足裏の親指に痛みがある種子骨障害(シュシコツショウガイ)とは?

歩いたり走ったり踏み込んだ時に、足の裏の親指の下辺りが痛む場合、その部分を指で押したり足の親指を手を使って反らすと痛みが強くなる場合は、通常の足の疲れではなく、種子骨障害(しゅしこつしょうがい)の可能性があります。

足の裏の痛み.png

種子骨(しゅしこつ)は、じん帯や腱の中にみられる小さい骨で、手や足の関節の中に多く見られます。種子骨の役割は、筋肉の腱がスムーズに動く手助けをしたり、(足の種子骨は)体重を分散させるクッションとしてのはたらきがあります。

しゅしこつ 画像.jpg
種子骨の中でも一番大きいのは、膝のお皿の骨(=膝蓋骨/しつがいこつ)です。種子骨は、筋肉の腱の摩擦や体重の負荷を常に受けています。特に、成長期の子どもでは、骨が出来上がっていないこともあって、スポーツや運動を頑張りすぎると、痛めることも少なくない部分です。


種子骨への負担が原因で痛みなどの症状が出ることを、「種子骨障害(しゅしこつしょうがい)」といいます。今回は、その中でも特に多い足の種子骨障害について解説していきます。

 

【原因】

クッション性の低い靴を履くことで種子骨部分への負担がかかりやすくなります。

アスファルトやデコボコした面でトレーニングなどをすると、負荷が分散されにくくなり、種子骨付近を痛めることがあります。

爪先立ちになりやすいスポーツ(バレエや野球のキャッチャー、ランナーなど)をしていると、種子骨が炎症を起こしやすくなります。

・トレーニングによって土踏まずの筋肉がしっかりしていると足の甲が高くなり、つま先付近に荷重がかかり過ぎると、種子骨が炎症を起こしやすくなります。

 しゅしこつ X−P.jpg

 

【症状】

走ったり歩いたりしたときに、足裏の親指のふくらみ部分に痛みを感じるようになります。種子骨障害の初期症状は、スポーツや運動などで足をよく使ったときに違和感を感じるくらいです。

 

症状が進むと、日常生活での動作や短い距離を歩くだけでも痛みを感じるようになります。体重をかけるだけでも痛みを感じるようになり、最悪の場合、骨折(=疲労骨折)することもあります。


種子骨障害は成長期の子どもに見られる症状です。特に小学生〜中学生に多く見られ、大学生以上になると少なくなります。

 

続きはコチラから 足裏の親指の下の痛みの治療について

 

《ご相談・ご予約ダイヤル》

淡輪院電話番号クリックボタンnew.gif

オンライン.jpg muryousoudan.jpg

治療時間バナー.jpg 料金案内バナー.jpg 地図バナー.jpg

tannowa-fixed space.png

 

 

泉南 泉州 岬町 整骨院.jpg