のどが痛いときに効く食べ物とは?

風邪気味の時に誰もが経験するのどの痛み

のどを刺激しないように、なめらかで口当たりのよいものを食べましょう。

固いものや熱いもの、刺激物ははのどを刺激するので避けましょう。

そこで、のどの痛みやせきを和らげてくれる食べ物をご紹介致します。

 

野菜スープ、ポタージュゼリー、茶碗蒸し、温泉卵、大根、ゼリー、牛乳などです。

また、のど飴、はちみつ、水飴、チューンガムなどの甘いものは、唾液腺を刺激して

のどを潤すので良いとされています。

他にも、りんご、生姜、はちみつなどがおすすめです。


大根の辛味成分には、のどの炎症をおさえる作用があります。

咳止めやタンを切る効果があり、大根飴や大根湯が有名です。


りんごには、のどの痛みを和らげる作用があります。

すりおろして砂糖を加えジュースにして飲みます。

 

はちみつは、殺菌作用があります。

風邪などのウィルス性疾患にかかっている時におすすめです。

生姜は、せき、タンの緩和の効果があります。


また、新陳代謝を高め、疲労回復などの効果があります。

はちみつと生姜は、お湯で割ってホットドリンクにすると体が温まり、

のどの痛みにも有効です。

 

炎症を起こしているとのどには熱が篭るため、ゼリー、プリン、アイスクリーム

などの冷菓で冷やすのもおすすめです。

特に果物ゼリーは、ビタミン類を豊富に含んだ果物と一緒に食べることができます。


近年の機能性食品のゼリーなどは、発病時の栄養補給源として高い効果を発揮します。

ただし、下痢などを起こしている場合は、冷たいものは避けましょう。


のどが痛い時におすすめの飲み物は、番茶、ほうじ茶、ゆず茶です。

番茶、ほうじ茶のお茶には、殺菌作用や栄養成分、利尿作用があります。

利尿作用は、尿を出すことで体温が下がるので発熱時には有効です。

また、カフェインが少なめのも嬉しいですね。


ゆず茶の柚子には、ビタミンCが多く含まれています。

免疫力を上げるので風邪予防に効果があります。

のどに良い食べ物と飲み物で改善していきましょう。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg