正しいマスクの付け方で風邪予防ができる!?

風邪予防や風邪っぽいなっと感じたら予防のためにマスクをつける方も多いのではないでしょうか?

しかし、70%近くの方が正しくマスクを使用できていないことが調査結果で分かったのです。

マスクは正しく使用しなければ感染症予防としての効果が充分に発揮できないのです。

 

マスクには大きく分けて「織布マスク」「不織布マスク」「N95マスク」の3種類あります。

織布マスクは、一般的なガーゼのマスクで、洗って何回も使えて保温効果も優れています。

のどの乾燥防止のためなどに適していますが、網目は大きめなので風邪や花粉の防止

には不十分です。


不織布マスクは、繊維が織られていないタイプの布マスクで、織布マスクより網目が

細かいため、風邪や花粉症などの予防に適しています。

織布マスクほどではないですが保湿性もあり、使い捨てタイプなので衛生的です。


N95マスクは、世界保健機関(WHO)の医療用マスクで、目の密度が高く、新型

インフルエンザやSARS(重症呼吸器症候群)を防ぐことが可能です。

すぐに息苦しくなってしまうことから日常生活での長時間使用には不向きです。

 

マスクの正しい着用方法.png

 

また、マスクを選ぶ時は、顔にぴったりとするサイズを選びましょう。

顔とマスクのサイズが顔に合っていないと隙間からウイルスや花粉が侵入してしまい、

十分な効果が得られません。

今は、フィットする三次元型のものや、のどが乾燥しやすい方用の濡れタイプのもの、

装着時に耳が痛くなりにくいワイド耳ひも付きのもの、香り付きのものがあります。

ご自分に合うマスクを選んで風邪予防していきましょう。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg