風邪ウィルスを追い出すには換気が一番大切です!

風邪ウィルスは、低温と乾燥を好み空気中のウィルスが活性化します。

さらに、湿度40%以下の乾燥した部屋では30分間もウイルスが漂い続けるそうです。


もし、風邪をひいた人が同じ室内にいる場合は、一回の咳で約10万個、1回くしゃみを

すると約100万個のウィルスが口から出るので、閉めきった部屋にすると空中に

風邪ウィルスが充満してしまいます。


風邪ウィルスを追い出すには換気が一番大切です。

換気とは、外気を取り入れて内部の空気を入れ換えることです。

そうすることで、健康の快適さ、湿気や熱の排出も出来ます。

 

また、換気は風邪予防だけでなくインフルエンザ予防にもなります。

5分程度窓を開けて換気すると、ほとんどの部屋の空気が入れ替わります。

1〜2時間に1回程度行うのが理想です。

 

正しい換気方法は、対角にある窓同士を風が通るようにほんの少し5センチほど開けます。

窓を全開にする必要はありません。

同時に換気扇や扇風機を使用すると部屋全体の空気の入れ替えが

スムーズに行うことができます。

 

空気は、目に見えないから分かりにくいですが、冬は暖房器具から出る一酸化炭素や

二酸化炭素、衣類から出るホコリやチリ、屋外から持ち込まれる土ボコリなどで、

部屋の空気は汚れているんです。


汚れた空気を吸い続けると、気管や粘膜を傷めるため抵抗力を落としてしまいます。

インフルエンザ等の感染症にもかかりやすくなってしまいますので、健康のためも

しっかり換気を行いましょう。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg