風邪でつらい寒気や悪寒がしたときに効く食べ物とは?

風邪でつらい寒気や悪寒がしたときに効く食べ物をご紹介致します。

体を温める効果のある食べ物で体の内側から温める必要があります。

基本的には、「血行を促進するもの」「ビタミンC・ビタミンEが多く含まれているもの」

が体を温める効果があります。


風邪を引いた時の定番は「生姜」ですが、他にも様々な食べ物があります。

生姜、ねぎ、たまねぎ、トウガラシ、にら、にんにく、かぼちゃ、牛肉・鶏肉、

レバー、味噌、玄米、ほうじ茶、紅茶などです。

血行促進を促したり、ビタミンC・ビタミンEで体を温める効果があります。


特に生姜やねぎは、体を温めるだけでなく抗ウイルス作用もあります。

にんにくには、血の巡りをよくする効果があります。

そのため、冷えた体の内部まで温まり風邪予防になります。

また、抗菌作用があるため、スタミナ回復と疲労回復を助けてくれて、

普段から摂取することで免疫力を高めてくれます。


ねぎには、風邪のひき始めに有効で、体を温め新陳代謝を促してくれます。

にらは、血行を良くし体を温めて、胃腸や内臓の調子を整えてくれます。

食べ物で体を温めて風邪を治しましょう。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg