秋の旬の食材「鮭」でダイエット!

鮭は年間を通じて出回っていますが、秋から冬が旬です。

鮭の名前の由来は、アイヌ語の「シャケンベ(夏の食べ物)」が転じたと

言われています。

古来よりアイヌの人々は、鮭を「カムイ・チップ(神の魚)」と呼び、感謝しながら、

頭から尾までを大切に丸ごと食べ切る「一物全体食」を育んできました。

 

鮭は他の魚に比べて脂溶性ビタミンであるAやDが豊富に含んでいます。

筋肉中に含まれる赤色は、アスタキサンチンというカロチノイド色素のことで、

身が赤いほどアスタキサンチンが多く含まれています。

 

紅鮭は白鮭の約3倍も含まれており、体内に入るとビタミンAの効果を発揮します。

また、ビタミンAは、皮膚や粘膜の健康に欠かせない栄養成分であり、美肌にも

効果があります。

 

また、ビタミンB群も含まれており、ビタミンAと一緒に美肌作りに働きます。

ビタミンB群には、糖質の代謝を助けるビタミンB1、脂質の代謝を助ける、

皮膚に潤いを与えるB2、皮膚をかぶれにくくするB6などの効果があります。

 

また、炎症を抑える効果があるナイアシン、骨の強化や精神を安定させる

ビタミンD、血行をよくして肩こりを解消するビタミンEも含まれています。


★鮭と牛乳の奈良県橿原(かしはら)の郷土料理「飛鳥鍋」

●体全身が温まり、疲れが取れて元気が出る。

●ビタミンC豊富な野菜を一緒に取ると、ダイエット効果が高まる。

●鮭に含まれる豊富なビタミンDが牛乳のカルシウム吸収を高めてくれる。

●ストレスからの肌荒れも心配なし。

●骨が丈夫になる。

●冷え性を改善する。

●貧血予防。


最後に、鮭ダイエットの調理法は、シンプルに焼いて食べる

のがオススメです。

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg