無症状のことが多い膵癌について!

膵癌

 【概説】 膵管上皮に発生する膵臓の悪性腫瘍である。発生部位により、膵頭部癌、膵体部癌、膵尾部癌に分ける。

内分泌腺から発生する悪性腫瘍であるインスリノーマ(インスリンを分泌して低血糖発作を起こす)、グルカゴノーマ(グルカゴンを分泌する)はまれである。

死因統計では男性で第5位、女性で第4位であり、高齢男性に多い。膵癌膵癌.gif

 【原因】 喫煙、糖尿病、慢性膵炎との関連が示唆されている。遺伝子変異も報告されている。

 【徴候】 無症状のことが多く、食欲不振、悪心・嘔吐、上腹部痛などの症状があっても軽微である。

進行すると食欲不振、悪心・嘔吐、上腹部痛、背部痛が増強し、下痢、体重減少がみられる。 膵頭部癌では胆管が圧迫されて閉塞性黄疸が現われる。これが早期発見につながるが、その他の部位の場合は消化機能の低下(脂肪下痢、体重減少)や、二次性糖尿病の出現(口渇、多尿、体重減少)で気づかれることもある。 

【診断】 膵臓は後腹膜空にあるので、触診で腫瘤を触れるのは進行してからである。膵癌が疑わしい場合は腹部超音波検査、CT検査、MRI検査を行って検索する。 上部消化管内視鏡を用いて十二指腸から膵管を造形する内視鏡的逆行性胆管膵管造形(ERCP)検査は癌による膵管の変化を描出する検査である。最近はMRIを用いたMR胆管膵管造形(MRCP)検査でも非侵襲的に同様の変化を捉えることができる。 血清腫瘍マーカーとして血清CA19−9の特異性が高く、血清アミラーゼ値、リパーゼ値は参考とならない。 【治療】 転移がないものは外科的手術(膵頭部癌では膵頭十二指腸切除術)により腫瘍部を摘出する。閉塞性黄疸がある場合は経皮軽肝胆管ドレナージ(PTCD)で胆汁を摘出し、黄疸を軽減してから手術を行う。手術不能例ではそのままドレナージを留置して自宅生活を送ることもある。 手術不能例には全身化学療法や放射線治療を併用することもある。分子標的薬は一時的な効果を期待できるが、長期的効果は得られない。疼痛対策として強力な鎮痛薬を用いる。 二次性糖尿病に対してはインスリンを投与する。 

【予後】 転移のない切除可能列の5年生存率は40%程度、転移のあるものは3年生存率が10%と予後不良である。

 

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

症状について又は治療内容などお電話にてお気軽にご相談ください!

電話072-494-2203

大阪府泉南郡 岬町淡輪にある鍼灸整骨院です。

肩こり腰痛膝(ひざ)痛骨盤矯正冷え性捻挫寝違い

スポーツ障害美容鍼灸顎関節症四十肩ぎっくり腰

坐骨神経痛股関節痛めまい高血圧頭痛

耳つぼ花粉症眼精疲労治療できます。

 

交通事故も受付けています。 土曜日も診療してます。  

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg