季節の変わり目に起こる気象病(きしょうびょう)の原因とは?

気象の変化、季節の変わり目などに起こる「気象病」は、自律神経の乱れから

くる症状が一般的です。

「やる気が出ない」「身体がだるい」「肩が凝る」「手足が冷える」「頭痛」「吐き気」

「イライラする」などの症状は、気象病が原因なのです。

 

他にも、関節リウマチ、神経痛、狭心症、気管支喘息、血栓、尿路結石、脳出血、

心筋梗塞、感冒、胆石、急性虫垂炎などがあげられます。

低気圧が近づくと古傷が痛みだすという方もいます。

 

気象病になる大きな原因は、睡眠不足、栄養不足です。

栄養不足になっていると、体調を崩しやすくなります。

気象病の予防や改善には、バランスのいい食生活や適度な運動、十分な

睡眠を取り、普段から規則正しい生活を心がけることです。


他にも、ストレスを発散する、冷房や暖房を使いすぎない、体を冷やさない、

ゆっくりと入浴する、ストレッチやマッサージで血行促進する、むくみ対策を

するなどが予防に効果的です。

季節の変わり目で体調を崩しやい人は、早めの予防で体調管理をしていきましょう。


《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg