アロマで風邪引き予防ができる!?

アロマというと、香りを楽しむ癒しのイメージが強いですね。

民間療法のひとつでもあるアロマテラピーを自宅で行うと、風邪予防に活用できるのです。

植物から抽出した香りの成分には、抗菌・抗菌作用・免疫力を高める作用が期待できるのです。


アロマ.jpg

 

免疫力とは、病原菌やウイルスなどの外敵を防いだり、体内にできた害をもたらす

細胞を除去したりする自己防衛機能のことです。。

つまり、抵抗力をつけて「免(病気)から疫れる」ことを言います。


風邪のときには、ユーカリ、ティートリー、ペパーミントの3種類です。

【ユーカリ】

・鼻や気管支のゼロゼロを排出しやすくする作用

・空気の殺菌・抗菌作用

・大腸菌などの殺菌・抗菌作用

・抗ウィルス作用

・抗炎症作用

・解熱作用

【ティートリー】

・殺菌作用

・抗ウィルス作用

・抗炎症作用

・免疫促進作用

・抗真菌作用

【ペパーミント】

・鼻水や痰を排出しやすくする作用

・鎮痛作用

・殺菌作用

・解熱作用


風邪をひいてしまったら、ホホバ油に精油を混ぜてレシピで塗り薬を手作りしてみましょう。

【風邪の初期症状】
・ホホバ油…5ml
・ユーカリ…2滴

【鼻がつまるとき】
・ホホバ油…15ml
・ローズマリー…3滴
・ラベンダー…2滴
・ペパーミント…1滴

【喉が痛いとき】
・ホホバ油…5ml
・ユーカリ…1滴
・ティートリー…1滴

・ホホバ油…12.5ml
・ユーカリ…2滴
・ティートリー…2滴
・ペパーミント…1滴

【咳がひどいとき】
・ホホバ油…10ml
・ユーカリ…2滴
・ラベンダー…1滴
・サイプレス…1滴

【たんがからむとき】
・ホホバ油…12.5ml
・ユーカリ…2滴
・ティートリー…2滴
・サイプレス…1滴

【注意点】
※植物油、精油は天然成分100%のものを使用しましょう。
ホホバ油以外にも、グレープシード油やスイートアーモンド油でも可能です。
※精油は直接、肌に触れないで下さい。
※皮膚に異常があらわれたときは、すぐに使用を中止し、医師に相談して下さい。

1日3〜5回、首、のど、背中、胸は軽くマッサージして塗布します。
精油の成分が鼻や口から吸収されるので呼吸が楽になります。
風邪をひく前、風邪をひいてしまったら、アロマを上手に利用しましょう。

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg