トリガーポイントを刺激すると起きる関連痛とは!?

痛みの原因となっている箇所であるトリガーポイントは指や鍼で

刺激すると離れた場所にズーンとした痛みが起きるのですが

この現象を関連痛といいます。

 

では関連痛とはどういったものなのでしょうか?


例えば、肩にあるトリガーポイントを鍼や指で刺激すると頭に

ズーンとした響きを感じることがあります。

肩 頭痛.jpg

「トリガー」とは「引き金」という意味で、ピストルの引き金を引くと弾が

飛ぶように、トリガーポイントを押すと、そこから離れた患部が痛みを

感じることから、そのように呼ばれるようになりました。

 

その痛みは、神経の経路とは関係のないところで感じられるため

「神経痛」ではなく「関連痛」と呼ばれます。

 

以前はこのトリガーポイントが引き起こす関連痛が、治療者に認知

されていなかったので、痛む箇所だけへの治療に終わってしまい、

何度も治療しても改善しない事がありました。


トリガーポイントはまさに痛みの発生源であり、鍼や指でトリガー

ポイントを刺激されると、痛みが再現され、患者様自身は

私の悪いところはそこだ!」 と痛みが確認されます。


例えばマッサージを受けた時、痛いけど気持ち良いと、感じる部分

ちょうどそこに指が当たると「ああそこ、そこ!」「痛い所はそれ!」と

感じる部分がトリガーポイントです。


そのトリガーポイントを治療することで、さまざまな症状を改善

することができるのです

 

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg