風邪の時に汗をかこうと厚着するのはNG!?

風邪を引いたとき、汗をかくと早く治ると思っていませんか?

汗をかく人が多いことから、そのように思われているようです。

しかし、風邪の症状が強いときに汗をかくのは非常に危険です。

 

熱が出ているときに無理やり汗をかいてしまうと、汗によって体温が下がり、さらに汗を

出そうとして体力を消耗してしまいます。

すると、かえって風邪の治りを遅らせてしまうのです。

 

風邪を引いた時は、身体の免疫機能が働き、発熱や咳、たんや寒気の風邪の諸症状が表れます。

特に高い熱が出た時は、悪寒で手足が冷たくなり顔色も悪くなってしまいます。

この時、身体は体温を上げて免疫を活性化し、身体からウィルスや細菌を追い出そうとしています。

 

熱を放散するためには薄着になり、湯たんぽを使って布団を掛けて十分暖める必要があります。

風邪が治る直前に汗をかくのは、熱を出す必要がなくなったから出るのです。

解熱剤を使った場合や熱が下がるときは汗をかきますが、無理に汗をかかせても熱が

下がるわけではありません。

また汗をかいたら、十分な水分補給、こまめな着替えを行いましょう。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg