肝胆膵疾患について!

肝胆膵疾患 

 【概説】 肝癌には原発性肝癌と転移性肝癌がある。

原発性肝癌には肝細胞を起源とする肝細胞癌(約90%)と肝内胆管細胞を起源とする胆管細胞癌(約10%)がある。わが国では年間約32000人の肝癌死亡者がおり、約3:1と男性に多い。 

肝胆膵疾患 2.png

【原因】 肝細胞癌の80%はC型肝炎ウイルスによる肝硬変あるいは慢性肝炎によるものであり、B型肝炎ウイルスによるものは10%程度である。アルコール性肝硬変、自己免疫性肝障害により発生するものも少数ながら存在し、最近は非アルコール性脂肪性肝炎からの発癌も報告されている。 転移性肝癌は大腸癌、膵臓癌、乳癌、肺癌などが多い。

 【徴候】 原発性肝癌と転移性肝癌ともに特徴的な症状はない。

肝細胞癌の多くは慢性肝炎・肝硬変を伴っており、その症状がみられる。 

【診断】 肝細胞癌の早期診断のためには基礎疾患を有する患者に対して定期的に血清腫瘍マーカーであるαフェトプロテインまたはPIVKA–Uの測定および腹部超音波検査を行う。 超音波検査で肝癌が疑われた場合は造形CT検査や造形MRI検査を行う。また血管造形検査で腫瘍血管を描出し、超音波下で腫瘍組織の針生検を行う。転移性肝癌では血清アルカリフォスファターゼやγ–GTPの上昇が特徴的である。 類似した肝内腫瘤に肝血管腫がある。良性の腫瘍であり、健診の超音波検査で偶然に発見されることが多い。 

 

【治療】 肝細胞癌は血管造形検査で診断を確定し、肝動脈塞栓術を行う。腫瘍系が3cm以下で単一あるいは少数の場合には、超音波ガイド下に腫瘍を針で穿刺し、先端からラジオ波やマイクロ波を出して腫瘍組織を死滅させる経皮的マイクロ波凝固療法、経皮的ラジオ波凝固療法が広く行われる。 肝機能の良好な例では外科的切除術が行われることもあるが、残された肝臓は慢性肝炎あるいは肝硬変であり、再発が多く、治療後も定期的な検査が必要となる。 転移性肝癌は孤立性であれば外科的切除術が行われる。経皮的マイクロ波凝固療法なども試みられている。抗癌薬による化学療法、特に肝動脈から直接薬剤を注入する方法も効果がみられることがある。 

【予後】 新たな治療法の開発により治療法の選択の幅が広がって予後は改善したが、原発性肝癌は再発が多い。

 

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

症状について又は治療内容などお電話にてお気軽にご相談ください!

電話072-494-2203

大阪府泉南郡 岬町淡輪にある鍼灸整骨院です。

肩こり腰痛膝(ひざ)痛骨盤矯正冷え性捻挫寝違い

スポーツ障害美容鍼灸顎関節症四十肩ぎっくり腰

坐骨神経痛股関節痛めまい高血圧頭痛

耳つぼ花粉症眼精疲労治療できます。

 

交通事故も受付けています。 土曜日も診療してます。  

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg