手関節に痛みがあるTFCC損傷(三角繊維軟骨複合体損傷)とは?

三角繊維軟骨複合体損傷(さんかくせんいなんこつふくごうたいそんしょう)(TFCC損傷

概念
三角繊維軟骨複合体とは、手関節尺側部に存在する三角繊維軟骨(関節円板)と尺側支持機構をいう。

TFCC(三角繊維軟骨)損傷は関節円板の障害である

症状
症状としては、手関節に痛みが表れ、[[腱鞘炎]]の様な症状に酷似している。
日常生活における動作への慢性的な痛みがでり、手関節尺側側に痛みを呈する場合が多いのです。
症状が悪化すると、回内外可動域([[関節可動域ROM制限]]とも言われている)に制限を伴い始める。要するに、ドアノブを回すような動作ができにくくなるのである。
手関節尺側部痛→手関節回内.回外運動時痛(+)、手関節尺側位で軸圧を加えるとPain↑

原因
外傷性損傷が一番大きな要因とされている。野球やテニスをやっている方には例外なく起こりうるという。 また、転倒した際に手関節から転倒して靱帯損傷につながることもある。 交通事故でも気が付かないうちに、外傷性損傷による靱帯損傷などを起こしている場合がある。

 

診断

始めにX線を撮影して、尺骨突き上げ症候群(尺骨が橈骨よりも長いこと)かどうかを判断する

Piano Key Sign テスト

 手関節を回内外に保持し,検者の一方の手で掌側からカウンターをかけながら他方の手で掌側方向へ尺骨頭を押すようにするDRUJに不安定性が存在する場合や関節リウマチで陰性となる。

 

症状について又は治療内容などお電話にてお気軽にご相談ください!

電話072-494-2203

大阪府泉南郡 岬町淡輪にある鍼灸整骨院です。

肩こり腰痛膝(ひざ)痛骨盤矯正冷え性捻挫寝違い

スポーツ障害美容鍼灸顎関節症四十肩ぎっくり腰

坐骨神経痛股関節痛めまい高血圧頭痛

耳つぼ花粉症眼精疲労

治療できます。

 

交通事故も受付けています。 土曜日も診療して


 

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg