キーン、ジーッ……不快な耳鳴りに効くツボ3つ!

不快な耳鳴りには、キーンという高い音、ジーッというセミが鳴く

ような音、ボーという低い音等の種類があります。


ジーッという耳鳴りは突発性難聴等で起こりやすく、ボーという

耳鳴りはめまいを伴うメニエール病等が原因で起こりやすいと

言われています。


キーンという耳鳴りは、加齢に伴い耳の機能が衰えると聞こえ

やすくなります。

聴力が低下し聞こえなくなった周波数の音が聞こえるのが耳鳴りで、

高い音を聴く機能が低下すると、高い音の耳鳴りがします。


キーンと高い音の耳鳴りは、老人性難聴や突発性難聴、自律

神経失調症、疲れやストレスが起因となることが多く、中でも

自律神経の不調やストレスが一番多いと言われています。

対処法の一つとして、ツボ押しが有効です。


耳門(じもん)・聴会(ちょうえ):口を大きく開けるとへこむ場所が

耳の前にあります。ここを聴会といいます。

口を開けてこの聴会がへこんだ状態で、中指で左右一緒に

7回押しましょう。


次に翳風を押します。

翳風(えいふう):耳たぶの後ろの押すと痛い部分です。

自律神経の乱れが改善されるツボで、ここも人差し指で7回押してください。


いつの間にか耳鳴りが治まっていると思います。

疲れやストレスは、早期の根本治療が大切です。

整体で体を整えてストレスから心を開放し、疲労を回復させて

あげましょう。

そうすることで耳鳴り等の不快な症状も軽減するでしょう。

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg