パーキンソン病のリハビリテーション

パーキンソン病のリハビリテーション パーキンソン病は徐々に発症して慢性の経過をたどる進行性変性疾患で、病巣は大脳基底核、黒質および両者の連絡路であるとされている。生化学的にはドーパミンの代謝異常があることが知られている。 臨床症状は筋の固縮、静止時振戦、寡動または無動、仮面様顔貌などが特徴的で、小刻み歩行、すくみ足現象などの歩行障害や突進現象がみられる。その他、便秘や流涎、多汗、顔面紅潮、起立性低血圧など自律神経障害、抑うつ傾向、自発性欠如、不安など精神症状を伴うことが多い。 病状の進行を評価するものとしてヤールの分類がある。 パーキンソン病の治療はL-ドーパなど内科的な薬物療法が主体となるが、障害の進行をできるだけ遅らせるためには、それと並行してリハビリテーションが関与していく必要があり、お互いに緊密な連絡をとりながらリハビリテーション・プログラムを進めていかなくてはならない。以下にその際に考慮すべきことがらをあげる。 

@振戦によるエネルギーロスや固縮に抗しての運動などにより患者は疲労しやすいので、訓練は休憩を入れながら行う。 

Aうつ傾向、意欲に欠ける、積極性に乏しいなどの面があるので、かけ声をかけるなど積極的な働きかけをしていかなければならない。

 B前傾姿勢や特有な歩行パターンに対しては早期から矯正していかなければならない

 C固縮により生じやすいROM制限、筋力低下には十分に気をつけ、最小限に抑えなければならない

 D身体機能の状態と運動機能や活動性の不一致を取り除く必要がある。 

E認知症の症状が出現するとリハビリテーションの効果は期待しにくい。 具体的な訓練としては関節可動域訓練、筋力強化訓練、平衡機能訓練、歩行訓練、日常生活動作訓練などがその基本である。また慢性疾患であるので、外来患者や退院する患者に対しては家庭での訓練法や生活の指導を十分に行い機能低下を防ぐことが必要となる。 表@ パーキンソン病の重症度分類〔ヤールの分類〕 T.   症状が一側性で障害はごく軽度である。 U.  症状は両側性となるがバランスの障害はない。日常生活、職業は多少の支障はあるが行いうる。 V. 方向転換が不安定で、突進現象が出現。機能的には活動がいくぶん制限される。が、仕事の種類によってはまだ働く力をもっている。患者は独立した生活が可能で障害は中等度である。 W.かなり症状が進んだ著しい障害を示し、また歩行は介助なしにどうやら可能だが、他の日常動作は部分介助を必要とする。 X. 日常動作に全面介助が必要で介助なしでは車いすやベッドから出ることもできない。

ヤール.gif

 

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

症状について又は治療内容などお電話にてお気軽にご相談ください!

電話072-494-2203

大阪府泉南郡 岬町淡輪にある鍼灸整骨院です。

肩こり腰痛膝(ひざ)痛骨盤矯正冷え性捻挫寝違い

スポーツ障害美容鍼灸顎関節症四十肩ぎっくり腰

坐骨神経痛股関節痛めまい高血圧頭痛

耳つぼ花粉症眼精疲労治療できます。

 

交通事故も受付けています。 土曜日も診療してます。  

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg