ウインターブルーの予防には、質の良い睡眠をとる必要があります。

ウィンター・ブルーは、眠りがとても浅かったり、睡眠時間が異常に長くなったり、

睡眠に大きな影響を与えます。

これらによって、朝起きるのがとても辛くなります。

ウインターブルーの予防には、質の良い睡眠をとる工夫が必要です。


質の良い睡眠には、深部体温と光の調節が欠かせません。

安眠の決め手は、スムーズに深部体温が下がることです。

その為には、ほどよく通気性のある寝具を選ぶことが理想です。


もう一つのポイントは、適度に反発力のあるものを選ぶことです。

反発力があると、寝返りが非常にスムーズなので睡眠を妨げません。

しかも、朝起きたときに体の痛みも軽減します。

 

また光の調節も重要です。

光やブルーライトを発するテレビ、パソコン、スマートフォンなどの画面を

見ることは、寝る2〜3時間前から減らしていきましょう。

強い光を浴びると眠りのホルモン「メラトニン」は分泌されにくくなります。


間接照明などオレンジがかった柔らかい光は、真っ暗闇に比べてメラトニンの

分泌量が増えるそうです。

さらにアロマなどを焚くとよりリラックスできます。

 

そして、夜はぬるめのお風呂に20分くらいつかるのが効果的です。

カラダを芯から温めることで体の熱が放出されます。

そうすることで、深部体温が下がり、質の良い睡眠が得られます。

ポイントは、寝る1~2時間くらい前にお風呂に入ることです。

 

また、寝る前に体の筋肉を大きく動かす適度なストレッチがおすすめです。

激しい運動は、脳が興奮してしまい逆効果なのでやめましょう。

しっかり予防して、この冬を乗り越えていきましょう。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg