肝硬変について!

肝硬変

kannkohenn.gif

 【概説】 「肝臓全体が偽小葉とよばれる再生結節によって置き換わった状態」と定義されており、種々の慢性肝疾患の終末の病像である。わが国には約25万人の患者がいる。主な病態は肝細胞障害、門脈圧亢進、門脈大循環シャントである。

 【原因】 多くはB型、C型肝炎ウイルス持続感染によるものであり、慢性肝炎から徐々に移行する。それぞれの病態が少しずつ加わり、増悪していく。 自己免疫性肝疾患、アルコール性肝障害、代謝性肝障害(ヘモクロマトーシス、ウイルソン病、非アルコール性脂肪性肝炎)、循環障害による肝うっ血、長期に経過した薬物性肝障害も原因となる。 

【徴候】 無症状のこともあるが、全身倦怠感、食欲不振、易疲労感がみられることがある。代償的にはくも状血管拡張、手掌紅斑、女性化乳房、出血傾向(鼻出血、歯肉出血、紫斑)がみられる。これらに黄疸、腹水、肝性脳症(羽ばたき振戦、昼夜逆転、失見当識)が加わると非代償期とよぶ。女性化乳房、 1.jpg

 【診断】 肝細胞障害(血清AST、ALT上昇、アルブミン低下、プロトロンビン時間延長)、門脈圧亢進(腹壁静脈怒張、食道静脈瘤、腹水、脾腫と汎血球減少、特に血小板減少)、特徴的な画像所見(超音波検査、CT検査、MRI検査による結節状肝、脾腫)から診断する。 肝硬変は病理診断名であるが、画像診断の進歩により侵襲のある検査は避けるようになっており、腹腔鏡像(結節状肝)や肝生検組織像(偽小葉の形成)を診断に用いることは少なくなっている。 肝硬変の重症度の指標としてChild-Pugh分類がある。 【治療】 代償期には高エネルギー・高蛋白食を基本とする。激しい運動は避けるが日常生活は制限しない。 主な死因である消化管出血、肝癌、肝不全、感染症に対する予防と治療を行う。 消化管出血の原因として消化性潰瘍の頻度も多いので、内視鏡での確認が必要である。 肝細胞癌に対しては定期的に血清腫瘍マーカーであるαフェトプロテインまたはPIVKA-Uの測定および腹部超音波検査を行う(34か月に1回)。 非代償期の肝不全に対しては腹水のコントロール(食塩制限、利尿薬、腹水穿刺)、便秘の予防(緩下薬)、腸管でのアンモニア産生・吸収の抑制(低蛋白食、ラクチュロース投与)、アミノ酸バランスの是正(分岐鎖アミノ酸製剤の投与)を行う。 【予後】 三大死因は消化管出血、肝細胞癌、肝不全であり、感染症も多い。C型肝硬変からの肝細胞癌の発生は年率約7%である。

 

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

症状について又は治療内容などお電話にてお気軽にご相談ください!

電話072-494-2203

大阪府泉南郡 岬町淡輪にある鍼灸整骨院です。

肩こり腰痛膝(ひざ)痛骨盤矯正冷え性捻挫寝違い

スポーツ障害美容鍼灸顎関節症四十肩ぎっくり腰

坐骨神経痛股関節痛めまい高血圧頭痛

耳つぼ花粉症眼精疲労治療できます。

 

交通事故も受付けています。 土曜日も診療してます。  

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg