気象病にならないように食事で予防していきましょう。

気象病を防ぐには、自律神経など脳への影響を軽減する、鎮静作用、

精神安定作用が期待できる食べ物を摂るといいでしょう。

 

頭痛予防には、ホウレンソウ、ごま、レバー、納豆などマグネシウム、ビタミンBを

含む食べ物が効果的です。


また、赤ワイン、チョコレート、チーズなどの発酵食品は頭痛を悪化させるので控えましょう。

チョコレート、チーズなどの発酵食品には、「チラミン」という成分が含まれています。

この「チラミン」には、血管を収縮させる作用があり頭痛をひきおこす原因になります。


頭痛・関節痛・古傷が痛む場合

・メントール(ミント、ハッカ、シソ、バジル)は、鎮痛効果があり、自律神経を和らげて

 痛みを緩和させてくれます。

・ビタミンC・ビタミンE(緑黄色野菜、果物)、ビタミンB群(肉類、キノコ類)は、痛みを

 緩和する作用が期待できます。


体がだるい・疲れやすい場合

・香味野菜の香り成分であるアリシン・硫化アリル(ニンニク、ショウガ、玉ねぎ、ねぎ、

 ニラ)は、疲労回復作用がありヤル気がみなぎる効果も期待できます。

・アスパラギン酸(ナッツ類)は、疲労回復効果とともに、新陳代謝を活発にする

 効果が期待できます。


めまい・うつ・イライラする場合

・カルシウム(牛乳、小魚、チーズ、レタス、小松菜)は、精神を安定させ、脳内の

 神経伝達物質を正常化する働きが期待できます。

・シニグリン(辛子、マスタード、ワサビ)は、辛み成分で気持ちを高める作用があります。

・ショウガオール(ショウガ、ミョウガ)は、辛み成分で血行をよくし細胞の新陳代謝をよくします。

 

気象病にならないように食事で予防していきましょう。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg