で作る場合は、甘口のカレー粉を使ってちょっと薄目にしましょう


その他にも、血行を良くしたり肝臓の機能を強化させる作用があります。

肝臓は酒に含まれるアルコールを分解する作用が有名ですね。

肝臓が弱ると体内の毒素が溜まってしまいます。

そうなると、体力がどんどん落ちていきます。

カレーを食べると免疫力を高めることができ、肝臓の働きが良くなります。

 

咳がひどく出ているときや咳がひどく喉の痛みがあるときには、

逆効果なので控えておきましょう。

風邪を引いたなと思ったら是非カレーを食べてみてください。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg