あなたはこのタイプ!?3種類の難聴の症状と原因

耳の聞こえの悪い状態を難聴といいます。

難聴には、伝音器(外耳・中耳)に機能障害がある場合の

伝音性難聴、感音機(内耳・聴神経)に機能障害がある

感音性難聴、更に伝音器と感音機の両方に機能障害が

ある混合性難聴の3種類があります。


伝音性難聴は、外耳道の大きな耳垢や鼓膜・中耳等の部品の

不具合によるもので、ほとんどが薬や施術で回復するようです。

しかし、頭部を切開して手術をする必要がある場合もあり。

これは重要な神経や血管を傷つけてしまうという大きな

リスクを抱えています。


感音性難聴は、内耳から聴神経の故障つまり神経性の難聴で、

内耳での音の処理がうまくいかなかったり、音の信号を脳へ

伝達する神経がうまく働かないために、音の内容がはっきり

しないということがあります。


音(声)は伝わっていても言葉の内容が全くわからない、相手の

言っていることが理解できない、という症状になります。

感音性難聴の場合は、現時点では有効な治療法がありませんが、

内耳の聴覚細胞を再生する研究が進められています。


近い将来に感音性難聴も完治する時代がやってくるでしょう。

最近話題になっている突発性難聴は、感音性難聴の部類に入ります。

原因としてはウイルス感染や内耳循環障害がありますが、多くは

ストレスや不規則な生活習慣からくる疲労・睡眠不足等が考えられます。


ストレスや睡眠不足等で体が不調な時は、整体で体を整える

ことをお勧めします。

体の骨格や筋肉の歪み等を整えることで体調も回復し、ストレス

からも解消されます。

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg