ふくらはぎをもんでダイエット

ふくらはぎをもむことでダイエット&健康に役立てる方法が話題に

なっていますね。

太りやすく代謝が悪い人は、老廃物を体内から排出できず、溜め

込んでしまっているのです。


ふくらはぎをもむことで、血液循環を促進させて老廃物を排出します。

静脈血がスムーズに流れ、皮下脂肪が燃える痩せやすい体質を

つくっていきます。

 

やり方は簡単で、ふくらはぎをリンパの流れに沿って下から上に

向かってもむだけなんです。

リンパの流れが良くなるので、冷えやむくみ解消の効果もあります。

 

ふくらはぎのもむ方法

@ふくらはぎの内側をもむ

両手の親指を重ねて、内くるぶしの下を押す。

力を入れて上に向かって親指を少しづつずらす。

骨のきわに沿って2〜3秒間隔で押す。

膝まできたら、また下がって内くるぶしに戻るのを繰り返す。

これを両脚で3回づつ行う。

 

Aふくらはぎの後ろ側をもむ

両手の親指を重ねて、アキレス腱のすじを押す。

上に向かって少しずつずらしながら、ふくらはぎの

中央を約2秒間隔で押す。

膝裏まできたら、下がって足首の裏のアキレス腱に

戻って繰り返す。

これを両脚で3回づつ行う。

 

Bふくらはぎの外側をもむ

両手の親指を重ねて、外くるぶしの下を押す。

上に向かって親指を少しづつずらしながら、

骨のわきに沿って約2〜3秒間隔で押す。

膝まできたら、また下がって外くるぶしに戻るのを繰り返す。

これを両脚で3回づつ行う。

@〜Bまで終わったら両脚を軽くさすって終了です。


ふくらはぎは第二の心臓とも言われています。

ふくらはぎに溜まった血液やリンパ液を心臓に向かって汲み上げて

いく感じでもみましょう。

 

気持ちいいくらいの強さでもむと血流がアップします。

痛いと感じるところは、痛みが和らぐよう丁寧にもみましょう。

さらに、押す時の呼吸も意識して、押しながら息を吐いて、

力を抜くときに息を吸うとより効果的です。


当院では、足の血行を改善し、冷え性やむくみ解消に効果がある

マッサージ(メドマー)があります。

ブーツ型のを足に履かせて、足の先から徐々に空気圧で

マッサージをします。

 

凄く気持ちいいですし、終わった後、足がスッキリします。

ご来院の際は、体験してみて下さいね。

 

当院では、耳つぼダイエット500円がオススメです。

詳しくは⇒http://tannowa.e-chiryo.jp/category/1580084.html

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg