抗生剤、抗生物質は風邪予防にはならない!?

風邪をひいたら抗生剤、抗生物質を飲むと早く治ると思われていませんか?

実は、抗生物質は細菌を殺すのには有効なのですが、風邪のウイルスには

全く効果がないのです。


抗生物質とは、微生物から抽出された物質のことです。

ただし、抗生剤には副作用やデメリットがあります。

一つは、常在菌を減らしてしまいます。

すると、身体が弱くなってしまうのです。


二つ目は、耐性菌を増やしてしまいます。

そうなると、抗生剤の服用により、抗生剤の効く菌と効かない菌(耐性菌)の

バランスが崩れ、耐性菌が増えて感染症が長引くケースがあるようです。

 

しかし、細菌による感染症に陥ってしまった場合には抗生物質が必要になります。

適応菌種は、インフルエンザ菌・肺炎球菌などです。

適応症は、リンパ管・扁桃炎・急性気管支炎・肺炎・慢性呼吸器病変の二次感染・

尿道炎・副鼻腔炎・子宮頸管炎などです。

ちなみに、インフルエンザ菌は、ウィルスによるインフルエンザとは関係ないらしいです。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg