熱冷ましの新常識「キャベツ枕」とは!?

この季節、風邪気味や発熱で体調不良の方が多いですね。

それを解消するのがヨーロッパの民間療法の「キャベツ枕」なのです。

キャベツ枕とは、名前の通り頭を包むようにキャベツを枕代わりに敷くことです。

 

キャベツ枕.jpg

 

すると、キャベツが熱を下げるだけでなく、体内から毒素も吸い取ってくれるのです。

キャベツがしんなりしてきたら効果が薄れてきている証拠です。

すぐに新しいものに取り替えると、熱の下がりはとても早くなります。


事前にザルに1枚1枚はがしたキャベツをまとめて用意しておくと取り換えが簡単です。

その際、キャベツはできるだけ無農薬や低農薬のものを使うことをオススメします。

農薬がついている場合は、表面のキャベツは使わずに中の葉を使いましょう。


熱が下がるにつれて交換していた時間が長くなり始めたら、毒素が出始めた証です。

しんなりしたキャベツは食べると、毒素がまた体内に入ってしまうので要注意です。

食べずに捨てましょう。


乳幼児の急な発熱には、冷蔵庫に常備しているキャベツでキャベツ枕をして

みてはいかがでしょうか?

もし、翌朝になっても熱が下がらない場合は、医師に相談してみてくださいね。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg