偏頭痛はドクドク脈打つように痛む!

【偏頭痛の痛みの特徴】

こめかみ辺りからの偏頭痛.jpg

・拍動性(脈拍に合わせてズキンズキン)

・頭の片側が痛む(両側の場合もある)

・痛みのピークに吐き気がすることも

・前兆がある場合も>>>閃輝暗点(センキアンテン=目の前で星がチカチカするような感じがする)、視野が欠ける、生あくび、肩こり、首すじのはり

・身体を動かすと痛みが強くなる

・遺伝することが多い

 

【原因】

急に血管が拡がることで、周りの神経が引っ張られて痛みが起きます。原因はわかっていませんが、次のようなことが関係すると言われています。

・睡眠不足など生活リズムの乱れ

・緊張状態から開放されてホッとしたとき

・雑踏・人ごみ

・熱いお風呂、サウナ

・月経(女性ホルモンの影響)

・アルコールや特定の食品

・休日に寝すぎた場合(過度のリラックス)  など

 

これらが自律神経に影響して、血管の収縮・拡張のリズムが乱れて頭痛が起きると言われています。

 

【対処】

・予防法

自分の痛みを誘う誘因を避ける

規則正しい生活をして自律神経の働きを整える

痛くなりそうな時に冷やして安静にする

予防薬(発作回数が少ない人や鎮痛薬がよく効く人には必ずしも必要なものではありません)

 

・もし痛み出したら

暗い静かな部屋で安静にする(光、音は避ける)

こめかみや痛む部分を冷やす

こめかみや痛む部分の血管を圧迫する

鎮痛薬(病院や市販の薬)

カフェイン(コーヒーやお茶)

 

<偏頭痛の当院での治療>

頭痛は命にかかわる物からそうでない物までありますが、幅広い原因から起こります。背中が丸くなっている方は発生リスクが高くなりますので、当院では肩や首、背中が自然に伸びた状態に戻るように整体施術します。自然な姿勢に戻して筋肉の緊張を緩めていくと、血液やリンパや神経の流れがスムーズになり、頭痛が起こりにくくなります。検査をしても異常がなく、頭痛薬を飲んでもマッサージを受けても改善しない場合は、当院へご相談ください。多くの方が頭痛の無い生活に戻っています。

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg